unnamed

大豆食品のイソフラボンは美容、健康、ダイエットに役立つ栄養素


今回のテーマは、

大豆食品のイソフラボンは美容、
健康、ダイエットに役立つ栄養素

について紹介します。

日本では昔から、

豆腐、豆乳、醤油、味噌、

など大豆を使った
食品が御馴染みですが、

大豆食品にふくまれる

「イソフラボン」

という成分は特に、

美容、健康、ダイエットに役立つ

素晴らしい栄養素です。

なのでこのイソフラボンの力を
サポートにしてダイエット生活をすれば

かなり効率的に体重を落とす事ができ、
さらに美しさや若さを保つ事もできます。

食べ過ぎるともちろん弊害もありますが、

納豆や豆乳、豆腐におからなど
様々な大豆食品のバリエーションを

食卓に加え楽しく美味しい
食生活でダイエット生活を
エンジョイできます。

タンパク質を大豆で補う

前回お伝えしたとおり、

お肉類を脂肪の供給源としてでなく

タンパク質の供給源として考えれば
新しい発想が生まれます。

もし、肉も魚も苦手と言う人は、

オメガ3や9はサプリで補充したり、
オリーブオイルやナッツ類で補い、

さらに不足しがちな
タンパク質は大豆をはじめとする
豆類から取れば良いのです。

豆類には肉類ほどではないですが、
良質なたんぱく質が含まれています。

確かに動物性食品に比べると
アミノ酸の構成は物足りないですが、

繊維やミネラルも豊富で、

血糖値を緩やかに
上昇させる食べ物なので、

内臓に負担もかけません。

特に納豆や味噌など
発酵食品であれば、

菌の作用で腸内環境を整え、
腸内環境が良くなるでしょう。

美容の為に菌は有益です。

優しくダイエットをサポートしてくれます。

良質な大豆製品をとろう

しかも私たちの日常の食生活は
豊かな大豆製品に恵まれています。

豆腐、納豆、味噌、おから…など

豆腐一つでも様々な種類、
様々な料理法がありますよね。

しかも安くて誰からも
好かれる食べ物だから、

あなたとあなたの
家族の健康を守るために

ぜひ、大豆製品を活用しましょう。

ただし最近では
遺伝子組み換え大豆なども出回っており、

そういった悪質の大量生産で出来た
ターミネーター大豆は

健康被害もあると言います。

イソフラボンなど有益栄養素の
含有量も少ない粗悪な
大豆もあります。

輸入物の大量生産の大豆は
農薬など化学物質の影響も
怖いところです。

出来るだけラベルなどを良く読み
良質な大豆の摂取を心がけましょう。

大豆加工食品はなるべく避け、

素材の大豆をそのまま
使った食品を味方にしましょう。

女性にとって嬉しい大豆の栄養

特に大豆には女性にとっては
嬉しい栄養素が大豆に含まれています。

それが女性ホルモンと同じような
働きをするイソフラボンです。

イソフラボンは植物エストロゲンとして
優しく体内に働きます。

更年期障害を緩和するような
効果があるともいわれていますし、

骨に含まれるカルシウムを守ります。

どちらもうれしい効果ですよね。

そううい身では女性には
嬉しいですが、

適量であれば有益ですが、

男性や子供にとっては
食べ過ぎは危険です。

ダイエットだけでなく、
美容にも健康にも
大豆や豆類は大いに役立ちます。

と言う事で、タンパク質供給源として

豆類もとても素晴らしい食品
と言う事を理解して下さいね。

それでは、また。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。