unnamed

人工甘味料アスパルテーム、果糖液糖コーンシロップは太る原因


今回のテーマは、

人工甘味料アスパルテーム、
果糖液糖コーンシロップは太る原因

について紹介します。

私が考える、あまり摂取すべきでない
おかしな食品添加物の代表は、

人工甘味料のアスパルテーム

と、

果糖液糖(コーンシロップ)

と呼ばれる甘味料です。

この二つの甘味料は
太る大きな原因となります。

糖分とダイエットは切っても
切れない関係にあり、

誰もがカロリー表示を気にします。

ただカロリーに惑わされると
真のダイエットは成功しません。

もちろん食生活の指導では、

カロリーコントロールを勧めるのが、
ダイエットの基本ですが、

医学的な食事指導を
受けなければならないほど
肥満になってしまった人以外、

それほどカロリーをとりすぎている
人はいないのです。

ダイエッターが知っておくべきカロリーの正体とは?

カロリーはあくまで目安で、

そもそも熱量を表す単位です。

1リットルの常温の水の温度を
1℃上げるのに必要な熱量が1カロリーで、

食べると身体を温める力が強いのが
「高カロリー」弱いものが「低カロリー」

つまり低カロリー過ぎる食事をすると、

身体が冷えやすくなり、

すると代謝が下がり、
消費カロリーが増え

かえって太りやすくなりのです。

しかし、「カロリーオフ」製品など
ダイエットに良さげな商品が
巷をにぎわしています。

カロリーカットの発泡酒、
カロリーオフのチョコレート、

いろいろな商品が見られ、

ダイエットには励む人を誘いますが、

これらの商品はカロリーを抑えるために
様々な食品添加物を加えられています。

中でも甘味料の

アスパルテーム、果糖液糖
(コーンシロップ)は

こう言ったダイエット製品
によく使われますが、

痩せるどころか太る原因にもなります。

健康を害すると言うデータも出ているのです。

太らせるのが目的の食品添加物

前回紹介した
ダイエット業界に潜む都市伝説

この話が本当であれば、

彼ら食品会社の研究施設
の目的はただ一つ。

食べた人が、病みつきになるような
食品を作ることです。

食欲を高める食品を作る事、
体重を増やす食品を作る事、

これが目的です。

食品メーカー、特にファーストフード
などの大手メーカーは、

そのような効果を持つ化学物質を
意図的に食品に使用していると
言われています。

中でも良く使われるのが、

人工甘味料のアスパルテーム
果糖液糖、コーンシロップ

です。

人工甘味料アスパルテームの問題点

アスパルテームを始めとする
人工甘味料は、

元をただせば科学的に作り出した
偽物の食品です。

加工のステップで、
自然のものとはかけ離れた
不自然な物質となり、

甘みだけ感じるものの
カロリーはないと言う

奇妙な物質と化しています。

これを摂取すると、

脳は甘みを感じるものの
実際にはカロリーがない、

胃腸か肝臓に負担をかけ、
代謝が下がり、

健康を害してしまうのです。

さらに満足感を得られないのが
これらの食品の問題で、

アスパルテームなどカロリーオフ製品は

食べても満足感を得にくいため
食べる量が増えてしまう事があるのです。

アメリカの実験で、

糖分をカットして人工甘味料を使った
カロリーオフのコーンフレークを

1週間被験者に食べさせた所、
逆に太ったと言うデータもあります。

つまり満足考えられないから、

ついつい間食をしたり
食べ過ぎたりしてしまうと言う事です。

果糖液糖(コーンシロップ)の問題点

また現代人の頭の中では

砂糖=太る原因

と言う常識が出来上がってしまい、

ラベルに砂糖と書くと
売り上げが減ってしまう自体になりました。

そこで開発されたのが、

果糖液糖(コーンシロップ)

というもので、

様々な食品や飲料にこれらは
含まれています。

この糖分は、砂糖より甘いものの
安価で保存が利きます。

アスパルテームのように
人工甘味料ではないのですが、

使いやすいので広く使われています。

しかしこのコーンシロップは
砂糖以上に太ると言う研究結果があります。

例えばスポーツ飲料などに
多く含まれているのですが、

吸収が早く、血糖値を急激に上げます。

特に運動した後や、
二日酔いのときに飲む機会が
多いと思うのですが、

空腹時にこういう

「吸収の早い糖分」の多い
飲料を飲むと、

血糖値が急激に上がり、

インシュリンが大量に放出されて、

一気に血糖値が下がります。

つまり、一時的な糖尿病
のような筐体になる事があります。

さらに中毒性があり、
そうした飲料を手放せなくなるのです。

聖マリアンナ医科大学では

これを「ペットボトル症候群」

と名付け警告しています。

知らない間に太る現代人

例えばケーキやチョコレート
アイスと言った甘いものは、

天然のものを使えば、
それほどたくさん食べられませんし、

ダイエットを志しているなら
食べ過ぎに注意するはずです。

しかし、

人工甘味料のアスパルテーム
果糖液糖(コーンシロップ)

といった添加物を使った
食品や飲料であれば、

知らず知らずのうちに、

手軽に無意識のうちに
過剰な糖分を取ってしまうと言う
危険性があるのです。

これらの添加物は、
中毒性があり、肥満になってしまう
添加物です。

かつてのたばこ業界とまったく同じで、

食品業界の重役たちも、
このような疑惑を完全に否定していますが、

たばこ業界は実は中毒性を
認識しながら、たばこを作り続けていました。

今ではタバコの害は明らかですが、

当時はそれほど知られていませんでした。

そんな無知につけ込んで彼らは
大量に売りつけ、中毒化していったのです。

人工甘味料のアスパルテーム
果糖液糖(コーンシロップ)

などはもっと卑劣です。

「ダイエットにオススメのもの」
と銘打って実は太る原因になるのですから。

これらの食品を食べ続けていると、
どれだけ努力しても太ることを避けるのは
困難でしょう。

スリムな人も、こんな食品を
食べ続ければ太ってしまうのです。

私たち消費者は、
注意して、賢くなる必要があります。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。