甲状腺機能のホルモンバランスを回復し美容、健康を高める方法


今回のテーマは、

甲状腺機能のホルモンバランスを
回復し美容、健康を高める方法

について紹介します。

甲状腺ホルモンには

食べたもの(特に炭水化物)を
エネルギーに変換する役割をしている

ミトコンドリアの数を
増やす働きがあります。

つまり甲状腺の健康レベルが下がり、
甲状腺ホルモンが少なくなると、

エネルギーを十分に作られず、
元気も出ませんし、

エネルギーを燃やして
体温を上げる事もできないので、

冷えに弱くなるなどの
症状が現れてきます。

その他、甲状腺ホルモンが
低下する事により様々な症状が
起こります。

甲状腺機能低下症

による症状は200種類以上にものぼります。

バセドー病は典型的な
甲状腺異常による症状ですが、

他にも少し例を挙げると、

体脂肪及び体重の増加、
気分の落ち込み(抑鬱状態)

集中力の衰え、記憶力、認識力、
精神活動の鈍化、疲労感、

髪が薄くなる、肌や爪が薄くなる、

などです。

女性の美容と健康を損なう
症状の数々です。

こう言った症状に陥らないためにも

甲状腺機能を回復させ
健康を高める方法を実践していきましょう。

スポンサーリンク

甲状腺機能を回復させる方法

まず、

初めにアドバイスしたいのが、

『海藻類をしっかりとる事』

海藻類には、甲状腺の正常な機能に
欠かせないミネラルである

ヨウ素、セレン

がたっぷり含まれており、

それ以外にもカルシウム、
カリウムをはじめたくさんの
微量ミネラルが豊富です。

甲状腺機能の健康にとって
素晴らしい栄養補給になります。

ホルモンの症状を予防する
働きがありますから、

海のミネラルをしっかりと
補給しておきたい所です。

また食物繊維が豊富なので、
腸内改善に効果的で、

ホルモンバランスを整えてくれます。

また、食塩のような調味料として使う
グラインダー入りの海藻なども売っています。

それを料理やスープ、サラダに加えると、
味が締まりよくなります。

こういったミネラルは
サプリメントの形でもいいですし、

いわゆる青色サプリメントや青汁

ケルプ(ブラダーラック)
クロレラ、スピルリナ、小麦若葉、
わかめ、昆布など緑色の食品に豊富です。

こういった栄養素がしっかり入った
食材を食べることで甲状腺機能は
バランスよく高められます。

甲状腺機能の健康を高めるミネラル

また他にも、甲状腺機能
にとって大切なミネラルは

亜鉛とセレンです。

これらミネラルは、不活性ホルモンを
活性ホルモンに変えるのに
効果を発揮するミネラルです。

セレンが豊富な食べ物は、

ブラジリアンナッツ

このナッツを一日2回取ることで
治療効果が期待できるほどの量の
セレンは補給できます。

ブラジリアンナッツは
非常に強いナッツなので、

おやつ感覚で食べ過ぎると
(特に女性は)バランスを
崩す事もあるので注意です。

少量ずつ食べ始めましょう。

また、

魚介類、トマト、ブロッコリー、
全粒粉、ビール酵母にも含まれています。

サプリメントで甲状腺機能を
高めたい場合、

亜鉛は一日25mg、
セレンは一日200マイクログラム
まで摂取できますが、

それ以上は摂取しないほうが良いですね。

セレンの過剰摂取は身体に害がある
と言う報告もありますし、

稀なケースですが、亜鉛の摂取で
吐き気を催す事もあります。

美容効果に執着して
こうした栄養素を取りすぎる
方もおられるようですが、

再三注意しているのが、

「程よいバランスを狙う」

ということです。

何ごともバランスを崩したら
逆効果になることは覚えておきましょう。

甲状腺ホルモンの健康の鍵はバランス

バランスの良い栄養摂取が、
甲状腺機能を高めるのです。

海藻も適量であれば健康に良いですが、

過多になると弊害もあります。

甲状腺ホルモンは
低下すれば様々な問題が出ますが、

過剰になっても
様々な問題が出ます。

しっかりとバランスを考え、

サプリメントを取る場合も、
できるだけ食べ物と一緒に
摂取して下さい。

また甲状腺低下症の典型的な
兆候として足や顔などが「むくむ」
事があるのですが、

基本的に塩分過剰が
問題になっていますが、

血中の甲状腺ホルモン濃度が低下すると

ナトリウムとカリウムの
バランスが崩れ、

水分貯留につながります。

加工食品やファーストフード
保存食などを食べ過ぎれば、

添加物と共に食塩過多となり
バランスを崩してしまいます。

こうした工場由来の食べ物を
できるだけ避けると共に、

フルーツや野菜などカリウムを
豊富に含む食品をたくさん取る
ことでむくみは解消されます。

甲状腺の健康とストレス、運動

甲状腺ホルモンの
欠乏症状の原因は様々で、

甲状腺自体の機能が
低下しても症状はもちろん出ますが、

身体の甲状腺ホルモンに対する
感受性が落ちていても発生するのです。

これらの多くの原因は

ストレスと言われています。

ストレスが原因で

サイロキシンをトリヨードサイトニンに
変換できないようになり、

欠乏症状が出る事もあります。

心と体は直結していますし、

特に脳への刺激の影響でホルモンの
分泌は変わってくるものです。

ストレスと上手くつき合う事は、
健康に取って大切な事ですが、

甲状腺のホルモンバランスにとっても
大切なのは言う間でもありません。

またこれも当たり前の話ですが、

美容、健康全般にとって『運動』は
常に有益な効果があります。

新陳代謝を活発にしてくれますので、
新陳代謝が悪いと感じた時は

運動は大きな効果をもたらしてくれると
覚えておきましょう。

美しく元気な女性の生活は

栄養と運動、ストレスとの対処で
決まって来るものです。

甲状腺と言う美容健康を守る
大切な器官をこれまで紹介してきましたが、

今回の具体的な方法を紹介した
コンテンツを参考にして、

甲状腺機能のを回復させ
健康を高まるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。