unnamed

スーパーマーケット、コンビニの食べ物はダイエットに向かない


今回のテーマは、

スーパーマーケット、コンビニ
の食べ物はダイエットに向かない

について紹介します。

これからダイエットを
真剣に考えていくつもりなら、

どうしても考えなければならないのは、

添加物や化学物質など
体内毒素という存在です。

スーパーマーケットで売っている食品や、

コンビニのお弁当、お惣菜、
ファーストフードレストランやチェーン店

などで出てくる食べ物の大半には、
毒素がたくさん入っているのです。

添加物や保存料など
人体に悪影響のある化学物質が
たくさん含まれています。

なのでダイエットには向かないのです。

私たちが口にしている食品は、

75年前、50年前、いいえ、、25年前と
比べても変わってしまっています。

例えば、2,30年続くメーカの食品を
食べている人は多いと思いますが、

同じメーカーの同じ商品であっても、

2,30年前であっても、
今とは内容がまるで違います。

その商品をより安く、
より長期的に保存できるよう、

そして消費者の食欲がより高まるよう、

消費者がより太り、

よりその食品に対し依存してもらえるよう、

研究が重ねられています。

そして現在では、かつての
百倍以上もの科学的毒素が
それら食品に入れられているのです。

そんな食品には、

生きた酵素も栄養価も
残ってはいません。

エネルギー状態も変化してしまっています。

、、こんな状態では、

ダイエットはうまくいかないどころか、

老化が進み、健康を害する
リスクも上がってしまいます。

食品ビジネスのからくり

飢餓を克服した人類は
飽食の時代に突入し、

日々食べる事に困らなくなりました。

家から五分以内に
コンビニがあったり、

いつでも24時間食料に
ありつくことが出来ます。

食の快楽を追い求める一方で
健康に自身の無い人も増えます。

すると、今度は普通に
食品を売るだけでは儲かりません。

そして業者は考えます。

それは「健康」と言う文字を
付ければ商品の値段が、

2倍3倍になっても売れる…

と言う事、

スーパーマーケット、
コンビニを見渡せば、

健康と言う名前のついた商品が
山ほど見つかるでしょう。

しかしこれは本当に健康なのでしょうか?

一昔前の日本では
「安い、美味しい」が
食品会社の常套句だったのですが、

いまでは「健康」がキーワードです。

それでそう言った食品をとり
健康になるのであれば問題ないのですが、

実は健康と名のつくものほど
「危ない食品」だったりします。

健康ビール、ダイエットビールの正体

分かりやすい例をここで
一つだけ上げるならば、

「第三のビール」があげられます。

現在大手ビールメーカ各社は

「カロリーオフ」「プリン体オフ」

をうたい文句にした商品を
次々に発売しています。

「カロリーを落とす事でダイエットできる」
「プリン体を屁足す事で痛風予防になる」

と言う名目でしきりと
「健康」をアピールしますが、

もともとビールと言うのは

麦芽を粉砕して
穀物、水と一緒に加熱し

糖類に変化した汁にホップを加えて
独特の苦味と香りを付け

そこに酵母を加えて発酵させて作ります。

シュわっとした喉越しを
もたらす炭酸ガスは、

発酵の過程で生じてくるものです。

ところがスーパーマーケットで
「第三のビール」の表示を見れば

ビールと言いながら
発酵させてはいません。

水に安いリキュールを入れ、
カラメル色素で茶色い色を付け、

そこに異性化糖を加え

アルコールと炭酸ガスを入れただけのもの、

ビールとはとても言えません。

しかも健康を謳いながら
添加物や香料まで入っています。

カロリーゼロのノンアルコールビールは
甘味料、香料、酸味料、カラメル色素
酸化防止剤など入っています。

結果的に

健康添加物飲料と言う
矛盾だらけの飲み物なのです。

スーパーマーケットでなくファーマーズマーケットに行こう

こんなものを飲むくらいなら
健康と謳わない普通のビールの方が
よほど身体にとっていいのです。

問題はまがい物のビールでなく

健康ではないのに「健康」と付け
ダイエットできないのに「ダイエット」と
表示してしまう事です。

(直接的にも間接的にも)

健康にとって、ダイエットにとって
真の素晴らしい食生活を考える上で

・大手食品メーカーの作る食品を食べない。
・ファーストフードで食事をしない。
・有機食材のみ購入して家で料理する。
・ほとんどの食材を酵素を壊さぬよう生で食べる。

これが理想な状態ですが、

現実的にそんなことはできる人は
少ないでしょう。

ではどうすればいいか?

毒素の多い、栄養価の少ない
現在の食事情において、

私たちはどうして行けばいいのでしょうか?

毒素は少なく、
栄養価が高く、
エネルギーも変化しない

そんな理想な食品を無理なく
取ることはできるのでしょうか?

もちろん可能です。

完璧は無理でも、現状より
遥かにはるかにましな方法で、

簡単な方法です。

いくつかのルールがあるので
紹介していきましょう。

まずそのもっとも基本的なルールは、

スーパーマーケット、コンビニで買い物をしない

と言う事です。

非常識に聞こえるかもしれませんが、
大手スーパーマーケットの目的は
お金儲け主義に犯されている傾向にあります。

実は、スーパーに売っている商品の中に、
毒素にまみれていなく、栄養とエネルギー
が残っている食品なんて皆無と言ってもいい

そういった状況なのです。

だから、真に健康的に
ダイエットに成功したいならば、

スーパーに買い物に行く代わりに、

生産者が直接販売する、
ファーマーズマーケットに行くべきです。

もちろんいきなり
生活習慣を変えるのは難しいのは
理解できます。

今後理想な食生活を送る方法は
色々と紹介しますが、

とにかく無理せず出来る事から始めましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。