unnamed

植物エストロゲン豊富な食品の種類、東洋医学とホルモンバランス


今回のテーマは、

植物エストロゲン豊富な食品の
種類、東洋医学とホルモンバランス

について紹介します。

前回からお伝えしている

植物エストロゲン

そんな植物エストロゲンが
豊富な食品の種類を今回は紹介します。

植物エストロゲンは
有害エストロゲンの悪影響から
守ってくれるだけでなく、

植物エストロゲンは、
私たちの健康にとっても有益な、
素晴らしい効果を持っています。

例えば、

閉経期に近づいたときや閉経後、
体内のエストロゲン値は下がりますが、

その場合、植物エストロゲンが
ちょうどホルモン補充療法のような
働きをする事があるのです。

ホルモンの治癒力に関して考えるとき、

西洋医学では、

症状に注目をし、直接悪い
部分に働きかけて治療とします。

一方東洋医学の世界では、

現れた症状を
「体全体のバンンスの乱れ」と捉え、
体全体の治癒力を高めます。

それぞれもちろん
メリットデメリットがありますが、

西洋医学で恐ろしいのは副作用です。

ホルモン製剤の副作用など
その代償は大きいものがあります。

一方では食事療法や栄養療法では
優しく穏やかに治癒力を高めるので、
安心で効果的です。

植物エストロゲンのメリット

東洋医学では

特に食生活が体調に
大きな影響を与えると考えます。

漢方やハーブなど
薬効を期待するイメージが
あるでしょうが、

それはあくまで補完的です。

ハーブ、薬草に関しても
このサイトでは紹介しますが)

中でも女性ホルモンの
バランスを整える食品やハーブから
摂取する植物エストロゲンは

更年期の初期に見られる症状だけでなく、

心疾患、骨粗鬆症、乳がんのような
長期的に起こりうる病気に対しても

効果を発揮すると言う研究結果が
数多く発表されています。

つまり、私たちは、

健康的にホルモンバランスを整える時、

植物エストロゲンを摂取することで
大きな効果を生むと言う事です。

では、これから
植物エストロゲンを多く含んだ食品
を紹介していきましょう。

植物エストロゲンを含む食品としては
大体300くらいの食品が知られています。

ホルモンのバランスを取る一番の方法は、

食事から、こういった植物性食品を
幅広く取り入れる事です。

ホルモンバランスを整える東洋医学

ハーブや食材を使った
栄養療法以外にも

体全体に優しく働きかける
いわゆる代替療法と言うのは
たくさんあります。

東洋医学の代表である、

中国の伝統医学である漢方医学や
インドのアーユルヴェーダ、

古代から民間療法として伝わる
足裏に刺激を与える
リフレクソロジー

ヨーロッパで人気の
ホメオパシーと言うのは

独自のレメディと呼ばれる
治療薬を使うもので、

これも自然治癒力を刺激し、
心と身体を立て直すものです。

他にも香りの成分から
心と身体に働きかける
アロマテラピーもあります。

どれも素晴らしいので
ぜひトライしてほしいですが、

女性ホルモンのバランスを
整えるには、

食生活が最も基盤になります。

栄養の質と量、バランスが
整えられた食生活を送る事が、

女性の健康を守ります。

なかでもやはり栄養素や薬効を
直接作用させる意味での

植物ホルモン、

この場合は植物エストロゲンを
利用した方法はパワフルです。

料理や味付けにも
こだわりを見せる事で、

楽しく健康的な
ライフスタイルを送る事も出来ます。

植物エストロゲンが豊富な食材リスト

植物エストロゲンを豊富に含む食品は
以下のリストに掲載します。

●大豆食品

大豆、きなこ、大豆フレーク、大豆ミンチ、
大豆ヨーグルト、豆乳、豆腐、味噌
テンペ(大豆を発酵させて作ったインドネシアの食べ物)

●未精製の穀物

玄米、全粒小麦、大麦、ライムギ、
きび、トウモロコシ、そば、

●豆類

ひよこ豆、エンドウ豆、ピーナッツ、
レンズ豆、らい豆、緑豆、インゲンマメ、

●種子やナッツ

ヒマワリの種、ゴマ、亜麻仁、アーモンド

●果物や野菜

フェンネル(ウイキョウ)、セロリ、パセリ、
さやいんげん、アルファルファスプラウト、
あらゆるスプラウト(新芽)、海藻、
ホウレンソウ、マッシュルーム、ルバーブ、
リンゴ、ブドウ、柑橘類、

以上のような食品に
植物エストロゲンは豊富に含んでいます。

特に重要な食品が、

大豆食品、亜麻仁、全粒小麦、
ライムギ、ひよこ豆です。

大豆食品の植物エストロゲンは
イソフラボンと呼ばれ、最近注目の的ですね。

特にホルモンの作用を和らげることで、
閉経前症候群、骨粗鬆症、心臓病、乳がん
などの予防にも効き目があると考えられており、

盛んに研究されています。

ぜひ以上に挙げたような食品を食べ、
植物エストロゲンの恩恵を受けるよう
栄養補給をして行って下さい。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。