食事はしっかり噛む事で頭がよくなる、脳の健康が活性化する

食事はしっかり噛む事で頭がよくなる、脳の健康が活性化
今回のテーマは、

食事はしっかり噛む事で
頭がよくなる、脳の健康が活性化する

について紹介します。

脳を活性化させるために
咀嚼(しっかり噛む事)もかなり効果的です。

食事をする際に、
脳の健康のために

食事内容や栄養バランスは
もちろん大切な要素ですが、

さらに、しっかり噛む事で
頭がよくなり脳の健康につながるのです。

現代人の食事は、
食べやすいものを簡単に済ませる
様な食習慣になりがちです。

これではしっかり噛むことが
おろそかになりがちです。

しっかり噛む事で、
唾液が分泌されて免疫力が
高まる事も知られています。

脳の健康を保つだけでなく、
身体の健康を保つ意味でも
咀嚼と言うのは意識しなければいけません。

スポンサーリンク

良く噛むほど賢くなるメカニズム

噛むことが脳に良いと言うのは、
筋紡錘からのシグナルが脳を活性化する点では
ウォーキングが脳に良いのと同じです。

朝日大学の船越正也教授の実験では、

硬いエサ、すなわち良く噛む必要のある
エサで育てられたネズミほど賢くなる

という報告があります。

同じ栄養素のエサを粉末にして与えたネズミと
固形で与えたネズミでは、

条件回避と迷路テストの結果を比べた所、
いずれも固形のエサを与えたネズミの方が
成績が良かったのです。

人間が食事において噛む事を完全にやめ、

粉末や液体だけで栄養を
摂取しつづけるとどうなるのか?

これについて詳しい
研究結果は今のところないのですが、

恐らく深刻な影響が出るでしょう。

しっかり噛む事の脳への効果

咀嚼にはさらに運動にない
二つの効果があります。

一つ目は、

噛む事による口腔感覚器や味覚による
脳の興奮です。

食べ物をしっかりと噛むことで、
口の中の感覚神経や味覚、

さらには嗅覚も刺激されます。

こうした幅広い情報が脳に伝わり、
大脳の広い範囲を興奮させるのです。

こうすることで脳の活性も高まります。

良く噛んで食べると言う事は、

食べ物の味を楽しみながら、
脳を活性化させる一石二鳥の方法なのです。

二つ目は、

噛むことでコレシストキニンというホルモンが
消化管から分泌され、

これが血流に乗って脳内に入り、
海馬を刺激して、記憶と学習能力を高めるのです。

噛んで食べる習慣をつけよう

日本ではかつて、するめやせんべいなど
歯ごたえのある食品が多くありました。

なので知らず知らずのうちに
しっかりと噛んで食べる習慣があったのです。

それが最近の食事情では、、

ハンバーガーやインスタントラーメン
カレーやお菓子など

柔らかい食品が増え、噛む回数が
明らかに減っているのです。

これから脳と身体の健康のために

柔らかい食べ物だけでなく、
歯ごたえのある食べ物をしっかりと食べることを
お勧めします、

とは言え、柔らかいものでも
ゆっくりたくさん噛めば脳を鍛える事になるので
良く噛む習慣をぜひ付けて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。