ホルモンバランスの乱れで痩せにくい太る体、ダイエットが困難に

ホルモンバランスの乱れで痩せにくい太る体、ダイエットが困難に
今回のテーマは、

ホルモンバランスの乱れで
痩せにくい太る体、ダイエットが困難に

について紹介します。

以前、ホルモンの作用により

リンゴ型、洋梨型
体型が変わってしまう

という話しを紹介しましたが、

人体にほんの微量で
影響を与えるホルモンの力は

脂肪の燃焼度にも大きく
関わっている事に、

多くの人は気づいていません。

健康的に美しく痩せる
ダイエットの方法については

このサイトでは別のテーマで
じっくり今後も詳しく解説しますが、

ホルモンバランスが乱れると
太りやすくなるのは間違いありません。

またダイエットも困難になります。

例えば、

閉経期を過ぎた女性は体重が、
2,3kg増える傾向にあります。

しかしこれはむくみが原因ではなく、
本当に体重が増加している事が多いのです。

老化によりホルモンバランスが乱れ

痩せにくくなったり、
体脂肪が増えてしまうのです。

だからこそ年齢がいくつであれ、

健康的なダイエットを目指す上でも、

適切なホルモンバランスを
保つのは大切なのです。

スポンサーリンク

エストロゲンのバランスが崩れ太る

一般的に年を取るにつれて
あまり体を動かさなくなるので、
太りやすくなるわけですが、

それだけでなく
ホルモンのバランスに関しては

女性ホルモンに対して
男性ホルモンの割合が多くなり、

お尻よりもお腹周りの脂肪が
つきやすくなります。

これは皮下脂肪ではなく
内臓脂肪が増える事になり、

落ちにくい脂肪がつくと言う事です。

つまり痩せにくい太りやすい
体質を作ってしまうという事です。

またエストロゲンのバランスが乱れ
ダイエットが困難になります。

ホルモン補充療法を行うと、
頻繁にむくみを感じる事があるようですが、

これも継続的にエストロゲンが
補充されバランスが崩れているからでしょう。

本来ならエストロゲンが減る時期に、

ホルモン補充療法をすると
人為的にその量が増えるからです。。

補充治療をしなくても
環境ホルモンや有害エストロゲン
が知らず知らずのうちに

体内にとりまれれば、、

つまり、年齢に関わらず
ホルモンバランスが崩れると
太りやすくなってしまいます。

さらに恐ろしいのが、

「私はホルモン治療なんて受けていません!」

という場合でも、

農薬や化学薬品、化粧品や
ピル、環境ホルモン、

などから、体内に偽物の
ホルモンが混入して、

徐々にダイエットが困難になる
という可能性もあるのです。

インスリンとグルカゴンのバランスが乱れ太る

また食材だけでなく食べ方も
問題があるケースもあります。

血糖値を安定化すると言う役を担う

インスリンとグルカゴンという
二つのホルモンバランスが乱れる事でも、

容易に太る事になり、
ダイエットが難しくなります。

血糖値を下げるインスリン
血糖値を上げるグルカゴン

と言う全く反対の働きをする
二種類のホルモンの微妙なバランスが
血糖値を正常な状態に保つのですが、

砂糖や甘い糖質を過剰に摂取すると、

インスリンのレベルが急激に上がり、

その結果、インスリンがブドウ糖を
脂肪に変えてしまい蓄積し

太ってしまうのです。

こうした原因はただカロリーに
あるだけではなく、

ホルモンが関わっているのです。

脳や身体のエネルギー源は
ブドウ糖なので

必ず必要なものですが、

血糖値はある一定の範囲内に
保たれていなければなりません。

しかし、甘いものを食べ過ぎたりすると、
一定を保たなくなります。

つまり血糖値をコントロールする
ホルモンバランスの

シーソーがインスリン側に偏り
バランスが崩れます。

それが太る原因になるのです。

そしてそこで培った
脂肪は簡単には燃えてくれません。

痩せにくい脂肪が
お腹周りなどにつき始めます。

ホルモンバランスの乱れを整えるには

そういった意味でも

適切な食事をする事、
定期的に運動をする事は

性別や年齢を問わず大切です。

特に適度な運動はホルモンバランスは
正常に整えられる効果があります。

特に閉経期前後の女性の健康にとって
重要な意味合いがあります。

運動は、骨粗鬆症にかかるリスクを
減らす大きな要因の一つですし、

もちろん健康な心臓血管系と運動の
関係については既に立証もされています。

運動は、心臓血管系の健康を
左右する血圧、血中脂肪、コレステロール、
血糖値のコントロールに良い効果があります。

体全体の循環が良くなれば、

適材適所の体はホルモンを
使えるようになるからです。

もちろんダイエットにも
素晴らしい効果があります。

普段運動をしない女性は、
定期的に運動をする女性に比べて、

中程度以上ののぼりやほてりを
経験する可能性が高い事も知られています。

運動プログラムは、
いつ始めても遅いと言う事はありません。

10週間も続けてみると、
かなり健康状態も良くなってくるのが
分かるはずです。

体重も自然と落ちてくるでしょう。

食事でホルモンバランスを整えましょう

また血糖値をコントロールする
ホルモンは食事内容の影響を
微妙に受けます。

例えば、

炭水化物質はインスリンの
放出を促進し、

たんぱく質はグルカゴンの
放出を促進します。

特に単純糖質と呼ばれる
砂糖や精製炭水化物は、

血糖値を急激に上げてしまうので、
こうしたホルモンバランスを乱します。

また農薬や殺虫剤を使った農作物や
成長ホルモンを投与された家畜など、

食材そのものにホルモン攪乱物質が
混入されているリスクが高いわけですから、

このように何を食べるかによって

あなたのホルモンバランスは
微妙に変わってくるのです。

健康になる方法も美しく痩せる方法も
アプローチに変わりはありません。

このサイトでも紹介している
適切な食生活を送る事を心がけ
運動の習慣を持ちましょう。

これまで紹介してきたテクニックを
もう一度復習してほしいと思います。

ホルモンバランスが乱れ
太リやすくなった人も

ダイエットが困難になった人も
これら適切な習慣を継続する事で
再び整えられます。

ただ現在、特に身体が弱い場合や
重度の骨粗鬆症にかかっている場合など

運動プログラムを始める前に
しっかりかかりつけの医者に
相談はして下さいね。

しっかり運動して栄養補給をして
ホルモンバランスを整え、

スリムで健康的な身体を目指しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。