unnamed

最新の流行の痩せるダイエットの医学的根拠の信憑性には疑問も


今回のテーマは、

最新の流行の痩せるダイエットの
医学的根拠の信憑性には疑問も

について紹介します。

よく雑誌やテレビとかで見かけるのが、

「これが最新のダイエット」

とかいって特集が組まれています。

そんな最新の痩せるダイエットの
医学的根拠の信憑性には疑問もありますね。

色んな方法が叫ばれ、

「●●を一週間飲んだら3キロやせた…」とか

即効性を謳うものもあれば、

特殊なエクササイズや
トレーニングを紹介する物、

サプリメントを紹介したり、
生活習慣を変えてダイエットする物

などあらゆる新着情報が紹介されています。

まるで一発屋の芸人さんのように
流行り廃りが繰り返され、

出てきては消え、出てきては消え、、

を繰り返しています。

私たち消費者は目新しいモノが好き

という厄介な特徴があります。

実際私もいくつか購入したり
試したものがあります。

しかしダイエットは健康や美容と
深い関わりのある大切な事です。

お笑い芸人さんが消えていく、、

とは違うのです。

信憑性が極めて大切なはずです。

大切な自分の身体、そして
家族の身体を守る為に

賢くなる必要があるのです。

しかしテレビ番組では「捏造、やらせ」
などが問題になったりします。

データや専門家の意見を聞いたりと
もっともらしいダイエット理論
見聞きする事も多いですが、

果たしてこう言った情報を
どこまで信じればいいのでしょうか?

医師=ダイエットの専門家…ではない

私たちは白衣を着た医者に
盲目的にしたがってしまう
傾向があります。

しかし冷静に考えてください。

そもそも

医者=ダイエットの専門家

ではないのです。

彼らは医学生時代から
ほとんど栄養学を学びませんし、

医師になってからも多忙過ぎて
しっかり栄養やダイエットの知識を
学べる余裕はないのです。

確かに人体のスペシャリスト
かも知れませんが、

彼らが学ぶのは手術や薬の処方について

体の細胞レベルから健康になり、
真に若返りやダイエットに成功する

といった方法を研究している
訳ではないのです。

「医師がすすめるダイエット」
「医師がすすめるサプリメント」

などと聞くととどうしても
信憑性を感じてしまいますが、

通販で売られる怪しげな方法

「3日で○○kg痩せた!」

と言ったような流行のインチキ
方法とあまり変わらないのです。

面白い事に、

マーケティングの研究では、

サプリメントでも
洗剤など日用製品でも、

コマーシャルに使う役者に
白衣を着せるだけで

その商品の売り上げは上がるそうです。

コマーシャルに出てくる白衣を
着た人は医者ではありません。

ただの俳優がセリフをしゃべっている
だけなのです。

にも関わらず、その商品は良いもの
というイメージを抱きます。

私たちは無意識のうちに

白衣=信頼できる

という刷り込みがなされているそうです。

最新の痩せる短期的ダイエットが失敗する理由

お医者さんを散々けなして
しまったわけですが、

もちろん中には
素晴らしいお医者さんもいて、

しっかりとした知識に基づいた
ダイエットを提唱する方もいます。

しかし、短期的に体重を落とす事に
フォーカスしている方法には問題があります。

また理論はしっかりしていても
肝心の商品に欠陥があったり、、

例えば

酵素ダイエットが流行っていますが、

確かにエンザイム(酵素)と代謝、
ダイエットの関係は非常に重要です。

ダイエットに酵素を使うのは
間違ってはいません。

しかし酵素ダイエットが流行り
サプリメントを売り出す事がありますが、

酵素は熱に弱いにも関わらず、
滅菌のため加熱処理をする
ものもあります。

こうしたサプリメントなどの
製品の効果ははなはだ疑問です。

酵素、エンザイムが流行すれば
すぐさま商品化して売る、

という流れがあり、

その有効性をしっかりと
検証されてはいないのです。

またいくら優秀な酵素であっても

食品酵素の役割は
あくまで消化を助ける事、

「この酵素サプリですぐに痩せる!」

という事はあり得ません。

「酵素サプリメントで消化を助け
長期的に代謝が高まる」

であれば、納得はできますが、

「酵素で痩せる」というのは
理論上あり得ないことは、

勉強すれば分かることです。

巷に出回るダイエット理論は
短期的結果を常にアピールします。

私が考えるに、こういった
短期的ダイエットはほとんどが
間違いなくリバウンドしてしまう
という事です。

こういった

「流行りのダイエット」

などは、

一時的痩せた事が事実だとしても、
長期的にどうなったかは教えてはくれません。

あるいは、医学的根拠を説明したうえで、
やせていく方法があったとしても、

それが最新の理論であるならば、
まだ正確な結果は出ていないハズです。

科学的根拠は怪しいもの疑問を持とう

ダイエット市場は大きな
お金が動くため、

巧みなマーケティングが仕掛けられています。

だから、消費者が納得するような
巧みな理論やデータを引っ張り出し

また上手い言葉で誘います。

「即効で、簡単に、楽チンに」

しかし、こうした言葉に
惑わされず私たちは賢くなる
必要があるのです。

いわゆる人のコンプレックスに
つけ込む商品は良く売られるようですから、

安易な言葉に惑わされて
失うのはお金だけではありません。

お金なら取り戻すことも可能でしょうが、

健康は取り戻せないのです。

我々はもっとシビアな目を
養う必要があります。

これはアンチエイジングでも
同じ事が言えます。

アンチエイジング業界でも、
最新理論が次々に生まれますが、

それは、ダイエットの結果を測定
するよりもはるかに時間がかかります。

本当にそれが正しいかなんて
誰にも分かりません。

しかもそれらの理論は
次々と変わっていきます。

でも逆に言えば、

10年20年とやってきたダイエットや
アンチエイジングの方法があって、

しかもそれをやっている人が
実際に元気でやっているならば

その効用も信憑性がある
という事になります。

実は最新の理論よりも

古代から受け継がれてきた伝統的な
知恵に秘訣が隠されていたりします。

それがどんなに素朴な方法でも、
その人がキチンと実践して
やってきてるからです。

医学的根拠を盲信しすぎず、

疑問を持ちながら自分で考え、
ダイエットに取り組む事が大切です。

ということで、次回そんな
長年にわたって、

アンチエイジング、
ダイエットの研究をして、

実践してきた人の理論というものを
紹介していこうと思います。

それではまた。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。