unnamed

食物中の女性ホルモン様物質と美容食材、おススメの豆類の種類


今回のテーマは、

食物中の女性ホルモン様物質と
美容食材、おススメの豆類の種類

について紹介します。

前回までホルモンバランスを
整える為の食生活の秘訣

についてアドバイスを
してきましたが、

特に豆類に多く含まれる
植物エストロゲンというのは、
健康的なホルモンバランスの強い味方です。

美容食材と言えるでしょう。

食材に含まれる栄養素の中には
女性ホルモンであるエストロゲンに似た
働きをする成分があります。

そう言った成分の事を

女性ホルモン様物質、
植物エストロゲン

などとも呼びますが、

植物エストロゲンが提供する、
穏やかなタイプのエストロゲンは、

更年期や閉経期後に必要があれば
エストロゲンを提供してくれますし、

反対に血中エストロゲン濃度が高すぎると
それを妨害してくれるのです。

ホルモンバランスを整える意味でも
植物エストロゲンが豊富な食べ物を食べるのは
素晴らしい行為だと思います。

大豆イソフラボンは女性ホルモン様物質

今後またこうした美容食材の
詳しく説明して行きますが、

ここでは簡単に紹介します。

結論だけ言ってしまうと、

女性ホルモン様物質
植物エストロゲンが豊富な食べ物は

豆類です。

代表的な植物エストロゲンが
大豆イソフラボンです。

特に、大豆には植物エストロゲン
が豊富ですので、

大豆食品をうまく食生活に
取り入れるのは素晴らしい事ですね。

お勧めの美容食材と言えます。

大豆イソフラボンを摂取すると、

エストロゲンが体内で
分泌されたときと同じような
働きを体内でしてくれます。

日本人女性は欧米人に比べ、

閉経後に現れる更年期症状が
軽く済む傾向にありました。

その理由として味噌や醤油、
豆腐に納豆など、

大豆製品を日常的に食べていた事と
考えられているのですが、

戦後食文化が欧米化してきた事により
日本人女性も欧米女性と同じく
ホルモンバランスの乱れに苦しんでいます。

エストロゲン不足や
PMS(月経前症候群)

生理痛の緩和にも役立つ
大豆製品はまさに

日本が誇る美人食と言えるのです。

辛い思いまでして大豆を
取って行く必要はありませんが、

一週間に五食分くらいの大豆料理を
バリエーションに分けて取って
行くのも良い事です。

女性ホルモン様物質の過剰に注意

例えば大豆イソフラボンには
素晴らしいメリットがあると同時に

食べ過ぎには注意が必要です。

特に男性や子供は
あまり食べ過ぎては行けません。

あくまで大人の女性にとって
メリットがある美容食材です。

なぜならイソフラボンが
体内に過剰になる事で、

脳はエストロゲンが足りていると勘違いし

エストロゲンの分泌を弱めて
しまう可能性があるのです。

また大豆にはビタミンEも
多く含まれており、

ビタミンEが過剰になると
頭痛や胃の不快感などの症状が
出てくる可能性もあるのです。

なので肝心あのは
女性ホルモン様物質を含む
食材を一度に取りすぎない事です。

例えば大豆イソフラボンであれば、

食品から取る場合

1日当たりの摂取量の目安は
70mgまでと言われています。

これは

お豆腐なら一丁、
豆腐なら1パック
豆乳なら200mg
サプリメントは37mg

が上限と言う事です。

大豆以外の女性ホルモン様物質が豊富な食材

大豆や豆類の他にも、

女性ホルモン様物質が方な
食材を見ていきましょう。

まずはフラックスシードです。

亜麻仁の種には有益な
リグナンが豊富に含んでいます。

リグナンは植物エストロゲンの一種で
毎日大さじ1~2杯ほど、亜麻仁を取ると

ホルモンバランスにも腸にもとても良い
影響が出てくるはずです。

フラックスシードオイル(亜麻仁油)が
日本でも流行っていますが、

亜麻仁の種にも注目です。

次に、

全ての豆類は植物エストロゲンが
豊富ですが、

特にひよこ豆には豊富に含まれています。

また、

全粒粉の小麦粉とライ麦にも
植物エストロゲンが豊富なので、

不快なホルモンのアンバランスを
改善してくれるはずです。

最後に、

アルファルファやもやし豆のスプライトなど
発芽種子も植物エストロゲンが豊富です。

サラダに加えたりなど、
ぜひ新しい味を楽しんで下さい、

以上がお勧めの食材と言えます。

女性ホルモン様物質をサポートする栄養素

さらに以下の栄養素は、

女性ホルモン様物質の分泌や
バランスを整える事をサポートしてくれる
ミネラルですので、

一緒に取り入れる事を意識しましょう。

・亜鉛

女性ホルモンの生成に関わるミネラルで
ホルモンの分泌を促します。

亜鉛が不足すると
ニキビや肌荒れを起こしたり、

爪が割れやすくなります。

(多く含まれる食材)

カキ、牛赤身肉、ラム肉、するめ、うなぎ

・鉄分

体温の維持や疲労回復、
免疫アップにも欠かせない鉄分ですが、

不足すると冷えを招き、
ホルモン分泌に被害が出ます。

(多く含まれる食材)

牛、豚、鶏のレバー、あさり、
干しひじき、大豆、小松菜

・ホウ素

人間の身体に必須のミネラルの一つで、

エストロゲンを活性化させる
働きがあると言われています。

水溶性なので、生のまま食べるか、
スープにする事で効率よく摂取できます。

(多く含まれる食材)

キャベツ、りんご、ぶどう、ピーナッツ

以上の食材を豊富に
食生活に取り入れることで

女性ホルモン様物質の働きで
自然に優しくホルモンバランスが
整えられていきます。

お勧めの美容食材を参考にして下さい。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。