unnamed

太っている人が持つ特徴、肥満になる人の共通点、太る人の習慣


今回のテーマは、

太っている人が持つ特徴、肥満に
なる人の共通点、太る人の習慣

について紹介します。

人間はその文化や環境、
個性や正確、遺伝子によって、

種々多様な生き方をする
個性豊かな存在です。

…が、しかし、

大きな視点から見ると、

似たような傾向や特徴を
備えているとも言えます。

太っている人が持つ特徴の共通点
肥満の原因となる共通点というのは
存在するのでしょうか、

なぜ太ってしまうのか?
何故ダイエットがうまくいかないか?

もちろんこれには
一つの答えがある訳ではありませんが、

色々な要因が重なり合って
肥満を引き起こされていきます。

しかしここで色々な角度から
その原因を探る事はたいへん
役に立つでしょう。

太っている人が持つ特徴の共通点は
やはり太るに値する習慣を持っています。

それをひとつずつ改めて
改善していく事で、

スリムに健康的な体系を
維持する事は可能になっていくのです。

一つずつみて行きましょう。

お腹がすいていないのに食べてしまう

それほどお腹が空いていないのに
口寂しいからと食べてしまう、

これは太る人、太っている人
に見られる大きな特徴です。

なぜつい食べてしまうのか?

