unnamed

いつの間にか太りにくい体を作るリバウンドなし食事法の秘密


今回のテーマは、

いつの間にか太りにくい体を作る
リバウンドなし食事法の秘密

について紹介します。

「太りにくい体」というのは
ダイエットを目指す人にとって、

羨ましいとともに嫉妬のような
気持ちも感じるようなことばですが、

実は誰でもいつの間にか
「太りにくい体」を作る食事法の
秘密があります。

今回はその秘密を公開します。

特にダイエットが続かない…と

悩みを持つ人にとって
参考になる意見だと思います。

一時的に痩せても
いつもリバウンドしてしまう…

というのは切実な悩みです。

いつまでもスリムで美しい身体を
している人と言うのは、

ほんの少しの工夫を加えて
楽しく生活を送っているうちに

「いつの間にか太りにくくなっている」

と言う感覚を持っているものなのです。

ダイエットの切り札「ジョーカー」

私が師匠から学んだダイエットに
関する面白い考え方があるのですが、

私は「ジョーカー」という
言葉を使っているのですが、

トランプで切り札的な役割を持つ
ジョーカーの事です。

これがダイエットライフにとって
役立つものとなるのです。

どういうことか少し説明していきます。

私たちは、それが栄養的価値がない、
太る原因になると分かってても

「食べたい!!」

と思うような好物がありますよね。

チョコレートたっぷり乗った
アイスクリームとかファーストフードとか、
ドーナッツ、ピザとか…

辛いもの、刺激の強いもの、

好みの味付けのもの「食べたい」
と思ってしまうものがあります。

こういった食べ物は絶対だめ!

なのかというと実は
そうではありません。

そうしたキツい我慢こそが
リバウンドの元なのです。

むしろ、他のものでごまかしが
効かないくらい好物のものならば、

「ジョーカー」

つまり、最後に切り札として
使ってもいいのです。

ストレスがリバウンドのもと

そうです。

そう言うものも食べていいのです。

ジョーカーを有効活用するためには、

もちろん、このウェブサイト
でこれまで説明してきた

食事習慣や料理法、食材の選び方
などを守ることが前提ですよ。

これまで紹介してきた方法も、

決して我慢だけを強いるもの
ではないのですが、

中には「結構、辛いな…」
と思わせるものもあります。

その辛さがストレスになったら、

結局は長続きしなくて
ダイエットに失敗しますね。

ストレスそのものも、太る原因になります。

さらにリバウンドの原因にもなります。

だからリバウンドなしの食事法の為に
「ジョーカー」は有効に使ってもいいのです。

自分に厳しすぎない事

普段から、節制していないのに

急にダイエットを決意し
ストイックに厳しく制限をすると

必ず反動が来ます。

それよりも、自分に厳しすぎるより
正しい道に向かうために

時々さぼったり自分を甘やかす道を
あらかじめ作っておいた方が良いのです。

トランプで手札外いくつかある中で
一枚だけジョーカーがあると
想像してください。

その一枚はオールマイティーで
どんな場面でも使えます。

例えば、ラーメンや甘いものが大好きで
どうしても食べたくなるとします。

そんなとき

「これは太るから絶対食べない」

…としてしまうと無理があります。

それよりも、例えば

「週に一回は好きなものを
好きなだけ食べよう。

そして他の日は出来るだけ
ヘルシーに過ごそう」

と考えるのです。

短期的に少しカロリーを減らすことより
長期的に続けれる方が素晴らしいのです。

たまに自分の甘さを認める事で
それでダイエットに失敗する
必要はありません。

リバウンドを最小限に抑えるのが

このダイエット理論の
一番すぐれた所でもあるのです。

こういった無理のない生活を
続ける事で、

いつの間にか「太りにくい体」
になっているからです。

あなたにとっての「ジョーカー」を、
一週間に1度くらいは楽しんで下さい。

長期的に理想の身体を目指しましょう。

それではまた!

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。