unnamed

太る、肥満のメカニズム、細胞の酸化と中年太りの理由と対策


今回のテーマは、

太る、肥満のメカニズム、
細胞の酸化と中年太りの理由と対策

について紹介します。

前回まで、

ダイエットのポイントである、
内臓と代謝機能の重要性、

最新の流行を追いかけるのではなく、
しっかりとした理論を元に
ダイエットを行う事の大切さ

などを紹介してきましたが、

加齢と共に内臓の機能は
どうしても落ちてしまいがちです。

今回は「太る、肥満のメカニズム」
そして中年太りの理由と対策を
カンタンに説明していきます。

細胞の酸化と言うのが
キーワードになります。

以前も言ったのですが、

内蔵の代謝機能の衰えが太りやすい体
を作ると言いました。

身体の老化や肥満の始まりは、
身体の中の機能低下から始まる、、

と言う事です。

中年期になれば、

食べる量は増えていない、
むしろ食欲が落ちて食べる量は
減っているのも関わらず、

大半の人が太ってきます。

毎日しっかり運動しても、
運動の量や回数を増やしても、
痩せにくい、、

これがいわゆる「中年太り」です。

気がつくと、ズボンの
ベルト当たりがキツくなったり

今まで履けていたパンツが
履けなくくなったり、、

身体も何となく
「ぷよぷよ」してきます。

その理由も、

10代の頃、健康に働いていた内臓や
細胞の機能が低下し、

脂肪をためやすいやせにくい体質に
なってしまうからのです。

肥満の敵=酸化(さんか)

加齢により肥満になる理由、
中年太りの理由、

このメカニズムを
もう少し詳しく説明していきます。

老化と言うのは細胞が炎症を起こして
体をサビつかせることで進むんですね。

これは年齢を重ねる
ことで誰にでも起こることで

この現象は

「酸化(さんか)」

と呼ばれます。

これは別に病気ではなく自然現象です。

リンゴを切って放っておくと
茶色くなりますが、あれも酸化です。

自然物はすべて時間が経てば
酸化していってしまうものなのですが、

酸素は生命になくてはならないものですが、

その中の一定の割合が
体内を傷つけることがあります。

ここで、人体の細胞が酸化してしまうと、
その細胞の成分である脂肪酸が
「傷んだ油」になってしまいます。

そうすることで燃焼しにくくなり、

その傷んだ油がどんどん溜め込まれ、
やせにくい体を作ってしまうのです。

そして基礎代謝が低下して、
肥満になりやすくなるのです。

酸化を抑えることがダイエットのコツ

本来、脂肪というのは
体に溜め込まれても燃焼して

エネルギーとなるのですが、

細胞が酸化してしまうと
それがうまくいかなくなるんです。

これが太ってしまう、
肥満になってしまうメカニズムです。

なので結論を言えば、

対策法としてはまずは、

細胞の炎症を抑え、酸化を防ぐ事

がアンチエイジングの基本になり、
もちろんダイエットの基本にもなります。

では、果たして
病院に行かず、医者に頼らず
そんな事が可能なのでしょうか?

・・・

もちろん答えはYESです。

ただ、、

もちろん完璧に抑える事は不可能です。

現代社会でまだ、不老不死の
方法は確立していません。

息を吸わなければ酸素の害も
なくなるわけですかが、

それは現実的ではありません。

でも、細胞の酸化をできるだけ
抑える事は可能です。

そうする事によって
スリムで若々しい身体を維持する事は
十分可能なのです。

私たちの体は食べ物で作られます。

だから毎日の食生活を工夫することで
細胞の炎症を抑える事は十分に可能です。

中年太りの対策は細胞の酸化に注目

ダイエットを目指す話を
聞きたいはずなのに、

いきなり細胞の話をしてしまい、

あなたは戸惑いを
感じられたかもしれません。

普通のちまたで流行るダイエット本に

細胞レベルから語るものは
それほど多くありません。

でも私たちの体は一つの例外もなく
全て細胞から作られているのです。

でも、この話を頭に
入れておくだけでこれから

紹介していくダイエットの
基本的な理解ができます。

中年太りの理由
太る、肥満のメカニズムを知る事で、

「なぜ若い頃は食べても太らなかったのか・・・」
「なぜ年を重ねるごとにやせにくくなるのか・・・」

この二つの疑問はほぼ解消される事になります。

若くて健康な細胞なら、脂肪は
正常な脂肪酸として体に蓄えられます。

実は私が提唱するダイエット理論は

脂肪分を控えるよりも
むしろ積極的な摂取を薦めます。

(もちろん「質」に考慮してですが。)

そうした具体的な対策についても
次回以降紹介していきますが、

食生活や生活習慣に気を使い、

基礎代謝を向上させていくと、

身体の各細胞、各臓器が
それぞれの役割を滞りなく、
果たして行く事になりますから、

血液やリンパ液の流れがよく、
新陳代謝も活発になり、

臓器の活動や神経伝達、
ホルモン物質、筋肉の収縮など

あらゆる働きがバランスよく
スムーズになる訳ですから、

おのずと健康美容長寿の
すべてのレベルが上がるのです。

基礎代謝を高め肥満とサヨナラしよう

基礎代謝は
若年期に高く、成人以降低下します。

基礎代謝量も高く、
エネルギーがどんどん消費される

ですから、若いころは誰しもが

蓄えられた脂肪も
どんどん燃焼していきます。

細胞一つ一つが活発に働き
太ってる暇がなかったんですね。

身体が太ってる暇がなければ確かに
ダイエットは簡単になります。

しかし、例外的に、
年齢とともに基礎代謝が下がっても
太らない人がいます。

いくら食べても太らない

そんな人があなたも周りにも
一人や二人いるのではないでしょうか?

そういった人は、胃腸や内臓が
遺伝的に強く、ホルモンの分泌がよく、

食べたものを
排泄する力が高いのです。

ここで、『遺伝的な理由』と聞いて
残念に思った人もいつかもしれません。

しかし、グッドニュースです。

遺伝の要素もゼロではないですが、

それより環境の方が
遥かに大きな影響があります。

その環境さえ整えれば、

誰でもその太りにくい体質を
作ることができるのです。

そのためにはまず、
なぜ太るのか、肥満になる
メカニズムを正しく理解し

細胞の酸化を防ぐ必要があります。

ということで、次回からまた、
そんな太る暇がないような
体質作りの話をしていきます。

次回をお楽しみに。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。