unnamed

お肉のタンパク質は体脂肪を燃焼し減らすダイエット効果が


今回のテーマは、

お肉のタンパク質は体脂肪を
燃焼し減らすダイエット効果が

について紹介します。

ダイエットにとってお肉は
大敵と考える人も多いですが、

実はお肉の「タンパク質」は
体脂肪を燃焼し減らしてくれる
ダイエットにとって有益なものですが、

「悪い脂肪」の1つ飽和脂肪酸…

主に動物性脂肪に含まれている
脂肪分の弊害を以前紹介しました。

と言う事はつまり、

肉や魚を食べればそれだけ「悪い脂肪」
を摂る事になってしまいます。

血液がドロドロして循環が良くなり、
血管や臓器に負担をかけ、

細胞に炎症を引き起こしたりします。

しかも、「悪い脂肪」は体に蓄積しやすく、
余分な肉となってお腹周りや太もも、
二の腕に溜まります。

これではスリムになれないという事です。

ダイエットなんてとても無理です。。。

お肉に含まれる脂肪燃焼成分

しかし!!です。

お肉、特に赤身の肉には、
脂肪燃焼を促す成分が多く含
まれています。

弊害ばかりがある訳ではありません。

野菜や果物など植物食品では
なかなかとれない、

有益な効果のある
栄養素が肉類にはあります。

中でもL-カルニチンという
脂肪燃焼成分は、

肉以外のものにはほとんど
含まれていません。

他にも赤身肉には鉄分やビタミンB群が
多く含まれています。

鉄分は貧血の予防に不可欠で、
身体の血行促進を運がしてくれ

ビタミンB群は糖質や脂質の
代謝に欠かせません。

しかしお肉の脂肪分は
ダイエットにとって弊害があります。

こういったジレンマがあります。

どうすればいいのでしょうか?

ダイエットのためにお肉を食べる工夫を

ところで、私がおススメする
ダイエット理論では、

何回も言うように、

肉や卵を控えろとは言いません。

むしろ、普通なら驚くレベルの
量的目安を教えてくれました。

これは矛盾でもなんでもありません。

なぜなら、肉や卵には、豊富な
タンパク質が含まれているからです。

食べ方や質にこだわるのです。

まずは豚や牛よりも、
ヒツジや鳥を多めに食べる、

身体が大きく、脂肪の多い
動物を食べるよりも、

身体が小さく、脂肪の少ない
動物の方が、

人体にとっては重要です。

或は、牛や豚であっても

できるだけ質のいいオーガニックの
ものを選ぶ事です。

化学物質や成長ホルモンを投与されたお肉では、

脂肪燃焼効果以上に、
弊害が多くなります。

また穀物を食べさせた牛より
牧草を食べさせた牛の方が、

オメガ3の割合が多く、
良質な脂肪分となります。

こうしたお肉はおいしいですし、
健康にも良いという事、

質や種類にこだわれば、

美味しく楽しくダイエット効果
が望めるのです。

肉のタンパク質が体脂肪を燃焼させるメカニズム

お肉のメリットを享受する為に、

なるべく脂身を避けたり、
出来るだけ赤身の部分や、

鳥肉の白身の部分を
食べる事は重要ですが、

その事で、体の組成に欠かせない
タンパク質を摂取する事ができます。

ではどうやって肉のタンパク質が
体脂肪を燃焼させるのでしょうか、

メカニズムを解説します。

体内に入ったタンパク質と言うのは、
グルカゴンというホルモンの放出を
促すんですね。

このグルカゴンが体内に蓄積された
脂肪を血液の中に放出させます。

それによって、エネルギーとして
使う事ができるので、

体脂肪がどんどんと燃焼
してくれるのです。

つまり、

肉や卵の脂肪を悪者扱いしないで
タンパク質のメリットに注目しましょう。

そしてしっかり肉も食卓に加える事で
ダイエットも促進する事は可能なのです。

偏った考えでなく様々な面から考慮して
ダイエットを勧めていく事が大切です。

ということで、次回はも興味深い話を
していきますね。

お楽しみに~

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。