unnamed

栄養素を壊さない手抜き料理と加熱調理法のダイエット効果


今回のテーマは、

栄養素を壊さない手抜き料理
と加熱調理法のダイエット効果

について紹介します。

前回は、生魚に関する
レシピを紹介しました。

今回は魚だけでなく、
お肉や野菜にも使える

ダイエット生活にオススメの
手抜き料理を2つ紹介しますね。

手をかけるのが面倒な
忙しい時にも最適です。

どちらも、ダイエット、
アンチエイジングにおススメです。

今回私が紹介している
ダイエット理論からすれば、

手を加えない食材を生のままで
食べる事のメリットを重視しています。

だからこそ、サラダやお刺身
フルーツやナッツなど

素材を活かしたものを
お勧めしていますが、

決して加熱調理をしてはいけない
と言う訳ではありません。

しかし加熱は栄養素を
壊す可能性が高いです。

だからこそ少し工夫を加える
といいのです。

食材を加熱する事のダイエットへのデメリット

食物の分子っていうのは
高温で加熱すると変性して
しまいます。

一般的に110℃を超す加熱で、
せっかくの食べ物の栄養が壊れると
言います。

たとえ、美味しいと感じても、
生のままとはちがう食べ物なので、

ゆくゆくは細胞の炎症を引き起こし、
体を老化させてしまいます。

と言う事は、

ダイエットに真剣に取り組む
あなたにとって、

油を使った揚げ物、炒め物、或いは
グリル焼きとか、

そんな栄養素を壊さない
高温調理は出来るだけ
避けるべきなんですね。

ただし工夫の余地もあります。

オススメの手抜き料理「蒸し煮」と「包み焼き」

そこで、今回私がおススメする
料理法は加熱しても素材の分子を
変化させない料理法です。

「蒸し煮」と「包み焼き」

と言う料理法は、素材の栄養素を
まるごと体内に取り込ませてくれます。

「蒸し煮」と言うのは、

野菜や肉とか魚とかを
一緒に鍋に放り込み

フタをしたまま少量の水で煮て、

鍋の中で蒸し煮にする料理法です。

とても単純でシンプルな調理法
なんですが、

食材に含む栄養素を余すとこなく
取る事が出来るんですね。

水分中に出た栄養素が、
全て食材に吸収されるからです。

なので、焦げないように弱火で
調理するのがポイントです。

「包み焼き」と言うのは、

食材をクッキングシートで包んで、
オーブンで加熱する調理法です。

直接、加熱しないので焦げないのですが、

しかも、「蒸し煮」と同じように
野菜と一緒に肉も魚も調理できるので

これだけで、良質の脂肪もタンパク質も
バランス良く食べる事ができます。

手抜き=ダイエットの成功

蒸し煮も包み焼きも
恐らく簡単な調理法で、

恐らくあなたにとっても、

この2つの調理法は
目新しいものでもないと思います。

生のものを食べるのもいいですが、

バリエーションは付けたいところ、

そんな時にお勧めです。

なにか冷蔵庫に残りもの食材があるとき

「えい!面倒だから
全部鍋にほり込んじゃえ」

と軽い味付けして、やることが
あるかもしれません。

でも、手抜きと思われないかな…

とためらってしまうかもしれません。

そんなこと全く気にしないでください。

素材の味を活かす事こそ

家族の健康のため、そしてあなたの
ダイエットのためにも最高の
料理なんですから。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。