unnamed

ホルモンバランスを改善する女性の為の食事メニュー、レシピ


今回のテーマは、

ホルモンバランスを改善する
女性の為の食事メニュー、レシピ

について紹介します。

ホルモンバランスを考えた
食材や調理法があります。

これらは普段食べる事があまりない
事があるかもしれません、

食生活を変えると言う事は、

なかなか難しい反面、

ある意味、新しい食品や
調理法を発見するという刺激的な
チャレンジとも捉えれます。

でもいきなりメニューを
変えすぎるのは気が進まない…

という方は、新しいアイデアを徐々に
取り入れるようにして欲しいのですが、

これからお話しして行くプランは、

食生活でホルモンバランスを改善する

というためのガイドラインと言ったものです。

なので、あなたの好みに合わせて
レシピ、調理法などもあなたなり
に工夫して欲しいのですが、

これから紹介しするものが

「なじみがない食品だから。。。」

という理由でメニューから
外すのでなく、

ぜひうまくいきそうな方法で
トライしてみて下さい。

少し時間をかけて新しいレシピを探したり、

今までのレシピに加えたりなど、
ぜひ工夫をして下さいね。

料理のレパートリーも増え、
栄養のある食品をうまく摂取していける
ようになるでしょうから。

小麦を抜きたんぱく質を取ろう

まず、私がお勧めする食事プランは、

小麦を抜く食事プランです。

ホルモンのバランスに関連する問題は
特に月経前不快症状などは、

小麦を避けることでかなり
改善される可能性があります。

そして美容やダイエットを
意識する人は、

お肉や魚など出来るだけ
控えようとしてしまう人も多いですが、

お肉やお魚に含まれている
たんぱく質こそ、

エストロゲンやプロゲステロンなど
女性ホルモンを作る

大切な原料となるのです。

どれだけ新鮮な野菜やフルーツをとって
ビタミンやミネラルをとっても、

たんぱく質という原料が無ければ
ホルモン分泌を促す事は出来ません。

また美肌に欠かせない
コラーゲンもたんぱく質の一種です。

良質なたんぱく質を
適度に取る事は

ホルモンの元気ときれいを
叶えるために欠かせないのです。

タンパク質やアミノ酸に関しては
別の機会にじっくり紹介
していくつもりですが、

食事メニュー、レシピには
タンパク質を意識してください。

良質たんぱく質を取る食事メニュー

たんぱく質と言えば、
お肉やお魚、豆腐や納豆など大豆食品、
卵や乳製品などに

多く含まれている事が知られていますが、

野菜やお米にも
少なからず含まれています。

その中で良質なたんぱく質
と言うのはどれなのでしょうか?

それを知るには

「プロテインスコア」

を目安にしましょう。

たんぱく質を食事から取り入れ
アミノ酸に分解して体内で合成しますが

20種類のアミノ酸をバランス良く含む
食材をスコア化したものが、

プロテインスコアであり、

中でも卵と言うのは
最も優れています。

アンチエイジングやホルモンバランスを
改善する女性の為の味方になってくれます。

卵を食べるとホルモンの健康に良い

アミノ酸のバランスの良い
素晴らしいたんぱく質源であり

ビタミンやミネラルも豊富で
完全栄養食品と言われる卵ですが、

コレステロールが高い
と言うイメージを持つ人もいますが、

コレステロールには
悪玉、善玉の2種類があり、

卵には善玉コレステロールが多く、
食べ過ぎなければ問題になりません。

それどころか、
性ホルモンの原料としても使われるのが
コレステロールなのです。

良質アミノ酸と善玉コレステロール

と言うホルモン生成にとって
優れた栄養を供給してくれる

「1日1個卵を食べればホルモンが喜ぶ」

と言うくらい是非毎日
食事メニューに取り入れたいものです。

卵料理のレシピをどんどん
メニューに加えましょう。

ただし生卵は扱いに注意です。

黄身はいいのですが、
白身は生で食べるべきでありません。

ホルモンの健康のために加えたい食事メニュー

また、間食として、

果物、新鮮なナッツ、種子、
ドライフルーツやヨーグルトなど

より健康的な食品だけを
食べるようにしてみましょう。

もう少し物足りない場合は、

スープを手作りして飲んだり、

全粒粉クラッカーに何か乗せて
食べるのも良いかもしれません。

グアカモーレという

潰したアボカドにトマトやたまねぎ
調味料を加えたメキシコ料理の
レシピは私のお勧めです。

他にも、魚のパテやナッツバター
を乗せても良いでしょう。

メイン料理から少し取り分けて
それを間食にして食べるなど

色々工夫して食べて欲しいのですが、

とにかく、

甘いモノやポテトチップスのような

市販の袋菓子を避けることが
ホルモンの健康のために大切なのです。

それと飲み物は、

水分を中心にして、

ハーブティー、野菜ジュース
などを飲んで下さい。

コーヒーはできるだけ避け、

しぼりたての果汁を加えたハーブや
ジュースを飲むようにしましょう。

もちろん水分はお忘れなく、

アルコールはできるだけ避け、
週に2,3回にとどめるのが大切です。

ホルモンバランスまずは食生活を整えよう

以上、ホルモンバランスにとって良い
食事プラン、食事メニューについて
簡単に解説してきましたが、

身体に言い食生活を心がければ
女性の体調は必ず変わってきます。

楽しみながら頑張って下さい。

健康的なホルモンの状態を保つには

エストロゲンを体内から排出し、

体内に元から存在する、全てのホルモンの
(女性ホルモン、血糖ホルモン、男性ホルモン
副腎ホルモン、甲状腺ホルモンなど、、)
バランスを取ることが基本概念です。

食生活についてこれまでも語ってきましたが、

もしその食品や水、家庭用品などに
含まれる環境ホルモンに晒され続ければ、

理想のホルモンバランスを保つのは
非常に難しい事になります。

次回からそんな環境ホルモンについて
お話していきます。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。