unnamed

血糖値が上がる、上がりにくい食べ物に注目、玄米、雑穀米の勧め


今回のテーマは、

血糖値が上がる、上がりにくい
食べ物に注目、玄米、雑穀米の勧め

について紹介します。

今回は、主食のごはんやパン

いわゆる炭水化物について
説明していきます。

ダイエットに成功するための
炭水化物との付き合い方を一言で言えば、

「血糖値が上がる食べ物、
血糖値が上がりにくい食べ物」

に注目ということです、

そういう意味では、

白米や小麦粉よりも

玄米、雑穀米、
全粒粉をおススメします。

ダイエットを目指す人は
カロリーに注目する人が多いですが、

炭水化物の量よりも質に注目です。

簡単に言えば、
血糖値が上がるものは真っ白の物

上がりにくいものは
少し色がついたものと言う事です。

内蔵に負担をかけない炭水化物

私が紹介している
ダイエット理論では、

カロリーの高低よりも、

血糖値の上がる食べ物か
どうかに、注目します。

いわゆるGI値、グリセミック指数
とも呼ばれますが、

炭水化物のカロリーは
どんなものでも1g=4kcal

ただ同じカロリーでも、

血糖値を上げやすい
食べ物はそれだけ内臓に負担をかけるので
細胞に炎症を起こしやすいです。

何度も言ってきてるのですが、
細胞の炎症がダイエットの大敵です。

その意味では、実は、

白米よりも玄米
白いパンよりも、茶色いパンの方が

ダイエットに適している事になります。

精製された米や小麦粉は
血糖値を上げやすく

例えば、白い食パンは実は
食べ方によれば白砂糖よりも
急激に血糖値をあげるんですね。

急激な血糖値の変化は
すい臓を傷つけるリスクが増えます。

そこで、玄米や雑穀米、
ライ麦パンや全粒粉を使ったパンならば、

内臓に負担をかけません。

いつの間にか日本人の食卓には
精製米を食べる事が当たり前になりましたが、

血糖値に気を使う事は
健康にダイエットする上で大切です。

玄米、雑穀米のススメ

お米の場合は、
玄米と白米では、ビタミンやミネラル、

食物繊維の含有量が全く違うので、
もちろん玄米の方がたっぷりと
含まれています。

それから酵素(こうそ)も
玄米には多く含まれています。

精米するとその酵素を
取り入れる事が出来ないし、

同じカロリーでも、白米は玄米よりも
内臓に負担が大きいのです。

血糖値が上がる白米に比べ、
玄米などは血糖値が上がりにくい
食べ物です。

ここで、味はどうでしょうか?

このウェブサイトを読んでいるあなたは、

もし、茶色いパンを
食べた事があるのでしたら、

普通のパンよりも美味しくて
香ばしいと感じるのでは
ないでしょうか?

白いパンの方が風味もなくて
味気ないですよね。

私は全粒粉パンの方が好きです。

お米に関しても色々な味の
雑穀米は味わい深いです。

最初白米、小麦粉のパンを
食べ続けていた人は

少し戸惑いを感じるかもしれませんが、

玄米も慣れの問題だと思うのですが、

お米屋さんで買うなら
精米の度合いを3分、とか5分、7分と
段階で選ぶ事も可能です。

白米しか手に入らない場合は、

アワとかヒエとかオオムギとかを
混ぜてご飯を炊く事で、

不足しがちな栄養素を摂る事も可能です。

いわゆる雑穀米のごはんです。

脳の機能も上がるフェルラ酸

また米ぬかや玄米から
抽出された天然のポリフェノールに

フェルラ酸と言うものがありますが、

最近有効なブレインフーズとして
注目を集めています。

アルツハイマー病患者の
認知機能の低下を抑える効果が
臨床研究の結果明らかになったのですが、

国立病院機構菊池病院の
木村武さんは

フェルラ酸と食用ハーブである
アンゼリカ抽出物を成分とした
サプリメントで臨床試験を行い、

其の結果、フェルラ酸に
妄想、幻覚、行動異常などの
認知症特有の興奮性症状を抑える
働きを確認し発表しました。

ちなみに人気テレビ番組「ズームイン朝」
の英会話コーナーで人気者となった

アントン・ウィッキーさんも
一時認知症になりかけたそうですが、

フェルラ酸の摂取により
認知機能が改善し、

仕事に復帰したと言います。

フェルラ酸が含まれる玄米
米ぬかなど日本古来の食材には

脳の機能を守り、
認知症を封じる成分が確認
されたと言う事です。

ただし、
有効な成分があったり
血糖値を上げにくくする作用もあれば、

玄米の食物繊維には
ミネラルを阻害する作用もあり、

玄米にもメリット、デメリットがありますが、

うまく工夫して活用すれば、
ダイエットやアンチエイジングに有効です。

主食とダイエットの関係

前回までの話してきたように、

主食のでんぷんと言うのは
最も抜いて良い食べ物です。

主食を抜くとどうしても
物足りなさが生まれると思います。

ご飯やパンを抜くと力が入らない
という事もあると思います。

それならいっそうの事、

茶色うパンや、精米しないご飯を
食べる事で健康で痩せていく事ができ、
若返る事が出来るのです。

これらは、噛み締めるほどに
そのおいしさも分かってくると思うので
是非お試しください。

炭水化物は量を減らすのでなく、

種類を変える工夫で
無理のないダイエットが可能になります。

それでは、次回、

さらに「隠された」糖分の
秘密について話していくので、

次回も心して聞くようにお願いします。

それでは、サヨウナラ。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。