unnamed

ホルモンバランスを整える女性の健康、美容効果のあるハーブ、薬草


今回のテーマは、

ホルモンバランスを整える女性の
健康、美容効果のあるハーブ、薬草

について紹介します。

洋の東西を問わず、

薬草、ハーブというのは
古くからホルモン関連の症状を
和らげるために使われてきました。

現代のように化学物質の
力に頼るまでもなく、

自然の力で心身の健康を
整えてきたのです。

そんなホルモンバランスを整える
効果のあるハーブを詳しく紹介します。

今でも、私たちは、

長年にわたち使われてきた
ハーブの知恵や経験を活かして
活用することが出来ます。

また多くのハーブは臨床試験も行われて
その有効性が認められてきています。

ハーブはホルモンの健康にとって、
目を見張るような効果がありますし、

更年期の治療などにも効果を発揮します。

美容効果ももちろんあります。

が、あくまで一般論として、
以下の事は注意しておいてください。

妊娠中や授乳期間なら
お医者さんの指導に従うなどして
摂取して下さい。

またどのような種類の医薬品であれ、

ハーブと相互作用してしまう
可能性もあるので、

併用を避けた方が良い場合もあります。

ピルの服用やホルモン補充療法を
やっている場合など特に気を付ける
ようにしましょう。

私たちの身体に作用するハーブ、薬草の力

以上の前提を踏まえた上で、

最近ではデパートやスーパーにも
様々なスパイスが売られており、

お茶売り場に行けば
バラエティに富んだハーブティーが
売られています。

ハーブ専門店も見かけるようになりました。

少しずつハーブを生活に取り入れる
ライフスタイルも浸透してきました。

が、未だに

スパイスは香辛料、
ハーブは香り付けに利用する

と言うイメージが強いですが、

実際にスパイスは
ただ辛いもの…と言う訳ではなく、

調味料や薬味として用いられる
食材となる植物の総称であり、

ハーブのうちで食用に用いるものは
スバイスに含められています。

そしてこれらハーブやスパイスは
健康に非常に役立ってくれるのです。

これから紹介していくハーブは
多くの女性がホルモン関連の症状に
非常に効果があると認められている

ハーブや薬草です。

私自身ももう何年も独自に
ハーブを研究し使ってきました。

特にハーブはホルモン関係の
作用にとって最大のサポートをしてくれる
まさに奇跡のような存在だと感じます。

個人的にはホルモンだけでなく、
デトックスや栄養摂取など、
様々な場面でハーブを利用してきました。

女性の美容の為、老化防止に役立つハーブ

西洋ではヨーロッパやアメリカの
ネイティブインディアンたちが
伝統に使われたハーブだったり、

東洋ではインドのアーユルヴェーダ、
中国の漢方医学など、

薬草の知恵は発展しています。

例えば、

美容効果がある、
老化防止に役立つと

女性の間ではハーブが
注目されているそうです。

男性にとってももちろん
サポートになるのが植物の力です。

実際に、ハーブには
老化の原因となる体内の酸化を
防いでくれる効果があります。

人間の老化は細胞や血液中の
脂質が活性酸素の作用で酸化され
過酸化脂質となり

この過酸化脂質が引き金となって
起こると言われていますが、

特に現代人はストレスに満ちた生活を送り
添加物の多い加工食品を
大量に食べているため

体内で活性酸素が発生しやすく
常に肌や身体の老化の危機に
さらされていると言われています。

そこで活性酸素の被害から
身を守ってくれるのが、

ビタミンE、ビタミンCなど
抗酸化作用を持つ栄養素です。

そしてハーブスパイスには
抗酸化作用に関わる

ビタミンだけでなく、
ミネラル、酵素、ポリフェノール、

と言った抗酸化作用を持つ
ファイトケミカルが豊富に含まれており、

抗酸化ビタミン単体より
遥かに強力に作用するのです。

例えば、

青じその葉、ローズマリーは
生姜やターメリックなどは

抗酸化作用が強いです。

他にも
ローズマリーなら集中力を
高めて食欲増進する作用、

タイムには抗菌、咳止め作用、

バジルには消化促進や
脳を活性化する作用など

それぞれ様々な効果があるのです。

そしてホルモンと言う面から言えば、

植物ホルモン、ファイトホルモン
の効果も忘れては行けません。

ホルモンバランスのため質のいいハーブを手に入れよう

野菜と植物ハーブの厳密な
区別は難しいものですが、

より野菜より薬効が強い
のがバーブと言えるでしょう。

さらに薬効という意味では、
ハーブ、薬草の方が、

どんな処方薬よりも効果があると
実感しているのですが、

とは言え、ハーブも質の悪い、
出来の悪いハーブが流通しており、

そういったハーブを摂取している限り
なかなか効果は出ない事もあります。

本来自然は個性が強く違った効能を
持った植物も育つものですが、

均一化、平均化された
工場ハーブが出回っているわけです。

しかし探せば今でもしっかりと
効果のある薬草を仕入れる事が
できるでしょう。

自分で育てるのも良いですが、

信頼出来るハーブ会社から
相乗効果のあるハーブを組み合わせた
サプリメントも販売されていますので、

また、ハーブと組み合わせて
最大限の治療効果を狙って栄養素を
加えた製品もあります。

ぜひお気に入りの製品を探してみて
楽しみながらハーブを摂取してみて下さい。

私のお気に入りの
ホルモンの健康に効果がある
ハーブは以下のものです。

・ドングアイ(ヨーロッパトウキ)
・ブラックコホシュ
・カンゾウ
・チェストベリー
・マザーワート
・アルファルファ
・アカクローバー
・セージ
・サルサパリラ

…次回からこれら
ホルモンの健康に効果のある

主要ハーブの個別具体的な
詳しい説明をして行きます。

楽しみながら読み進めていってください。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。