unnamed

ホルモンバランスを整えるビタミン、ミネラルの補給摂取のコツ


今回のテーマは、

ホルモンバランスを整えるビタミン、
ミネラルの補給摂取のコツ

について紹介します。

身体にとって
炭水化物やタンパク質、脂肪は
もちろん重要ですが、

ビタミンやミネラルというのは、
身体の歯車の歯の部分です。

だからこそ、この歯車が
きちんと動いて始めて、

身体の機能はスムーズに動くのです。

そしてもちろん、

ホルモンの健康に
とって欠かせないのが
ビタミンとミネラルです。

エネルギーの生産、代謝、
ホルモンの生成、解毒、神経作用、、

そして身体の全ての
器官の機能はすべて

ビタミンやミネラルに
依存しています。

だからビタミンやミネラルを
しっかりと補給しなくては
いけないのですが、

だからと言って

「ビタミン剤をサプリメントで飲む!」

だけというのは
安直過ぎる考え方なのです。

ホルモンバランスを整えるサプリメントの効果

サプリメントは確かに
健康状態を保つサポート
にはなりますが、

食物から得られる広範囲な
ビタミンやミネラルの補給の
代わりにはなってくれません。

また、ビタミン、ミネラルは
三大栄養素があって初めて効力を
発揮する栄養素であり、

それだけをせっせと
取っても意味がありません。

正しい知識を持たず、
ただ身体にいいからと言う理由で
サプリメントを飲み続けるだけでは、

かえって健康のバランスを
崩しかねません。

サプリメントは考えようによっては
諸刃の剣ともなりかねないものです。

便利な生活と豊かな食べ物に囲まれ
現代人はますますこれから

偏った栄養バランスの中で
生きていくでしょうが、

ホルモンのためにも、

ビタミンミネラルを
不足させないよう注意が必要です。

そして同時に
サプリメントの関心もますます
高まっていくでしょうが、

自分の健康を守りたいと願うなら

サプリメントに対する
正しい知識も求められるのです。

ビタミンミネラルを摂取する食生活のコツ

では、ホルモンバランスの為の
ビタミンミネラル摂取のコツに
ついてアドバイスします。

まず大事なのが、

さまざまな食品を食べて、
幅広く栄養を取るようにしましょう。

食品の選択の幅が狭いと
必要な栄養の全てを身体に
与えてあげる事はできません。

次に、

果物と野菜は、ビタミンとミネラルを
多く含む大変優れた供給減です。

新鮮なものほど、
ビタミンは多く含んでいます。

しなびた野菜よりは冷凍野菜の方が
豊富なビタミン源であることがあります。

どんどん積極的に食生活に
取り入れ補給をしましょう。

次に、

調理法によってビタミンやミネラルを
たくさん残すことができます。

野菜などを長時間加熱することは
ビタミンミネラルを無駄に
する事になります。

もし茹でたりするなら
ササっと過熱をする方が
栄養分はたくさん残るのです。

以上がホルモンバランスのための
ビタミン、ミネラル摂取のコツですが、

食物からいかに多くの
ビタミンやミネラルを吸収
できるかが肝です。

そのためには食品をいかにうまく選ぶか?、、

だけでなく、
他の要因にも左右されます。

・食物から栄養分を逃さない調理法

・消化器官の健康を保ち
うまく栄養をフル活用する事

・食物を、栄養分の多い土で栽培させる

・食物の輸送や貯蔵、保存の方法に気を使う

・ストレスにさらされ過ぎると
体内ではより多くの栄養分が使われる

・・・etcです。

現代人にサプリメントが必要な理由

もちろん必要栄養を食事で
補給できれば最高なのですが、

以上の理由から必要量摂取するのは
難しい状況になっています。

なので良質のビタミンやミネラルの
サプリメントを摂るもの役立つでしょう。

コンビニで売られてるような安物の
サプリでは、おそらく身体の要求は
満たせません。

良質のものほど体内でうまく効率的に
使われる事が多いでしょう。

ちなみに、ホルモンのコントロールの為に
最も必要なビタミンとミネラルは

マグネシウム
カルシウム
亜鉛
クロム
ビタミンB群

です。

ぜひ良質のサプリメントを
見つけ出してみて下さい。

ただ、ビタミン摂取ミネラル摂取と言うと
最近ではサプリメントが流行っていますが、

確かにサプリメントは健康状態を
保つためのサポートにはなりますが、

食物から取れる広範囲な
ビタミンやミネラルの代わりには

残念ながらなりません。

ビタミンやミネラルが不足しないよう、
様々な食品を食べて、幅広い栄養を
摂るようにして下さい。

幅が狭いと、必要な栄養の全てが
身体に行き渡らないのです。

ビタミン豊富な食材の例

ホルモンの健康のために
ビタミンとミネラルを摂取する。

そのためにどんな食品を食べて行けばいいか。
解説していきましょう。

まず穀物ですが、

精製穀物(白米や食パンなど)は
残念ながらミネラルビタミンはあまり入っていません。

代わりに

オート麦
トウモロコシ
ライ麦
キビ
そば
キヌア
オオムギ

などを食べると良いですね。

次に、

果物の野菜は、ビタミンやミネラルの
すぐれた供給源です。

新鮮であればある程、ビタミンは
たくさん含まれているので、

冷凍野菜というのは、じつは店先で
しなびてしまっている野菜よりも
豊富なビタミン源になるのです。

少なくとも、1日3食分の果物と
3食分の野菜を食べましょう。

濃い緑の葉っぱの野菜
根菜、
たまねぎ科の野菜
緑黄色野菜、
紫の野菜

など、

毎日たっぷり食べてビタミンと
ミネラルを補給して下さいね。

ミネラル豊富な食生活の例

次に、
特にミネラルが豊富に含まれる食品は

マメ
全粒粉穀物
ナッツ、種子
(カルシウム、マグネシウム、亜鉛が豊富)
卵、
少量の肉
(鉄分、亜鉛、ビタミンB群が豊富)
イワシや鮭
(カルシウム豊富)
少量の乳製品

などがおススメです。

また、調理法によって
ビタミンやミネラルを多く残す
事もできるようになります。

特に水で茹でるのはなるべく避けて下さい。

ミネラル分が水に溶けてしまいますので
茹でずに蒸す方が良いでしょう。

また野菜類は必要以上に
長時間加熱をしないほうが良いです。

ビタミンやミネラルを残すには
できるだけ生に近い方が良いです。

加熱する場合もアルデンテな加熱をして
短期間でサッと炒めた方が
栄養分はたくさん残るのです。

参考にして下さい。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。