unnamed

ピルによって不足した葉酸を補給、女性と妊婦に有益な栄養素


今回のテーマは、

ピルによって不足した葉酸を補給、
女性と妊婦に有益な栄養素

について紹介します。

ホルモンバランスと栄養学においては

ピルによって不足した葉酸を補給して
ホルモンバランスを整える事も大切です。

葉酸というのは、
ほうれん草の抽出物から発見された
B群ビタミンの一種です。

女性にとって非常に重要な
栄養素なのですが、

特に妊婦の葉酸不足は問題で、

妊娠初期(4週~12週)の
胎児の細胞分裂がさかんな時期に
葉酸不足を起こすと

胎児に神経障害が起こりやすくなる
とも言われています。

DNAを構成している
核酸やたんぱく質の合成を促進する、

という働きを持つ葉酸を、
十分摂取する必要があるのです。

アメリカでは1992年の段階で

「妊娠する可能性のある女性は、
葉酸を1日400μg摂取するべき」

と言われていましたが、

日本でもようやく厚生労働省が

2001年に母子健康手帳に
「葉酸の必要性」を
記述されるようになりました。

そんな重要な葉酸不足は
若い女性が極端な食事制限ダイエットを
してしまうことで、

葉酸不足に陥るケースもありますが、

他にもピルによって
葉酸が不足する事があるのです。

ピルが体内栄養に及ぼす影響

しかし、例えばピルによって

葉酸と言う栄養素が
不足する事が知られていますが、

体内の栄養処理は

ピルをはじめ避妊薬によって
大きな影響を受けると言われています。

そしてその現実を多くの
女性が知らないでいます。

葉酸は女性にとって
有益な栄養素なのです。

もちろん個人差はありますが、

これを適切に補給する事で
ホルモンバランスを整える事も可能です。

人によって、薬に対する反応が違うのは、
この要因が関係している可能性もあります。

エストロゲンを代謝する肝臓は、
ピルの悪影響の受ける臓器の一つです。

例えば、

カフェインなどは、経口避妊薬が肝臓で
分解されるまでの時間を長くする
と言われているので、

そのため同時に摂取することで
副作用を起こす可能性が高くなるのです。

また、ピルの服用で、
身体からアルコールが抜けるのが
遅くなる事もあります。

これは肝臓の酵素システムに
ピルが影響する為だと言われています。

ピルと質の良い食事、栄養素の関係

経口避妊薬を服用している場合、

質の良い食事を取ることは
二つの意味で重要です。

エストロゲンのせいで
むくみやすくなるのですから、

むくみを抑える意味でも塩分の摂取を
減らしたりする事は重要ですし、

精製糖分、精製炭水化物アルコールを
取り過ぎると血糖値に問題が出たり、

間接的に血中コレステロール値の上昇に
つながったりする可能性もあります。

どちらも、ピルによって
問題は悪化するのです。

またピルの服用により

葉酸をはじめとするビタミンB群が
体内で不足する場合があるので、

もし妊娠に備えて
ピルを止めようとしているのならば、

毎日400gから800gの葉酸の
サプリメントを摂取するのが
非常に重要なのです。

他にもダイエットなどで
葉酸不足になっていた場合、

初期の妊娠に気づかないで
胎児へ悪影響を及ぼすリスクがあります。

こうした場合は妊婦は
意識して葉酸を取らなければなりません。

不足した葉酸の補給の仕方

葉酸の不足と言うのは

胎児の発育中に見られる神経管の異常に
関係があると言う話もあります。

ピルをやめてから妊娠する前の最低3カ月

毎日4~800mgの葉酸を取る事が
栄養学的にはお勧めされています。

この後、体調を維持をするために
400mgに減らして

さらに妊娠後最低3カ月は
これを続けてみると良いと思います。

また、最近ピルを使用していたなら

50~100mgの
ビタミンBコンプレックスの

ビタミンサプリメントを取って
不足を補うのも良いでしょう。

特に、ベジタリアンはここに
注意した方が良いですね。

お肉を食べない人は、特に
ビタミンB12不足の可能性が高いのです。

ビタミンB群を含む食品と言うのは、

全粒粉の穀物、ビール酵母、レバー、
葉っぱの野菜、小麦スプラウト、イチジク、
デーツ、卵、ヨーグルト、アプリコット、
アボカド、脂肪の多い魚

などがあるので、
よく食べることをお勧めします。

妊娠前後の女性が気をつけたい栄養摂取

ビタミンだけでなく

亜鉛やマンガンと言ったミネラルの量も
ピルの服用で減少すると言われています。

特に亜鉛は、発育中の
胎児にとってすごく重要なので、

ピル服用をしていた人は

毎日25mgくらい亜鉛をサプリメントで
取ることをお勧めします。

亜鉛を取れる食品は、

肉、種子、ナッツ、全粒粉の穀物、ビール酵母、
小麦スプラウト、卵黄、カリフラワー、
ベリー類、レタス、マグロなど

また、マンガンを毎日5~100mg程
摂取するのもいいでしょう。

マンガンは吸収が悪いので通常よりも
多く必要とする人もいるかもしれません。

マンガンを含む食品は、

ナッツ、葉っぱの野菜、エンドウ豆、
ビート、卵黄、全粒の穀物など

です。

以上の食材やサプリメントを意識して
しっかり栄養補給して食べて下さいね。

女性と妊婦に有益な栄養素ばかりです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。