unnamed

利尿剤を使ってまで痩せる人、強引な脱水ダイエットの副作用


今回のテーマは、

利尿剤を使ってまで痩せる人、
強引な脱水ダイエットの副作用

について紹介します。

このサイトで紹介しているのは、

体重を落とす方法でなく

あくまで健康的に美しく若返り、

自然にスリムになる方法です。

最近聞いた話では、

利尿剤まで使って痩せようとする人…

がいるらしいですね。

特に若くて気持ちが
弱いタイプに多いそうですが、

体の水分を無理やり抜いてでも
体重を減らしたい、

これは本末転倒というか、
非常に危険なダイエット方法
と言えます。

確かに水分を抜けば、

体重計の目盛りは
少なくなるでしょう。

しかし、それ以上に大切なものを
失ってしまうのです。

水分は健康にとって大切

私たち成人の体の60%は
水分で出来ています。

その水分が、栄養素とか、
酵素を運んだり、

不要な老廃物を捨てる為の
役割を担っているのですが、

もちろんダイエットにも
水分は欠かせません。

細胞に水分がたっぷり含む事で、
脂肪の分解とか燃焼が促されます。

もし水分が不足すると、

体は脂肪を代謝できなくなるし
細胞の排泄物を捨てる事も
出来なくなります。

これでは、確実におデブちゃん
になっていきます。

脱水の弊害はたくさんありますが、

水を飲むと太ると勘違いして
水分の摂取をしない人もいて、

かなり危険だと思うのですが、

それ以上に極端なのが、
利尿剤を使って体内の水分を
無理矢理出そうとする人までいます。

利尿剤の強引な脱水ダイエットの副作用

身体は脱水を起こすと、

細胞がそれぞれの持つ、
水分をこれ以上減らさない
ようにするため、

血管との連絡口を
閉じてしまいます。

こうして細胞が守りの
状態に入ると、

抹消の血管は水分が
不足し、血流が極端に
悪くなってしまいます。

身体はこうした危機的な
状況になれば、

身体の大切な部分、

具体的に言えば心臓と
脳への血流を確保するため、

交感神経を優位にし、
抹消の血管を収縮させます。

この結果抹消の
血流が不足して

まず症状として現れるのが
「疲労感」です。

そして脱水が続けば、

血液の濃度が濃くなり、
血流がさらに悪くなり、

ドロドロの血液となり、
血管の内皮を傷つけます。

神経、血流、ホルモンの
バランスが悪くなり、

太りやすい体質となり、
老化が極端に進み、
病気のリスクが高まります。

さらに利尿剤を使えば
さらにその副作用まで加わります。

ボクサーとダイエットは違う

例えばボクサーなどは
減量のために、

極端に水分摂取を控える事が
あります。

彼らはプロとして職業として

極端なことを言えば命をかけて
体重を落とす事にかけているのです。

明日のジョーの力石徹は
水道を完全に止め減量に励みました。

しかし私たち一般人はそういった
極端な方法をやっては行けません。

体重を落とす事=ダイエットの目的

となっている人は、時々
そういった間違った考えに
振り回させれます。

冷静に考えれば分かるはずです。

強引に痩せる事や
副作用の危険のあるダイエットが

身体にとって有益である
はずがないことが、

ところが、間違ったダイエット法を
信じている人たちは、

痩せる為に、水分摂取を減らすべきた!

と考えてしまいます。

激しい運動なんかしたりして、

汗を流すとその分
体重が減ります。

サウナや岩盤浴に入って
たくさん汗をかき、

その後体重計に乗り
体重が減っていたと、

喜んでいては行けません。

体の水分を絞り出す事が
減量の近道だと勘違いするので、

水も飲まないほうが良い
と考えてしまいます。

その結果、太りやすい
老化しやすい身体になるのですから

これは、虚しい努力…

と言うだけでなく
危険な努力を考えるべきです。

とくに利尿剤を使ってまで

強引に痩せようとする
人もいるのですがかなり危険です。

ダイエットには水分補給が大切

例えば、深酒をした翌日など、
強いのどの渇きを感じた事は
ないですか?

これはお酒の分解解毒の過程で、
自律神経バランスが崩れ、

それを修復する為に
水分がたくさん使われるからです。

喉が渇くというのは既に
身体が危険である事を
知らしているサインです。

そうなる前に身体を水分で
潤わせておかねばなりません。

なので、目が覚めて
体が乾いているときには

(睡眠中にも人は汗を
かいて水分が失われます)

こまめに水分補給して、

細胞に水分を行き渡らせる
ようにしてあげて下さい。

脱水ダイエットでなく、

水分補給ダイエットを
心がけて欲しいのです。

まず、目覚めの一杯、

そして朝食前にも
コップ一杯の水を飲みます。

そして朝食後も1時間おきくらいに
水分補給をして下さい。

一度に大量の水を飲むのでなく、
少しずつ補給するのがコツです。

目覚めの水は冷たくなくてもいいです。

夏とかは特に冷たい水を飲むと
シャキッとして気持ちいいかも
しれませんが、

胃の血管が収縮して
余計な負担をかけてしまいます。

なるべく体を冷やさないように
常温の水をゆっくり飲むのが良いです。

「この一杯が細胞の
ごみを掃除してくれている」

そんな気持ちで飲む事で、
きっと毎日の習慣になると思うので

是非頑張って飲んでみて下さい。

それではまた次回。

最後まで読んでくれて
ありがとうございました。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。