unnamed

消化器官(胃、大腸、小腸)の機能、働きが悪い人は太りやすい


今回のテーマは、

消化器官(胃、大腸、小腸)の機能、
働きが悪い人は太りやすい

について紹介します。

前回までのテーマで紹介しているように、

内臓の器官が低下すると
新陳代謝が悪くなり太りやすくなるのですが、

中でも 消化器官(胃、大腸、小腸)の
働きが悪いと太りやすいのです。

消化と言うのはもちろんダイエットにとって
切っても切り離せない人体の機能ですが、

健康面でも生活の質を上げる意味でも

消化器官を気にして、
働きを良くしてあげる事は大切です。

消化器官と言うのは

身体に必要ものを中に入れる、
身体に不要なものを外に出す、

という重要な役割を胃、大腸、小腸
などを通じて行っています。

こうした機能は身体の内側にあり
目には見えないものです。

だからこそ、意識せずに
放置してしまう人が多いですが、

門番のような役割を持つ彼らの
機能をしっかり高めて、

新陳代謝を高めて
ダイエットの成功を目指していきましょう。

消化酵素が少ないと太りやすい

消化器とダイエットの関係…

と言うテーマで絶対に覚えて
おかないといけない事が、

酵素(こうそ)エンザイムと言う存在です。

太っている人と言うのはどうやら、
消化酵素(こうそ)がうまく分泌していないようです。

主に消化器官から分泌する消化酵素ですが、

酵素の役割は、簡単に言えば、
体内のすべての化学反応を引き起こすことです。

生きる上で酵素を使うのですが、

身体の中で作られる酵素は生まれつき限りがあり、

身体は消化のための消化酵素に負担がかかると
代謝酵素の生産が不足する事になり、

新陳代謝、神経伝達、免疫強化など
重要な働きが低下してしまいます。

十分な消化酵素が出ないと人体と言うのは
食べた物がエネルギーにうまく変換できず、
脂肪として蓄積する可能性が高いのです。

消化器官(胃、大腸、小腸)の働きを悪くする原因とは?

では消化酵素の分泌が十分に
出ないのはなぜでしょうか?…

これも、おなじみの加工食品に多く
含まれる添加物に問題がありそうです。

例えば、
太っている人と痩せている人の腸の様子を比べると、
太っている人の腸はあまり健康的ではないと言います。

太っている人の腸は汚れてて汚いのです。

ではなぜ汚れるかと言うと、
それは、悪玉菌の異常増殖に理由があります。

そして、その善玉菌の異常増殖の原因は
処方される抗生物質を飲む事にありそうです。

悪玉菌というのは、腸の細胞膜に浸透し行くので、
消化と排泄のスピードが遅くなります。

結果的に肥満になりやすい体質になります。

つまりこれまでの意見をまとめると、

太る原因である代謝が低下する最大の要因は、
私たちが体内に取り込む毒素にあると言えます。

市販薬、処方薬、

食品添加物

水道水のフッ素化合物

…など、の毒素です。

こういった毒素を取り入れない生活をする事が
消化器官の機能、働きを活性化し、

ダイエットをスムーズにするために
重要になってくるのです。

毒素の侵入を防ぎ、
毒素の排出を促す

消化器官すべて胃、大腸、小腸の
機能を活発にするべきなのです。

運動で消化器官を良くしよう

そしてもうひとつ、
代謝低下の大きな原因の一つが運動不足です。

消化器官の働きを良くする

…と聞くと食生活に気をつける、
とイメージしがちですが、

運動が重要になっていきます。

代謝と言うのは筋肉が多いほど活発になりますが、
現代日本人は、以前よりも異常なほど筋肉は少ないです。

筋肉が少ないと効果的に
カロリーを燃やすことはできません。

運動は代謝をあげるのに極めて効果的です。

さらにリンパなどを刺激し
デトックスをスムーズにしますので

胃の負担を和らげ、大腸、小腸をキレイにする
為に活発に働くようになります。

現代社会は非常に便利な社会です。

家事も移動も、以前は全て
手足を使ってやっていました。

つまり生活自体が運動の役目をはたしていました。

それがなくなってしまった現代は
普通に暮らしていては

運動不足になります。

それで消化器官もスムーズに
動かず太ってしまうのです。

消化器官(胃、大腸、小腸)の
機能、働きが悪い人は太りやすい

逆に言えば、その機能が
高ければ太りにくいという事、

食生活を改善する以外にも
運動と言うのはぜひ取り入れてもらいたいと思います。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。