unnamed

おかずから食べ始める習慣、順番テクニックでダイエットに成功!


今回のテーマは、

おかずから食べ始める習慣、
順番テクニックでダイエットに成功!

について紹介します。

おかずから食べ始める習慣で
ダイエットに成功できる!

この教えを受けて私は
大きなパラダイムシフトを
起こしました。

今までどれだけ頑張って
我慢して、無駄なダイエットを
してきたのだろうかと、、

食べる順番を変えるだけで
こうも簡単にダイエットできると
言う事は、本当に驚きでした。

これはぜひあなたにも
実践して実感して欲しいと思います。

今までと同じ物を同じ量食べて、
睡眠時間も運動量も同じ…

でも食べる順番だけ変える。

それだけで体重がすーっと
落ちていくのですから不思議です。

辛い事はまったくありません。

我慢ゼロ、ストレスゼロです。

本当に簡単なテクニックですが、
非常の効果がある物です。

ダイエットは時間を意識

順番テクニックは内臓の活動
に合わせたものですから、

効果が出るのもうなずけます。

今まで、ずっと説明してきた、
タイムニュートリション
という考え方なのですが、

実行するに当たってそんな
難しい事はありません。

ここでもう一度復習して
まとめてみましょう。

朝昼夜の3食を出来るだけ規則正しく
決まった時間に取る事。

間食は、夕方4時前後に、

ダークチョコレートや果物を中心に
糖分の少ないものを積極的にとる事。

食事時間が不規則になりやすい夕食は、

もし9時以降になってしまうなら、

無理には食べずに臓器をむしろ
休ませる事で、翌朝の体調が良くなる事。

食事ではタンパク質でなく、
炭水化物を減らす事、

特に夕食は抜いてもいい、

そして、同じメニューでも

おかずから食べ始める事で
ダイエットに成功できます。

たったこれだけです。

最も簡単で効果のあるダイエットテクニック

順番を変えるテクニック
というのは非常に重要です。

ダイエットだけではなく
全ての分野でこれは言えます。

貯金をしたければ、

お金を稼ぐ前に、

借金を返したり、
浪費癖を辞めた方が、
結果は出るでしょうし、

英語の勉強が伸び悩む人は、

何か英単語の勉強や
文章を良くことに特化しすぎて
伸び悩んでいるのかもしれません。

そう言う時は諦めるのでなく、

少し視点を変えて、
スピーキングやリスニングの
練習をするなど、

順番を変える事で
一気に成長したりします。

だからダイエットでも
順番テクニックは効果的です。

特におかずから食べるというのは、
習慣を変えれば良いだけなので、

ゆっくり、お酒やお茶を
飲みながらのんびりと
食事を楽しんでみて下さい。

誰でも簡単にできる素晴らしい
ダイエット手法です。

家族や友人とおしゃべりしながら
晩御飯を食べるつもりになれば、

今晩からでもできますよね。

始めは意識しないといけませんが、

慣れてくれば当たり前のように
おかずから食べ始めるようになります。

しかもこれらすべては、
消化に関わる内臓の活動リズム
を大切にした食べ方なので、

体の調子がどんどんと良くなっていきます。

美容と健康を兼ね備えた
食べ方テクニックなのです。

必要な栄養素をきちんと消化吸収出来て、
なおかつ細胞の炎症を抑える食べ方なんです。

その結果、太らない体が作れます。

確実にダイエットに成功する選択

順番を変えるというこの方法は、

確かに、

三日で5kg痩せる!といった

短期間で結果の出る方法ではありません。

時間はかかっても確実に
痩せていく事が出来るのです。

最初は意識をしてください。

それを何度か続ければ
そのうち無意識のうちに
出来るようになります。

おかずから食べ始める習慣が
つくのです。

そして気がついたら、
スリムになって健康的に
ダイエットに成功していた…

という風になるのです。

その上でさらにダイエット
アンチエイジングテクニックを
加えていけば効果は倍増していきます。

適切な運動をしたり、
ストレスマネージメントをしたり、
質のいい睡眠を取ったり、

そして少しずつ食材に注目しましょう。

世界には脂肪を燃焼し
若返り効果のある

素晴らしい食材もあるのです。

そう言った美容食を
日常に取り入れていけば、

さらにあなたのダイエットの成功は
加速を付けていくはずです。

で、どんなものを食べるか
などそういった具体的な
話は次回からどんどんしていくので、

とにかく、今はおかずから食べる習慣に
フォーカスしてやってみて下さい。

日に日に体調が変わるのが
実感できると思います。

一緒に頑張っていきましょう!

それでは次回も楽しみにしていて下さい。

ありがとうございました。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。