その原因は二つあります。

ひとつは、ストレスまた感情面からくる
食べ過ぎであり、

もう一つは生理的欲求です。

前者はストレスや感情的な問題ですが、

後者の原因は、

ほとんどが毒素や体内悪玉菌の
異常増殖が原因です。

前者は思考を変える事で改善しますが、

後者は気づかない事も多いので
厄介です。

自分が欲していなくても
体内の悪玉菌が栄養を欲している場合、
つい食べ過ぎてしまう事になります。

デトックスや腸内環境の改善によって

こういった習慣は改善していく
必要があるでしょう。

太った人ほど空腹感が強い

空腹を人が感じると言うのは、

飢餓やエネルギー不足から
身を守るための本能であり、

人間にとって必要な機能です。

ある統計によると、

太っている人ほど、「お腹がすいた」
…と感じる時間が長いそうです。

空腹と言うのは不快なので、
それを解消するために食べるのですが、

空腹を必要以上に感じるのは、

太っている人が持つ特徴、肥満になる人
に見られる共通の特徴で、

改善すべき習慣とも言えます。

空腹感を覚えると言うのは、

消化エンザイムの不足と、
体内悪玉菌の異常繁殖のせいで、
栄養をうまく消化吸収できていないからです。

そしてもう一つの原因が、

食欲を増進させるという目的で
使われている食品添加物にも
原因があります。

健康的な食べ物を、
ゆっくり消化しやすいように
食べると言う心がけが必要です。

ホルモンバランスが崩れている

そして同じくある統計によると、

太っている人は、ある種のホルモンを
分泌しすぎる一方で、

ある種のホルモンが十分に出ていない
と言う可能性が高いのです。

インスリンやグルカゴン、
成長ホルモンやメラトニンなど

様々な影響を及ぼしますが、

ホルモンと言うのはほんの些細な
原因でバランスが崩れますし、

バランスが崩れると、
人体の生理バランスが崩れて、

食欲や代謝などに悪影響を及ぼすのです。

そのホルモンのアンバランスの原因は
大きく運動不足と体内毒素にあります。

ホルモンバランスと言うテーマで
詳しく解説しているので参考にしてください。

肥満になる人、太る人は食べる量が多い

当たり前のように聞こえる
かもしれませんが、

太った人ほど食べる量が多い
と言う共通点があります。

太る人の食事の習慣は
似た傾向があるのです。

当然食べる量が増えれば
体重も増えてしまいますが、

自分では食べる量が多いのか少ないのか
自覚しにくい部分もあり、

つい食べる量が増えてしまっている
人もいます。

これはいくつかの原因が組み合わさっています。

先ほど言った、空腹感が強い事、
栄養を吸収消化できない事、
生理的欲求と、ストレス感情の問題、

また、食品会社が意図的に
一人前の量を増やしていることなどがあります。

食品業界としては
お客さんにたくさん食べてもらうほど
お金が儲かる仕組みです。

なので様々な画策をしている

と言うダイエット業界の隠された陰謀を
良く耳にします。

一般的に提示される一人前の量と言うのは、
以前よりも少しずつ増やされてきているのです。

賢く痩せるためには
そういった事にだまされてはいけません。

ダイエット食品をたくさん食べる

これは驚くべき現象ですが、

実は、ほとんどのダイエット食品と言うのは、
食べるほど太らせてしまうものがほとんどです。

「ダイエット」
「低脂肪」
「砂糖ゼロ」
「低カロリー」
「カロリーライト」
「低炭水化物」

…などと銘打ったダイエット食品は、
人工甘味料や砂糖、

人を太らせるために作られた
化学添加物が多く含まれています。

これらの化学添加物と言うのは
食欲を増進させ、

そのダイエット食品に対する依存性や
常習性を高め、

さらにあなたを太らせる原因となるのです。

太った人ほど必死に
そういったダイエット食品を食べて

なぜ痩せないのかと悩んでいる傾向があります。

だまされてはいけません。

体内毒素が溜まっている

現代人のある意味宿命と言えますが、

毒素と言うのは、
不必要な栄養を取り入れて、
必要な栄養を排出してしまう、

…と言う健康的なダイエットを志す
私たちにとって、

理想とは真逆の作用をするものです。

毒素と言うのは主に、大腸、
そして体内の脂肪細胞に溜まります。

毒素が多く溜まっている体は、
毒を薄めようとして、水分と脂肪の
蓄えを増やすのです。

肥満になる人の共通点でもあり
病気になる人の特徴でもあります。

化学物質や添加物、環境ホルモンなど
多くの毒素がありますが、

気がつかないでとってしまう
太る毒素として危険なのが薬です。

薬を多く飲む人の体は
むくんでしまい太りやすくなるのも、
これが原因です。

太る人の習慣は夜寝る前に食事をする

ダイエットをやる人が
決してやってはいけないタブーであり、

太っている人がついやってしまう
特徴の共通点が、

寝る前にものを食べてしまう事です。

睡眠中と言うのは新陳代謝が
格段に下がる時間帯です。

それなのに夜寝る前に食べてしまうと、

食べたものを燃焼するチャンスを
与えられずに、脂肪に転換されてしまうのです。

睡眠とダイエットには深い関係があります。

とにかく寝る前に食べるのは
避けた方が良いでしょう。

肉や乳製品に含まれる成長ホルモンの影響を受ける

私たちが普段食べる肉や乳製品の多くは、
成長ホルモンがどっさりと含まれています。

成長ホルモンは動物の成長速度を
早めることで生産性を高め、

利益を拡大する為に投与されます。

同じ牛や乳製品を売るなら
身体を大きくした方がたくさんの
部位を売る事が出来ます。

だから科学的に作られた成長ホルモンを
無理矢理打って無理矢理身体を大きくした
食肉などが市場に流通しています。

私たちの体内で自然に分泌する
成長ホルモンというのは、

子供にとって身体を自然に大きくする
大人にとって細胞の若さを保つ

何ど非常に有益なものですが、

それを科学的に無理矢理増やすと
不自然な成長そしてしまいます。

簡単な例を挙げると
ドーピングのようなものです。

身体が大きくなっても
健康に害があります。

さらにここで注意したいのが、

肉や乳製品を食べると、間接的に
成長ホルモンも大量に摂取する事になり、

肥満の原因となってしまうということです。

最近の子供たちの成長が
早まる原因もそのせいです。

自分を太っていると思い込んでいる

太っている人が持つ特徴の共通点として
最後に紹介したいのが、

それは太っているのでなく、
太っている思い込んでいると言う事です。

アールナイチンゲールさんの著書
「自分は自分が考えてる人間になる!」

に書かれている通り、

私たち人間は自分が考えている
自分に合った自分になると言います。

太っている人は、いつも体重の事
ばかり考えてしまっていて、

それが逆に好ましくない結果に
繋がっているのです。

思考が身体に与える影響は
相当大きいものです。

思考レベルからの改善が
必要とも言えます。

以上が、

太っている人が持つ特徴、肥満になる
人の共通点、太る人の習慣です。

参考にして、これらをなるべく
遠ざけるような生活習慣を
作っていきましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。