unnamed

オメガ3とオメガ6のバランスを整える美容、ダイエット効果


今回のテーマは、

オメガ3とオメガ6のバランスを
整える美容、ダイエット効果

について紹介します。

前回まで紹介したように、

脂肪酸とダイエットの関係は
とても大切なのですが、

今回伝えたいことは、
オメガ6とオメガ3のバランスを
整えるとダイエットに成功できると言う事、

聞いたことがない人にとって

オメガ3とか6とか言われても、

「なんのこっちゃ?…」

と思うのですが、

これは簡単に言えば、
油の種類の分類の事です。

不飽和脂肪酸の中でも
必須脂肪酸と呼ばれる、

体内では合成する事が
出来ないので、

必ず外から摂取しなければ
行けない種類のオイルが、

オメガ3とオメガ6脂肪酸です。

そしてこのバランスを取ることが
ダイエットの成功のカギを握るのです。

詳しく解説しましょう。

オメガ6脂肪酸は良い脂肪なのだが…

前回まで、色々な油について
話してきましたが、

簡単に言えば、

悪い脂肪を摂取すると太って老ける
良い脂肪を摂取すれば若返り痩せる

と言う事ですが、

もうひとつ、油で注意して
おきたい事があります。

体に欠かせないとされる脂肪の中には、
「オメガ6」という脂肪もあります。

神経系とか、血管系、免疫やアレルギー
炎症反応なんかに深く関わっている脂肪で、

私たちの体には大切なものです。

体内では生成できない
必ず外から摂取しなければいけない
必須脂肪酸なので、

その意味で、オメガ6は
良い脂肪なのですが、

過剰にとり過ぎると美容にも
問題が起きてしまいます。

オメガ3と一体となり
バランスを取って始めて
有益に作用します。

オメガ3と6のバランス

バランスが崩れることで、
このオメガ6がオメガ3を邪魔したり、

ぜんそくや関節炎と言った炎症系の
病気になる恐れがあるのです。

結果的にダイエットもうまく
行かなくなります。

つまり、オメガ3と6は
バランスのとり方が難しいんですね。

理想は、4:1とか、3:1
位のバランスで

オメガ6と3のバランスを
保つ必要があるのですが、

実際はオメガ6に偏った脂肪の
取り方をしている人が多いんですね。

市販の加工食品などは
ほとんどがオメガ6を使っているので、

現代人は30:1位のバランスに
かけ離れてしまっていると言われています。

結果的に体内炎症が起こり、
老化が進み、

美容や健康にも弊害が出るのです。

オメガ6過多の現代人の食生活

これではオメガ3の働きが
ほとんど損なわれてしまいます。

オメガ3脂肪酸の供給源である
魚をよく食べる人の場合は、

理想に近いと思うのですが、
油断はできません。

オメガ6は食事の中でついつい
取ってしまいがちな脂肪だからです。

オメガ6脂肪酸が含まれているのが、

コーン油、大豆油、ヒマワリ油、紅花油

など…

調理用油や、加工食品に良く含まれています。

他にもドレッシングやマヨネーズなど
すべてオメガ6を使っています。

だから知らず知らず、オメガ6を摂取してしまい、
せっかく魚からオメガ3をとっても、

その働きが邪魔されている可能性が高いのです。

オメガ3と6のバランスをとるために

ではどうすれば
オメガ3と6のバランスをとる
ことができるのでしょう。

簡単に言えば、

オメガ6を減らして、
オメガ3を増やすのですが、

調理油で特に危険なのは大豆油です。

他の油に比べてオメガ6が多いのです。

なので、もしあなたが今使っている油が
大豆油、或いはコーン油の場合は、

次に食用油を買うときはオメガ3が含まれる
物を買うようにしてみて下さい。

もちろん調理用の油の理想は
エクストラ、バージンオリーブオイルです。

そして出来るだけ魚を食べたり
オメガ3脂肪酸を取り入れる

こうしてオメガ3とオメガ6の
バランスが整えられると

体内の細胞の健康レベルも上がり、
ダイエットも成功できるようになります。

美容レベルも上がっていくので、

ぜひ試してみてください。

ということで、今回は以上です。

毎日元気にやっていきましょう!!

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。