子供と大人の脳の発育、発達と脳神経シナプスと脂肪の関係

子供と大人の脳の発育、発達と脳神経シナプスと脂肪の関係
今回のテーマは、

子供と大人の脳の発育、発達と
脳神経シナプスと脂肪の関係

について紹介します。

3歳の幼児は、大人とほぼ同じ数の神経細胞を持っています。

しかし、大人と同じような行動が出来ないのは、
神経の発達がまだ足りないからです。

神経の発達が足りない…

というのは具体的に言えば次の二点の事です。

一つ目が、

シナプスのケーブルや樹状突起がまだ十分に
伸びていないので、

隣の神経細胞の同士のつながりが
まだうまく行かないからです。

ある特定の行動が出来るのは、
シナプスの形成によるのです。

二つ目は、

神経細胞が脂肪で出来たさやによって
しっかりと包まれていない事です。

脳がしっかり働くためには、
脳内をシグナルが高速で走らないといけません。

このシグナルが伝わるスピードが
脳の性能を決める重要な因子なのです。

シナプスが脂肪で覆われていると、
覆われていないシナプスに比べて、
約100倍のスピードで情報が伝わります。

スポンサーリンク

つまり、シナプスが出来た後の
脳の発達のカギは、

脂肪でうまく覆われているかどうかなのです。

赤ちゃんの脳においては、
シナプスが脂肪でおおわれる事は、

脳の下部の脳幹から始まり、
中脳、大脳辺縁系、大脳新皮質

…と次第に上に登って行きます。

だから神経細胞の数は大人と同じでも
幼児は大人のように行動できないのです。

しかし逆に言えば、
脳の脂肪のクオリティが、

大人の脳にとっても大切という事です。

3歳ころから子供は、
身体のバランスを取ったり、
歩いたり、話したりして

人としての基本動作に関わる
神経細胞が脂肪でおおわれるようになります。

これらの動作を繰り返すことで、
脳と筋肉をつなく、神経細胞の樹状突起に
シナプスが作られ強化されます。

こうして幼児は、発達段階に沿った
経験を通じて学習を続け、

6歳ころには基本動作もできるようになります。

同じことを繰り返すとシナプスは強化されます。

なので、新しくできたシナプスを強化する為には、
反復しなければなりません。

勉強するほど、脳内に新しいシナプスが出来て
強化されていくので、

脳の働きは格段に良くなるのです。

繰り返し、と脂肪、、

この二つのファクターを脳の健康のために
しっかりと押さえるようにして下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。