unnamed

ホルモンバランスの乱れは自然治癒を高める方法で整え対処する


今回のテーマは、

ホルモンバランスの乱れは
自然治癒を高める方法で整え対処する

について紹介します。

科学技術が発達し、
文明が進んだ…と思われる

現代社会に置いても、

太鼓から伝わる叡智、
伝統的な健康ルーティーンを
大切にして欲しいのです。

ホルモンバランスは
自然治癒を高める方法で対処する

というのがこのサイトの
コンセプトです。

これから、ホルモンバランス
の乱れを整え対処し、

健康でパワフルで、
若々しく元気で長生きして、

幸せに生きていくために

最初に知っておかないといけない事は、

ホルモンバランスが崩れる
根本原因とは何かを突きとめ、

出来るだけ、ナチュラルで
自然な方法で対処することです。

必要な原料を与えてあげれば、

体は自然にホルモンの
バランスを取ってくれます。

ホルモンバランスの乱れは、

結局のところ、必要な
ものが不足しているために

「きちんと仕事が出来ないよ~」

と体が発しているサインなのです。

更年期や生理の乱れなどは
乱れを起こしている事を

身体に知らせるサインです。

だからそれを自然な形で
満たしてあげれば良いのです。

ただ、自然なアプローチを取る
というのはかなり大変な事です。

なにせ、私たちは人工的に作られた

化学物質に囲まれて
暮らしているのですから。。。

でも、計算された
食事をしっかりとり、

補助的にビタミンやミネラル
ハーブを賢く摂ることで

自然療法の知恵を生活に
取り入れていく事で、

しっかりホルモンバランスは
整えられます。

スポンサーリンク

加齢とホルモンバランスの関係

ホルモンと言う言葉に
なじみの無い人も多いでしょう。

ホルモンが実際どのようなもので

体の中で実際にどんな働きを
しているかはあまり知られていません。

さらに自然治癒力とホルモンの
関係についてはほとんど
知られていないのです。

「病気の治療でホルモン検査をする」

「更年期の悩みを病院で治療する」

と言う事があっても、

ナチュラルな形でホルモン
バランスの乱れを整える

と言う人は滅多にいないのが現状です。

簡単に言えば、

ホルモンと言うのは体内で分泌する

極微量で私たちの心や体を
コントロールしている物質の事で、

細かいものを数えると
100を超える種類があります。

この種々のホルモンが体内の色々な
臓器から分泌され、

それらが互いに複雑に
影響し合っているのです。

私たちの精神や身体の健康は
ホルモンの絶妙なバランスに
よって保たれている

といっても過言ではありません。

しかし数多くの研究によって

ホルモンは20歳前後をピークに
加齢とともに減っていき

いわゆる老化現象を
引き起こす事が分かっています。

それだけ重要なものですが、

さらに厄介なのは、

私たちが生きている現代社会は

ホルモンの健康にとってとても
厳しい時代と言う事なのです。

確かに老化によって
ホルモンの量は減少していきます。

不老不死が現実的でないように、

身も心も次第に弱まるのは
人間としていた仕方ない事です。

しかし不自然に乱れるのは、

老化以外に要因があります。

現代人とホルモンバランス

例えば不自然にホルモンが
乱れる要素の一つはストレスです。

現代社会は、合理性と
効率性が重視される時代です。

その事で確かに私たちは
快適な生活を手に入れる事が
出来ましたが、

反面で、人との温かい
コミュニケーションが薄まったり、

面倒な人間関係に
惑わされたりもしています。

仕事でもプライベートでも

そうした毎日を送っていると
私たちはどうなってしまうか?…

そうです。

仕事でもプライベートでも
いつもストレスにさらされた
生活になってしまいます。

そしてストレスが生活習慣を
不規則にし、不摂生にさせます。

常にストレスを抱えていると、

夜も昼も、ストレスに対抗する
ホルモンが過剰に分泌される
ようになります。

そしてこれが他のホルモンの
分泌や効果に影響を与える事で、

ホルモン間のバランスが
崩れてしまうのです。

そして自然治癒力も低下し
そのバランスを整えるのが
難しくなります。

加齢による老化現象、
ホルモンバランスの乱れによる、

心と体の不調は

そう言うものだ…と
諦めるしか無いのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

改善する方法はあるのです。

自然治癒力でホルモンバランスを整えよう

その方法こそ、

自然療法による
自然治癒力の知恵です。

私たち現代人は様々な理由から
ホルモンバランスを崩してしまいます。

ホルモンバランスがひどく
崩れてしまっていたり

遺伝的な理由などがあれば、

西洋医学のお医者さんに頼み

どうしても医学的なホルモン補充
というものが必要な場合も
あるかもしれません。

でも、それはまず最初に
考慮すべき事ではありません。

ホルモン補充する時も、

体内で作られるホルモンと
同じもを使うと効果的です。
(なかなか難しい事ですが…)

科学的な対処アプローチは
危険なリスクや弊害が多いです。

私たちは天然のホルモンに
良く似ているけれども、

実は微妙に異なる…
というナンチャッテホルモンを
投与されてしまう可能性があります。

そうすれば、

身体のバランスは徐々に乱れ、

美容、健康、長寿と言う
大切なものが少しずつ
失われていきます。

そして、たとえ
自然なホルモンだとしても、

食事や生活習慣を改善しようとはせず、

ホルモンで、安易に病気を治そう…

などと考えてはいけません。

私たちの体内の本来の力である
自然治癒の力を信じてあげて下さい。

ホルモンバランスの乱れは
自然治癒を高める方法で整え
対処するべきです。

その力を解放するための
様々な方法をこれから紹介します。

いつまでも健康で若々しく
幸せな人生を送る為に、この

ホルモンの謎

について具体的に、分かりやすく
次回から説明していきます。

お互いよろしくお願いします。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。