unnamed

加工食品の甘味料はダイエットの大敵!老化、肥満を促進する


今回のテーマは、

加工食品の甘味料はダイエットの
大敵!老化、肥満を促進する

について紹介します。

前回紹介したように

私たちの普段食べる炭水化物は
質というのが重要になり、

血糖値を上げる食べ物は
内臓を疲弊させてしまいます。

そして普段気を使っている
つもりでも意外な落とし穴
があります。

それが加工食品です。

現代社会の食品流通では
多くの加工食品が出回り、

あまりにも当たり前になっていますが、

この風潮は危険です。

特に真に健康的な
ダイエットを目指す私たちにとって

加工食品との付き合いは
慎重に考えなければいけません。

老化、肥満を促進する食べ物
と言っても過言ではありません。

確かに、腐りにくく
すぐ調理できて保存が利く、

便利であるメリットはありますが、

便利と言う代償と引き換えに
体脂肪や不健康を引き寄せてしまうのです。

加工食品の糖分

ダイエットを意識した人は
普通まずは糖分、甘いものに
注意しますよね。

アイスクリームとか、
ケーキとかを我慢したり、

コーヒーや紅茶にも砂糖を使わなかったり。

とにかく甘味を感じる食べ物を出来るだけ
取らないように心がけると思うのですが、

シュガーレスこそがダイエットへの
最短距離と考える人が多いです。

でも、どんなにおやつとか
嗜好品から糖分を抜いた所で、

3度の食事でしっかりと糖分を
取ってしまえばなんにもなりません。

おやつだけシュガーレスにしても
あまり意味がないのです。。

特に加工食品には必ずと言っていいほど
甘味料が含まれているので、

そのつもりがなくても
知らず知らずのうちに

現代人は糖分を摂っている
事にもなります。

さらにたちが悪いのは、

普通には甘みが不要な
食品にまで、

美味しくって病み付き
効果を狙った添加物と言う名の
甘味料がたっぷり使われていたりします。

これが以前紹介した
糖化タンパク質の原因になり、

老化、肥満を促したり、
様々な悪さをします。

一言で言えば、

身体に不利益な糖分、甘味料なのです。

便利な加工食品だが…

たいていの家庭の冷蔵庫には様々な
加工食品が入っているはずです。

冷凍庫には冷凍食品があり、
キッチンの収納スペースには

レトルト食品やインスタント食品、
缶詰類が常備されているはずです。

もちろん理想的には
自然な食材を自ら調理する方が
良い事は分かっていても、

仕事で忙しかったり、
子供のお弁当なんかにも

時間がない時には加工食品は
便利ですよね。

加熱したり、冷凍のまま揚げるだけで
おかずがもう一品出来上がります。

そしてスーパーマーケットに行けば、

コロッケも海老フライも、
ハンバーグも唐揚げも

子供が大好きなおかずは
たいてい冷凍食品になっています。

しかしその便利さには
大きな落とし穴が潜んでいます。

調理の手間がかからないというのは、

逆に、既にたっぷりの甘味料
糖分が含まれている事でもあります。

むしろ、それを狙って
食べやすく、欲しやすくしている
という風潮すらあります。

加工食品の添加物

しかも、ほとんどの加工食品には
人工甘味料が使われていますから、

自分では砂糖を加えなくても、
或いはそれほど甘味を感じなくても、

体はしっかりと糖分を摂り続けて
いる事になるのです。

カロリーゼロや、シュガーレス
と書かれた人工甘味料は、

カロリー控えめで
ダイエットに最適と感じている
人も多いですが、

これは大きな間違いです。

今後別のテーマで、
アスパルテームなど

人工甘味料の弊害について
詳しく紹介するつもりですが、

そもそも砂糖、ショ糖と言う
精製した糖分は、

健康美容長寿に不利益です。

そして現在では
人工甘味料や果糖液糖など

様々な甘味料が開発されています。

これが隠れた糖分として
老化、肥満を促進するのです。

そこでまず、「甘い」と感じる

加工食品は出来るだけ
利用しないようにして下さい。

加工された偽物の食品を避け、

天然の本物の商品を
お腹いっぱい食べてください。

一切使わないのは現実的に
難しい部分もあると思います。

でも最低限のルールは作っておいて下さい。

加工食品の成分表示を
チェックする事が大事です。

「糖」と言う文字があればもちろんの事、

グルコースやラクトース、サッカロースなど
~コースや~ロース、~トースのつく成分は
全て糖分なのでしっかりと覚えておいてください。

目に見えない糖分摂取を控える事が
とにかく大事です。

できるだけ加工食品は
使わない方が良いと言えます。

では、今回の事もしっかり頭に入れて上で、
次回を楽しみにしていて下さい。

ありがとうございました。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。