unnamed

くびれのある体型になる食事方法、夕食に炭水化物を控える効果


今回のテーマは、

くびれのある体型になる食事方法、
夕食に炭水化物を控える効果

について紹介します。

モデルやアイドルのように、

美しくほっそりした
くびれに憧れを持つ人は
おおいでしょう。

実は、、

くびれのある体型になる食事方法
と言うものがあります。

しかもその方法が驚くほど簡単で

夕食に炭水化物を控えるだけ
でよいのです。

ダイエットの目標達成として、

通常のダイエットは体重を落とすだけ
の数値目標に固執してしまい、

間違った方法をやってしまう事があります。

しかしくびれのある美しい体型を目指す

こうした心がけを目指せば、
確かに健康的に体重を落とす事もできます。

だだし、この際も

「腹筋を毎日100回するぞ!」

と意気込んでも普段から
運動する機会がない人にとっては

かなり大変ですし、
続けるのは不可能に近いです。

お腹をへこませるために
必死に頑張っている人もいますが、

そんな無理をする必要はなく、

ただ夕食で炭水化物を控えれば、
お腹周りの脂肪は驚くほど減っていきます。

ウェスト周りのお肉をとる方法

男性でも、女性でも、

「太ったな~」と気づかせてくれるのは
ウェスト周りのお肉です。

ベルトがきつくなったり、

体にフィットしたパンツが
はけなくなったりします。

特に、女性は、ウェストの絞れた、

くびれのある
体型に憧れると思うので、

お腹周りの脂肪って
本当に憎らしいですよね。

そこで、

夕食に脂っこい料理を抜いたり、
甘いものを控えてジムで運動したり、
ダイエットに挑戦するのですが、

お腹はそう簡単にはへこんではくれません。。。

ここで、もしあなたがどうしても
お腹周りのぜい肉を落としたければ、

効果的なある食事方法に
気を使ってみてください。

ひとつだけ約束を
守ってほしい事があるのですが、

夕食の際「だけ」、

ご飯やパン、スパゲッティや麺類などの
でんぷんを一切摂らないという事です。

注意してほしいのが、

晩ご飯「だけ」です。

炭水化物抜きダイエットの悲劇

くびれを作る食事法として、

注意して欲しいのですが、

「炭水化物抜きダイエット」
「低インシュリンダイエット」

が流行した事もあり、

極端な炭水化物を抜く
食生活をする人もいます。

しかしこれは問題があります。

確かに炭水化物を抜けば、
一時的に体重は減ります。

しかし脳を動かす唯一の成分である
糖が減るために、

頭は働かなくなり
確実に仕事に支障を来します。

また腸内の善玉菌も餌不足になり
腸の健康を阻害します。

さらに深刻な弊害をもたらす事もあり、

私の知人は、糖尿病の
一歩手前と言っていいほど、

血糖値が高く、

医師に「炭水化物を抜け」
と指示されたそうです。

そして真面目にその教えを実践し、

炭水化物を完全に断ったそうですが、

その結果、

血糖値は下がったものの、

脂肪やたんぱく質を取りすぎて、
今度は血中脂肪や中性脂肪、

コレステロール値などが上がって
しまったのです。

つまり栄養が極端に偏り、
今度は違う所に不調をきたし

別の病気になってしまったのです。

夕食「だけ」炭水化物を抜く効果

極端に炭水化物を抜くダイエット
にいそしむ人もいますが

これは危険です。

夕食だけ炭水化物を抜くのです。

つまり夕食だけ

魚や肉、野菜や水分以外には、
何も食べないという事です。

昼や朝は抜かないと言う事です。

或はいきなり抜くのが辛ければ、

晩は炭水化物を減らす、

ここから始めてみてください。

この約束を律儀に実行するだけで
ウェスト周りのお肉さんはバンバンと
落ちていきます。

しかも、内臓への負担がなくなっていき、
翌朝の目覚めがスッキリします。

朝起きてから体が軽くて、その日一日を
行動的に過ごせます。

「本当に食事方法を変えるだけで
くびれのある体型になるのですか?」

という疑問があると思いますが、

大丈夫です、しっかりまず
このルールをも守ってください。

さらにエクササイズも加えた方が、
健康的にも代謝的に良いのは
間違いありません。

ただしここでも
キツい腹筋などをするよりも、

深呼吸や呼吸を使った
ドローイングなどのエクササイズで
ストレスのない運動をお勧めします。

寝る前に食べる事のデメリット

特に忙しい現代人にとって、

山積みの仕事が終わらないなど
残業が多い人は、

遅くに帰宅して
一気に夕食を食べて寝る・・

と言う生活パターンの人もいます。

仕事が忙しいのが原因ですから、
仕方ない部分もありますが、

その行動が胃腸には
大きな負担になる事を忘れては
いけません。

食べて飲んで寝る・・・

を繰り返してしまえば、
くびれのない肥満体になるどころか

内臓の機能が低下し、
生活習慣病のリスクが高まります。

食べたものを消化するには
どうしても2、3時間は
必要なのです。

特に油っぽい食品を
食べた場合はより時間がかかるのです。

あまり食べ過ぎず夕食を控える事も
くびれ作りに大切ですが、

食べた後すぐに寝てしまわないで、
消化の時間を置く事も大切です。

胃腸が消火活動中に寝てしまうと

胃腸も当然睡眠モードに入るため
消化がうまくいきません。

すると当然栄養の吸収も鈍り

身体の代謝が落ちる事に
つながる場合もある訳です。

しかしこの食事方法に気を使うだけで

気が付くといつの間にか

ウェストもスッキリくびれのある
体型つくりにつながるので
是非試してみて下さい。

夕食に炭水化物、でんぷんを抜く

これが秘訣です。

それでは、次回からダイエット、
アンチエイジングに効果的な
飲み物の秘密について話していきます。

では、また次回!

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。