unnamed

生魚やお刺身の酵素はダイエット、アンチエイジングに効果あり


今回のテーマは、

生魚やお刺身の酵素はダイエット、
アンチエイジングに効果あり

について紹介します。

このサイトを通じて、さらに前回も
食べ物は生で食べる方が良い

とお話ししてきましたが、

生の食べ物に含まれる酵素(こうそ)が
ダイエットをサポートしてくれるからです。

そういう意味で生魚やお刺身の酵素は
ダイエットに成功できる秘訣とも言えます。

ここで特に、日本人は魚を生で
食べる事に抵抗がありません。

刺身はむしろ、好物ですよね。

私たちは世界の中でも
ダイエット、アンチエイジングの世界で
恵まれた民族と言えるのです。

とてもラッキーですね。

生魚、お刺身はダイエットをサポートする

なので生魚、魚介類を
刺身で食べる事はダイエットを
成功に導く食習慣です。

積極的に食卓に加えたい一品ですが、

でも刺身以外となると、
魚を食べる時は加熱料理がほとんどです。

焼く、炒める、揚げる、煮る…
と言った料理です。

魚も野菜もそうですが、加熱をすると
消化酵素というのが壊されます。

それだけでなく、
魚のタンパク質も変質してしまいますし、
オメガ3も壊されます。

もちろん、調理がダメ
という訳ではないですが、

生で食べる方が遥かに
メリットが多いのです。

つまり、

健康のため、ダイエットのためにも
魚は出来るだけ加熱しないで
生のまま食べた方が良いんです。

お刺身が好きな人はぜひ
毎日でも食べてください。

生魚の酵素とダイエットの関係

代謝を上げて燃えやすい
身体を作るのが理想的な
ダイエットですが、

良質な油の摂取に加え
生ものを多く食べる事が重要です。

生ものがなぜいいかと言えば
酵素に秘密が隠されていますが、

酵素(こうそ)というのは、
私たちの体内に存在する触媒の事、

その種類は何千にも及び、

消化酵素と代謝酵素の
二種類に大きく分けられ、

それぞれ異なる役割を担っています。

私たちの身体は酵素が働かない事には
生きていけないのですが、

体内で作られる酵素量は
加齢とともに減少し、

喫煙やストレス、加工食中心の
食生活も酵素不足を招きます。

そして刺身でもサラダでも
なぜ生がいいかと言うと、

身体の酵素と同じく働いてくれる
食物酵素は、

43度以上に加熱すると失われるからです。

生魚に含まれる酵素の力は

アンチエイジングを実現し、
生活習慣病を予防し、
肥満を防ぐ上でも欠かせないのです。

付け合わせも素晴らしい

さらにお刺身に加えたいのが
つま、付け合わせです。

つけあわせは大根に、大葉(青じそ)、
ワカメなどの海藻を添える
ことが多いですが、

これらも生で頂きます。

海藻と言うのはみな
高ミネラル食品で、

何かを特に多く含んでいると
言うのではなく

20を超える必須ミネラルの
全てをフルスペクトルで含んでいます。

生命維持に欠かせない酵素を
作るために、

海藻は海水からミネラルを
吸収しているのですが、

それは人間も全く同じく
必要としているもので、

海草を食べれば、
そっくりそれを頂く事ができるのです。

魚にな魚の酵素が、
植物には植物の酵素があり、

消化を促進するための
古代日本人の知恵だと思いますが、

魚と一緒に野菜を生で食べれるのも
お刺身を食卓に加えるメリットと言えます。

刺身以外に生魚を食べる方法

お刺身はダイエット、アンチエイジング
にとっても最適の食べ物であり

日本人にはとても身近な
調理法と言えます。

ただ、いつもお刺身では味気ない…
と言う人のために

さらに今回は、

魚を加熱しない料理法を
刺身以外の物をいくつか紹介します。

どれも簡単で、おなじみの料理のはずです。

私が勧めるのは全部で3つ、

「カルパッチョ」「マリネ」「タルタル」

です。

この3つの料理法を覚えておくと、
どんな魚料理にも使えます。

生で魚を食べる為のレパートリーが
ぐんと広がり、食卓に変化が生まれます。

簡単に説明すると、「カルパッチョ」は
生の食材を薄切りにして、

酸味のあるソースとオリーブオイルを
かけた調理法です。

「マリネ」というのは魚介類を
漬け汁に漬けこみます。

漬け汁はレモン汁やお酢、塩水、
油、ワイン、ハーブや香辛料を
加えて作ります。

「タルタル」はフランスの家庭では
一般的な料理なのですが、

肉や魚を生のままで5ミリ角に刻み、
調味料を加えただけの料理です。

酵素と良質の脂肪分でキレイになろう

カルパッチョもマリネもタルタルも
どの調理法もシンプルこの上なしです。

でも、どれもおいしいし、生野菜との
取り合わせもできて、見た目もきれいです。

しかも、酵素や良質の脂肪やタンパク質を
良い状態で摂取できるので、

理想的な美容食であり、
ダイエットメニューなのです。

日本人は昔から寿司や刺身、
漬け物などを生で食べる文化が
あるのですから、

普段の食事から摂取できます。

外食でも、

居酒屋に行ったら刺身やサラダ、
焼き肉屋さんならユッケやキムチ、
イタリアンでもカルパッチョなど

日本の生魚の代表である
刺身を楽しむのはもちろん、

海外の料理法も加えていって
生の魚を楽しみながらダイエット
励んで下さい。

それでは、次回、

そんなレシピを使ったそれぞれの調理法の
サンプルをもう少し詳しく紹介していきます。

お楽しみに。

お刺身を狙う猫ちゃん↓

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。