アルファルファ・ハーブのホルモンの女性の美容、健康への効果


今回のテーマは、

アルファルファ・ハーブのホルモン
の女性の美容、健康への効果

について紹介します。

アルファルファは
和名をムラサキウマゴヤシと呼び、

南西アジアが原産とされる
多年草植物です。

この植物は当時
人間が消費する食品と言うより、

牧草として利用するために
栽培され始め、

何世紀有史以前に遡ると、
動物の餌として与えられていました。

紀元前一世紀には
ギリシャやイタリアで
栽培されていましたが、

その後ヨーロッパの他の地域に広がり、

スペインの探検家たちによって
南アメリカに持ち込まれます。

日本には明治時代に
入ってきたと言われますが、

酸性土壌の多い日本での
生産はあまり定着せず、

ごく一部が野生化しているのみです。

ただ、1980年代には健康食品として流行し
最近ではハーブサプリメントとしても
販売されています。

スポンサーリンク

スプラウト、そしてアルファルファ

日本では最近ではまた
スプラウトブームで再び
アルファルファが注目され始めていて、

もやしの形でアルファルファを
とっています。

発芽させたスプラウトは
栄養価が凝縮しており、

女性の美容、健康、長寿を
サポートしてくれます。

発芽させるとより消化しやすくなり、
栄養も増大し、食品価値が高まります。

アルファルファの未熟葉は
野菜として食べられたり、

お茶を作るのに用いられる事もあります。

この植物は多くの枝を広げ、
(30~91cm)の高さにもなります。

温帯地域のもとも暑い地方や
熱帯の最も涼しい地方で良く育ち、

その螺旋型のさやは
6~8個の小さな、

茶色や黄色っぽい実を持ちます。

実は卵形や腎臓の形をします。

「アルファルファ」のホルモンへの効能

アルファルファには、
たくさんの栄養素が詰まっています。

さらに植物エストロゲンの作用もあります。

その事から、女性の美容、健康効果のため
ホルモンのバランスを整えるために
特にエストロゲン優位の場合に用いられます。

ハーブとしてだけでなく食材としても
アルファルファは栄養豊富な植物で、

含まれる栄養素として知られているのが、

ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE,
カロテノイド、

カルシウム、カリウム、鉄

と言ったビタミン、ミネラルがあります。

またタンパク質も豊富なので、

美容、健康にとって
素晴らしい作用をします。

これも女性にとっては嬉しい
栄養素と言えます。

アルファルファはドライハーブとして
粉状の形で服用も可能ですが、

アルファルファのスプラウトを
生のままで食べるとその数倍の
栄養価がありますので、

アルファルファスプラウトを、
サラダなどにして食べると素晴らしいですね。

アルファルファの食べ方、使い方

アルファルファは細く、
生で食べても味が良いので、

サラダ、サンドイッチ、オードブル
に入れたり、

スープ、シチュー、オムレツ、
野菜料理やタコスのような
加熱料理にも加えられたりします。

最後にアルファルファを
ガラス瓶で作る方法を紹介します。

ステップ1.

アルファルファの乾燥種子を
約大さじ1杯用意する

ステップ2.

種子を一晩水につけておく、

水気を切って良く洗い、
滅菌した広口の大きなガラス瓶に入れる

ステップ3.

ビンの口をチーズクロスやモスリンで覆い、
針金か輪ゴムでしっかり止める、

ガラス瓶をひっくり返して
温かく暗い場所に置いておく、

ステップ4.

種子をぬるま湯で1日2回洗う、

これを3、4日続けます。

水気を切ってビンに戻し
水が完全に切れるようにして
(種子は乾き切らないように)

同じ条件の場所に置きます。

ステップ5.

芽が(4~5cm)の長さになったら、
一日太陽光に当てて、

葉を緑色にしたら出来上がりです。

冷蔵庫で約1週間保存できます。

乾燥種子は密閉容器に入れて、
涼しく乾燥した場所におけば
1年ほど貯蔵できます。

ハーブとしての服用量

ドライハーブを3~10g相当量を1日3回

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。