unnamed

副腎の機能の健康を高め、副腎皮質ホルモン分泌を回復させる方法


今回のテーマは、

副腎の機能の健康を高め、
副腎皮質ホルモン分泌を回復させる方法

について紹介します。

これまで伝えてきたとおり

ストレスまみれの現代社会
において大切なのは、

副腎をいたわってあげる事です。

そのために副腎の機能をしっかりと
回復させてあげる方法を学びましょう。

副腎と言う名前から、

腎臓の「副」…つまりサブ的な
機能しか果たしていないんだろうと、

副腎と言う器官をいたわる事を
おろそかにする人が多いのですが、

ホルモンの健康にとって
きわめて重要な役割をする臓器です。

性ホルモンだけでなく
コルチゾールなどいわゆる

副腎皮質ホルモン分泌する
大切な臓器なのです。

副腎を回復させる食事法

まず最初に大切なのが、

食べ物によるストレスや刺激を避ける事。

具体的には、

過度な糖分やアルコール、煙草、
コーヒーや濃い紅茶などは
避けるようにします。

嗜好品と呼ばれる
いわゆる刺激物を取りすぎると

副腎にダメージを与えます。

またもし副腎にストレスが
かかっている場合は、

日常のストレスに対処することで
副腎を回復させてあげる事が
本当に重要です。

では日常生活において大きな影響を
与えるストレスは何なのか?…

これはあなた自身が一番
良く分かっていると思います。

じゃあ、それに対処するために
どんな作戦をとるのか?

実はこれもほとんどの分かっている
モノばかりのはずです。

問題はそれを実行するか
どうかだけなんです。

今日こそが実行に移す日
なのではないのでしょうか?

副腎の回復を目指すストレスコントロール法

副腎の機能を回復させるために
まず大切なのはストレスの害を減らす事、

基本的に覚えておいてほしいのが、

ストレスと言うのはただの刺激です。

そこに良いも悪いもない
ニュートラルなものです。

だからこそコントロール法は

良いストレスを受け入れ、
悪いストレスを避ける事です。

その捉え方も人によって
変わるものなのですが、

基本的には、

自発的かつ自分でコントロール
出来る刺激は良いストレスです。

(例、筋トレ、チャレンジ、旅、
パーティーに参加など)

逆に受け身的で、自分で
コントロールできない刺激は
悪いストレスとなります。

(例、ノルマ、転勤、上司との飲み会、
嫌いな労働など)

副腎皮質ホルモン分泌のためのストレス対処

例えば、

仕事であっても

嫌な仕事と好きな仕事では
心身への負担が変わります。

心の持ち用によって

身体は敏感に反応し、

副腎が刺激され、
副腎皮質ホルモンが分泌します。

しっかりコントロールする事が大切なので、
これから言うヒントを参考に実行していきましょう。

<ストレス反応を変えるヒント>

●作戦を立ててない人はまず作戦を立てる

●目標を設定する

●実行可能な手段や目標に標準を合わせる

●積極的な目標を定める、
消極的な目標を立てない

たとえば、

「できたら、、
たばこは吸わないようにする…」

じゃなくて

「私は煙草をすいません」

のように

●もっとたくさん楽しい事をする

●「たぶん」と言いそうになったら、
ハッキリと「イエス」か「ノー」か
を言えるようにする

●毎日、自分のための休息時間を確保する

●休暇を入れる

●健康にいいものを食べて元気でいる
具合が悪いとストレスになります。

●自分の力で変えられる
ものは変える努力をする、

自分の力でどうしても変えれない
もの気にするのは止める

・・・

副腎を癒すナチュラルな方法

ちなみに今後詳しく紹介
していくつもりですが、

こうした副腎皮質ホルモンと
同等の効果がある合成薬として、

ステロイド薬剤などが、
腫瘍から皮膚病まで

病院医学では使用されますが、

これらはホルモンのバランスを
大きく乱す危険な物です。

副腎の健康もナチュラルな
自然なアプローチが必要です。

ホルモンは全体の
ハーモニーで成り立ちます。

そしてそのハーモニーの
バランスを整えるのは、

生活習慣にほんの小さな
良い影響を与える、

そこからスタートなのです。

さらに副腎のストレスを減らす
食事療法やサプリメントなど
今後も紹介していくつもりですが、

いちばん効果があるのは
ストレスへの反応の仕方です。

副腎を癒してあげる為に、

とりあえず、今日は上のリストを参考に
日々のストレスを減らしていって下さい。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。