unnamed

ホルモン全体のバランスを整えるのが美容、健康、長寿の秘訣


今回のテーマは、

ホルモン全体のバランスを整える
のが美容、健康、長寿の秘訣

について紹介します。

女性のエストロゲンや
プロゲステロン、

男性のテストステロンなど
性ホルモンというのは、

それぞれ大切な役割があり、

男性らしさ、女性らしさを
司る大切なホルモンです。

しかし、

最終的にはホルモン全体の
バランスを整えるほど

いつまでも美容、健康、長寿を
保つ事ができるのです。

何かひとつのホルモン、
何かひとつのテクニック

で健康を目指すのは危険です。

女性がホルモンの健康な
バランスを保つ為に、

エストロゲンとプロゲステロン

に注目しているだけでは
十分とは言えません。

男性が健康でいる為に
テストステロンさえ分泌させれば
良い訳ではありません。

ホルモンには本当に
たくさんの種類があり、

それらすべてが絶妙に協力し合って
バランスがとられています。

なので、その中の1つでも調子が崩れると
残り全てのホルモンに影響が出ます。

今後詳しく解説していきますが、
以下のホルモンにも注目してください。

自律神経をコントロールするホルモン

甲状腺ホルモンと言うのは、

首の付け根、のど仏の
下くらいにある甲状腺から
分泌されるホルモンです。

新陳代謝機能や自律神経の
コントロールに関わっていて、

心身の健康を維持してくれています。

甲状腺ホルモンが
過剰に分泌されたり、

その逆に不足したりすると

身体のあらゆる機能に
異常が起き始めます。

特に乱れれば一気に
美容を崩す可能性があります。

症状としては、
甲状腺ホルモンが過剰に
分泌された場合は、

病的に痩せてしまったり、
下痢が増えたり、頻脈になる事があります。

逆に不足すると、
低体温や肌の乾燥などが起こりやすく、

どちらの場合も、
月経不順を招きやすくなります。

ホルモンの原料になるホルモン

DHEAというのは、

男性ホルモンの一種ですが、

腎臓の横にある副腎から
分泌されていて、

このホルモンが女性ホルモンを始め、

約50種類に変化する
ホルモンの原料とも言えます。

細胞の再生や性機能の改善、
抗うつと言った様々な機能に
関わっています。

これも美容、健康、長寿を
司る大切なホルモンです。

ストレスから身体を守るホルモン

別名ストレスホルモンと呼ばれる

副腎周囲にある副腎皮質
から分泌されるホルモンの一つで

コルチゾールは、

何らかのストレス負荷
(絶食、激しい運動、感染、
痛み、心理的ストレスなど)

がかかると分泌されます。

このコルチゾールが過剰になると
肥満、血糖値の上昇、骨粗鬆症、
免疫システムの不均衡など

幅広い副作用をもたらします。

身体の血流を整えるホルモン

アンドステロンというのは

コルチゾールと同じく
副腎皮質から分泌される
ホルモンの一種で、

身体の脱水症状を防ぎ、

血液中を弱アルカリ性に
保つために働いています。

アンドステロンが
アンバランスになると、

表情から覇気がなくなり、

血圧の低下や多尿、
疲れてすぐに横になりたくなると言った
症状が現れてきます。

ホルモン全体のバランスを整える事

以上重要なホルモンのごく一部です。

病院ではホルモンの
状態を調べる検査もあります。

「自分のホルモン分泌量は正常か?」

など気になる人は調べてみてもいいでしょう。

これは血液中のホルモン量や
ホルモンバランスを調べる血液検査とともに

血管や骨密度、筋肉量など
身体を相対的に検査するものです。

過剰でも、不足でも
ホルモンバランスが乱れると
心身に影響するのです。

私たちの体内では、
全てのホルモンが微妙に
関わりを持っているので、

ホルモン全体のバランスが
取れてさえいれば、

恐らく多くの健康上の問題は
解決されます。

かなり美しさを保ち続ける事が
できるでしょう。

そして、元気なまま
長生きする事ができるのです。

ダイエットやアンチエイジングの
秘訣もホルモンにあります。

ホルモンというのは
多くのパターン化された

フィードバック機構が
集合して働いています。

バレエのダンスのように、

小さな踊りやステップが
たくさん組み合わさって

全体的なダンスが出来上がりますよね。

同じようにホルモンも、

小さなフィードバックが絡み合い
大きなフィードバック機構が
出来上がっています。

エストロゲンやプロゲステロンの
ほかに重要なホルモンは、

血糖調節ホルモン
ストレスホルモンである副腎ホルモン
甲状腺ホルモン

…なども大事です。

これらホルモン全体のバランスを
整えるのが美容、健康、長寿の
秘訣なのです。

こうした希望を叶えるため、

次回以降性ホルモン以外の大事な
ホルモンについて詳しく説明していきます。

では今回はこの辺で。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。