unnamed

ダイエットのため無理せず日常生活で長続きできる運動をしよう


今回のテーマは、

ダイエットのため無理せず
日常生活で長続きできる運動をしよう

について紹介します。

前回紹介したように、

ダイエット(Diet)という
言葉の意味は、

痩せるというよりも
食事療法という意味で、

スリムに健康になる
ダイエットの為にはやはり、

食事というのがメインになります。

が、もちろん運動も大切で、
今回は運動について少し解説します。

私は運動に関してはあまり
激しいものはおススメしません。

むしろダイエットのためには
無理をせず日常生活で
長続きできる運動をすることを

おススメしています。

もちろん運動とダイエットは
切っても切れない関係にあり、

健康や若返りのためにも
重要な要素です。

本屋にはたくさんの
ダイエットの有効な運動の紹介本が並び、

夜中の通販には次々と
運動器具が販売されています。

そういったどれも
素晴らしい手法であると思いますが、

ダイエットで最も大切なのは、
根本の考え方マインドセットです。

私がお勧めする手法はいつも、

短期的な結果を追い求めるよりも
長期的な結果を出せる方法をする事です。

食事でも運動でもそれは変わりません。

「一週間で腹筋が付く!くびれが!!」
「たった二週間で7kg減量に成功」

と言ったエクササイズはむしろ危険です。

激しい運動にチャレンジして
三日坊主に終わってしまうよりも

無理せず日常生活で長続きできる
運動を少しずつやる方が、

何倍も効果があるのです。

急激な運動はダイエットに取って危険

良く体重を減らそうと
一大決心する人に

いきなりジョギングをはじめたり、
ジムに入会して激しい筋トレを
行おうとする人がいます。

しかしこれはダイエットと同じで、

短期間で激しくエネルギーを
消費するような運動は

細胞の酸化を促す可能性もあります。

つまり、細胞の酸化が進めば
内臓が老化し、

見た目も老けていきます。

いきなり激しい運動をしても

これでは続かない、、
いわゆる三日坊主で終わってしまったり、

普段から運動しないのに
いきなり身体を動かす事で

身体を痛めてしまう人もいます。

体重が増えている状態で
きつい運動をすれば心臓や筋に
負担をかけてしまう事にもなりますし、

激しい運動は先ほど言ったように
細胞の酸化を促し、

体内から徐々に老化が始まり、
老けてしまう事もあるのです。

確かに運動は大切ですが、

アスリートになるのではない限り、
激しい運動をするのでなく、

無理せず自分のベースを守りながら

少しずつゆっくり長続きする
運動をする事が、

若々しく美しくダイエットに
成功する上で大切なのです。

日常でできる軽い運動から始めよう

よく、

「私は自分で決めた事が守れません。
私は意思が弱いんでしょうか、、
毎日運動も続けられません」

と悩んでいる人もいますが、

よく聞くとあまりにも厳しすぎる
規則を作りすぎていたりします。

スポーツがそれほど好きではないのに

無理やりテニススクールや
ゴルフスクールにはいったり、

エクササイズ器具を購入して
必死に筋トレをしたり、、

一日○○回腕立てと腹筋をやるぞ
などと目標を立てて

最初はストイックに続けますが、
ほとんど1週間も過ぎれば辞めてしまったり、

普段から身体を動かす
習慣がない人がいきなり、

急激な運動をするとむしろ
太りやすい身体になると言えます。

どんだけ汗を流して、体重を落としても、
太りやすい体になってしまえば、

ビール一杯でたちまちすぐに
また元に戻ってしまいます。

それならば、むしろ日常的な
軽い運動を続ける方をおススメします。

例えば買い物で、週に一度、

車でスーパーに出かけて
まとめ買いするのでなく、

毎日歩いてその日の分、

翌日の分の食材を買って
来るのが良いです。

そうすることで、野菜や魚でも
新鮮な食材を新鮮なまま料理できます。

車でまとめ買いだと、

運動の機会も減ってしまうし、
冷凍食品や加工食品が多くなってしまいます。

だから毎日こまめに買い物する事は、
ダイエットにとって一石二鳥です。

無理せずこまめに身体を動かす癖をつけよう

また、ウォーキングや
サイクリングのように自分のペースで
その時に合わせて汗を流せるものが理想的です。

犬を飼っている人は
散歩がてら長距離歩くのは
素晴らしい方法と言えるでしょう。

キツい運動よりも

歩いたり、立ったり座ったり
という人間としての当たり前の動作を

意識して長続きさせた方が
健康的なダイエットにとっては
理にかなっているのです。

ちなみに運動で消費できるカロリーの目安は、

●ビール一杯なら1800mのウォーキング
●ミルクチョコレート4切れで4キロのサイクリング

油断大敵ですよね。

普段からこまめに体を動かす事が
大事と言うのが分かると思います。

よしやるぞ!と運動するのでなく、

最初はエレベーターを使わず階段を使ったり、
家から少し遠いコンビニに言ったり、

仕事中の隙間時間を使っても
効果的な運動ができます。

コピーをとっている間に
少し屈伸運動をしたり、

上司からの雑用を頼まれたら
積極的に申し出て少し散歩したり、

デスクワーク中心で
一日中椅子に座りっぱなしだと、

むくむが起きたり、
頭の回転も鈍くなります。

こまめに身体を動かせば、

仕事のリフレッシュができ
効率も上がりますし、

一日気づかないうちに
トータルでかなりの運動量を
こなしていることにもなります。

と、出来るだけ無理をせず
長続きできる運動から始めていきましょう。

全ては最初の一歩から始まります。

一緒に頑張りましょう!

それでは、また

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。