unnamed

不健康に太る、老ける悪い脂肪と健康に若返り痩せる良い脂肪


今回のテーマは、

不健康に太る、老ける悪い脂肪と
健康に若返り痩せる良い脂肪

について紹介します。

私がおススメするダイエット理論は、

「脂で脂を燃やしてしまおう…」

と言うものです。

簡単に言えば、

悪い脂肪で太って老ける、
良い脂肪は若返り痩せる

と言う事です。

多くのダイエットに取り組む人は
脂肪をダイエットの目の敵にしますが、

良い脂肪と悪い脂肪があるのです。

その違いを明確に見極める目を養い

身体の脂肪を燃焼させる
ダイエットのために素晴らしい脂肪を
積極的にとるようにしてきましょう。

健康で若返り痩せる良い脂肪とは?

体に溜め込んだ「悪い脂肪」は、
「良い脂肪」を加える事で燃焼して、
スリムになります。

さらに人間が生きていく上で
油を言うのは欠かせない食品で、

例えば人間にとって
非常に大切な脳ですが、

この脳は水分を除くと
約70%が油でできているのです。

ということは、良質な脂肪を
取らない限り、

健康な脳を作る事はできません。

だからその「良い脂肪」と言う
ものをしっかりとる事が、

ダイエットには大切なんですね。

良質な脂肪を取る事で、

身体の中から細胞レベルで
適切な身体になっていきます。

脂肪の中でも、

オメガ3とオメガ9と呼ばれる
脂肪酸は有益です。

で、良い脂肪が含まれる食べ物で、
私たちに一番おなじみなのは魚です。

イワシ、サバ、マグロ、ニシン、サーモン…

など、脂肪の多い魚こそ、
積極的に食べるべきなんですね。

あるいは魚を取れない場合は、
DHAやEPAのサプリメントで
補う事もオススメです。

或はオリーブオイルも
代謝に優れた、

ダイエットに効果的な脂肪酸です。

しかもこういった脂肪には、
抗酸化物質も含まれていますから、

体の老化を防いでくれて、
健康も促進する、

アンチエイジングにも、
ダイエットにも有効です。

不健康で太る、老ける悪い脂肪とは?

じゃあ「悪い脂肪」は何なのか?…

これはちょっと多すぎて
書ききれないのですが、

肉の脂身、ラードなんかは
もちろんのこと、

バター、マーガリン、マヨネーズ、、

などの調味料、

ケーキやクッキーアイスやドーナツ、
ポテトチップと言ったお菓子。

フライドチキン、フライドポテト、
ファーストフードだったり、

カップめん、インスタントヌードル、
カレー、シチューのルー
などのインスタント食品など。

飽和脂肪酸と呼ばれる
肉食品の脂肪と言うのは

適量は必要なものですが、

どうしても食べ過ぎると

脂肪分が血液に溜まってしまい、
コレステロール過多になったり、

例えば、加工食品に使われる
脂肪と言うのは、

保存や調理がしやすいように
分子構造を変えてあって

細胞の酸化を促す事があります。

結果的に太りやすくなったり
急激に老け込んだりしてしまうのです。

不健康を作り出す悪い脂肪

また、脂肪の質で注意すべき理由として

人間の体内の恒常性維持、
エネルギー代謝、発育や成長、
生殖などを司る

ホルモンと言うのも、

コレステロール、すなわち
脂肪で作られているのです。

と言う事はつまり

悪い脂肪を取るほど悪いホルモンが
作られ、不健康で太って老けてしまう

良い脂肪を取るほど良いホルモン
が作られ、健康で若返り痩せる

事ができると言う事ですが、

例えば極端なダイエットで
油抜きを行ってしまうと、

頭は働かなくなるし、
性機能は低下したり、

ダイエットどころか、
まともな生活すら成り立たなくなります。

しかも現代人が好んで食べる
脂肪分と言うのは、

脳にとっても、ホルモンにとっても
体全体にとってもマイナスなものばかり、

特に悪い油の食品の代表が
カップ麺やカップ焼きそばです。

裏書きを見れば一目瞭然ですが、

即席麺は「フライ麺」と言われ

ほとんどが質の悪い合成油で
揚げているため

腹持ちは良くないものの
カロリーは700kcalを超すものもあります。

さらに上からかけるソースや
付属スープなどもたっぷり合成油が含まれ、

ほとんど油漬けなのです。

そのうえビタミンやミネラルは
皆無に近いですから、

健康に取っていい事は一つもありません。

脂肪のバランスをとろう

他にも、唐揚げとか、ピザとか、コロッケとか、
悪い脂肪を使った料理に含まれているから、

これらを全部控える事は絶望的ですね。。。

ただ、ここで安心して欲しいのが、
神経質になり過ぎる必要はありません。

今まで説明してきたとおり、

脂肪を摂る事が悪いのでなく、
取り過ぎない事やバランスが大事なのです。

「悪い脂肪」を取り過ぎると、

血中コレステロールが
増えてしまったり、

心臓病のリスクも増えます。

でも脂肪そのものは体の組成に
欠かせない栄養素ですし、

エネルギー代謝に
重要な役割を果たしています。

そこで、「悪い脂肪」を取り過ぎたと思ったら、

燃焼しやすい良質の脂肪分を取り、
悪い脂肪を燃やしてしまえばいいのです。

ステーキを食べ過ぎたら、次の日は魚を食べる。

そんな習慣を持つことで、素晴らしい脂肪の
摂取が可能になります。

悪い脂肪で太って老ける、
良い脂肪は若返り痩せるからと

良い脂肪だけと極端な事をしてしまえば
ストレスでダイエット生活は続きません。

それよりも理想を念頭に置いて
できるだけバランスをとるのが大切です。

ただ、脂肪の中には
どうしてもとるべきでない
絶対に避けるべき最悪の脂肪が存在します。

では、次回、さらに最悪の脂肪というのが
あるのでしっかりと聞くようお願いします。

それではありがとうございました。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。