unnamed

初潮と卵胞刺激ホルモン、黄体ホルモン(プロゲステロン)の働き


今回のテーマは、

初潮と卵胞刺激ホルモン、
黄体ホルモン(プロゲステロン)の働き

について紹介します。

女性の一生をコントロールする
ホルモンの働きですが、

成長、健康、生殖、老化、

人生の全てのフェーズに
関わる物です。

女性にとって初潮の始まりにも

ホルモンがもちろん
関わっているのですが、

今回は特にエストロゲンと並ぶ
プロゲステロンと言う

女性ホルモンの代表のもう一つ

卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモン
(プロゲステロン)

について詳しく紹介していきます。

前回に引き続き女性ホルモンについて
しっかりと理解していきましょう。

男女の性差とホルモンの働き

赤ちゃんの頃から
もちろん男女の性差は
特徴がありますが、

幼少期から子供の頃は
それほど顕著には見られません。

女性が思春期を迎えると、

それまでは活動していなかった
女性ホルモンが活動を始めます。

その指令を出すのが、
前回も説明した視床下部です。

視床下部が下垂体に

卵胞刺激ホルモン(FSH)と
黄体ホルモン(LH)

を出すように命令します。

この二つのホルモンが、

卵巣を成熟させて受精可能な
卵子の排出を促すんですね。

そして、子宮内膜は厚くなりますが、
受精が起こらないとはがれ落ちます。

これが初潮です。

神様は私たち人間を
男性と女性に分けました。

そして受精して妊娠をして
出産をするのが女性の役割です。

その働きをじっくり作るのが
ホルモンの役目の一つなのです。

プロゲステロン不足に陥る現代人

シンプルに言えばそう言う事ですが、

現代の女性にはそれ以外にも
大きな役割があります。

ところが、前回まで
紹介しているように、

現代社会では
ホルモンバランスを乱す
環境要因が多く、

それが心身の健康に影響します。

黄体ホルモンはプロゲステロンと
いう名前で知られていますが、

エストロゲンと相乗的に働きます。

プロゲステロンの働きの一つが

心を落ち着かせる鎮静の
ホルモンでもあります。

不足すれば、

不安になったりイライラしたり、
抑うつ状態になる事もあります。

頭痛や月経困難症、
骨粗鬆症や体重増加など
様々な症状を引き起こします。

プロゲステロンが
不足する理由は色々あるのですが、

加齢以外にも、ストレスや
ビタミン、ミネラルの不足、

糖質のとり過ぎなどが挙げられています。

また多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
と呼ばれる疾患になる事によっても

プロゲステロンの分泌量は低下します。

現代人は日々、強いストレスに
さらされていますが、

特に若い女性の間では
「食事を抜いてケーキだけ」

と言う食生活をしている
人も多いようですが、

こうした生活習慣は

プロゲステロンが不足する
条件がそろっている

と言っても過言ではありません。

昼食をゆっくり取る時間がなく、

コンビニでおにぎりを買ってきて
オフィスのデスクでぱくつく、、

と言う人も危険です。

そう言った習慣があり
体調不良を感じるならば、

プロゲステロン(黄体ホルモン)
不足が原因かもしれません。

プロゲステロンとエストロゲンのバランス

前回のエストロゲンの
紹介でも触れましたが、

エストロゲンとプロゲステロンの量は

バランスを保つ事が大切です。

エストロゲンだけが過剰になって
「エストロゲン優位」になると、

副作用として、

乳がん、子宮がんのリスク増、
体重増加やむくみ、うつや睡眠障害
イライラなどが起こる事があります。

プロゲステロンがしっかり
分泌されるようになれば、

骨や脂肪へのエストロゲンの
作用に相乗効果をもたらします。

エストロゲンとのバランスを
適切に保つように自然に整えられれば、

コレステロールを下げ
脂肪を減らしてくれる一方で

むくみをとり血圧を落ち着かせるなど
健康への効果が得られるほか、

頭髪を増やしたり
代謝を上げてくれたりする効果も認められ、

骨密度の保持やPMSの改善、
乳がんや子宮がんの予防効果もある事が
研究で示されています。

多嚢胞性卵巣症候群の
改善にもつながります。

このようにプロゲステロンは
エストロゲンの効果を高める一方で

行き過ぎた面をサポートしてくれる
心強い相棒と言えるホルモンです。

だからこそこのバランスを保つ
生活習慣をする事は
非常にに大切です。

女性の人生とホルモン

女性は、初潮から3年ほどで、
規則的な月経周期が確立されます。

ほぼ、40年に及ぶ妊娠可能期間中に
女性は約400回の月経を経験する
と言われています。

この回数は個人差があるのですが、

初潮の時期が遅く、閉経の早い
国に住む女性の場合

一生のうちに100回ほどしか生理を
経験しない事もあるそうです。

こうやって、女性としての
新しい人生が始まって行くのですが

そこにはホルモンが深くかかわっています。

卵胞刺激ホルモンと
黄体ホルモン(プロゲステロン)

それ以外の全てのバランスが大切です。

女性だけでなく、人類の生命活動を
大きく左右するのがホルモンです。

今は便宜上一つずつホルモンの
特徴や働きを紹介していますが、

決してたった一つで
動く物ではありません。

全てのトータルの
ハーモニーの組み合わせで、

全てのバランスを整える事が

美容、健康、長寿を
司る秘訣でもあるのです。

ホルモンとは本当に奥深い世界で、

人類はすべてを解明
しているわけではないのですが、

今後も出来るだけ分かりやすく
説明していきます。

これらホルモンについて
深く理解していきましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。