unnamed

食事の質と栄養、加工食品がホルモンバランス、月経に与える影響


今回のテーマは、

食事の質と栄養、加工食品が
ホルモンバランス、月経に与える影響

について紹介します。

誰しもが

「美しく元気で若々しくありたい」

と願っているでしょう。

そしてその夢を実現する
キーワードは「ホルモン」です。

そしてさらに、

ホルモンバランスを整える上で
最も重要になるのが「食事」です。

毎日の食事のクオリティが
私たちの身体を決定づけます。

食事がホルモンバランスそして
月経に与える影響は計り知れないのですが、

この事を理解している人が少ないです。

日々食べているものが影響して
ホルモンのバランスを崩し、

女性特有の悩みを起こしていることを
理解している人は少なく、

また逆に適切な食事をすることで
ホルモンバランスが整えられ

美しく若さを保つ事ができる
と言う事を理解している人も少ないのです。

これは残念な事です。

栄養、食生活と言うのは

健康体を作る上でも
病弱な身体を作る上でも

非常に大きな影響を持っているのです。

なので、このサイトでは
食事がホルモンバランスに与える
影響について詳しく解説していくつもりです。

まずは大きな意味での
ホルモンバランスや月経と食生活の
深い関わりを理解してください。

スポンサーリンク

ホルモンの健康に関する知識不足

ここ50年程の社会の
変化は著しいものがあります。

技術が進み、快適で安全になりました。

そして情報化が進み
インターネットも発展し、

情報交換が簡単になりました。

一昔前は、女性特有の問題を
女性同士で話し合う事すら
あまりなかったそうです。

しかし現代では、多くの人が、
自分の病歴などを細かく、忌憚なく話し、
そういった本や雑誌もたくさん並んでいます。

スマホやタブレットの発達で
情報交換はさらに活発になりました。

そういう背景から女性達は

ホルモンの健康管理

…に関してなにが自分に出来て
何が自分と合っているのか

そう考えれるようになってきました。

が、自然とホルモンバランスを整える

知識に関しては情報が
圧倒的に少ないと感じます。

古代から伝統的に伝えられた
若さの知恵は無視されています。

多くの人が、医師の情報を鵜呑みにし
西洋医学的な短絡的な問題解決に
目を向けているのではないでしょうか?

食事や栄養、運動法、デトックスなど

自然療法的アプローチを
無視してしまっているような気がします。

技術は向上しても
私たちの身体そのものは太古と
それほど変わっていません。

しかし現代社会では
身体本来の健康を保つための
大切な事を忘れてしまっているような気がします。

食事が月経に与える影響

さらにこうした技術の発達は
食生活を大きく変えました。

もちろん良い面もあります。

今の日本において、

飢餓や渇水、衛生面での
心配ははほとんどなくなりました。

スーパーコンビニが家の近所にあり、
いつでも食べる事ができます。

ただ、

加工食品が当たり前になり、
自然の食べ物を食べる事は
極端に少なくなっています。

栄養不足はなくなりましたが、
不必要な栄養過多は増えました。

こうした食生活の変化に
私たちの身体は本当に
ついていっているのでしょうか?

例えば、

食事が月経に与える
影響は良く知られてます。

飢餓によるものにせよ、
拒食によるものにせよ

栄養が不足すると、初潮が遅れたり
生理が止まる事は良く知られています。

ただ逆に、それに比べると、

現代社会においては、

初潮の時期が徐々に早まってきている
事はあまり知られていません。

20世紀の初めには
14.5歳だったのが、

今では11歳です。

これは食事の質や栄養、
運動などが大きく影響されて
いると考えられています。

さらに、世代が変わるにつれ、
妊娠する回数が減り、生理の回数が増え

これによって女性ホルモンが体に与える
影響も変わってきたのです。

もちろんこれは老化や
アンチエイジングにとっても
関わりのある話です。

加工食品、添加物など現代人の乱れた食生活

食事の質というのが、
ホルモンの健康のカギを握る要素ですが

この50年で我々の
食生活は大きく変わりました。

加工食品やインスタント食に依存する
ようになってしまいました。

こうした食品は、

体内でホルモンの処理に影響を与え、

今までと違う異常な行動を
起こすようになります。

さらにもう一つ、
食生活以外の面でも

私たちが非常に多くの化学物質に
さらされて暮らすようになった
のも大きな要因です。

これら化学物質が、

食べ物、飲み物、薬品類、肥料、防虫剤など

あらゆるものに含まれています。。。

50年前には存在さえしなかった、
何百という化学物質が体内に取り込まれています。

これらがどれだけ体内バランスを
崩していくかもじっくり解説します。

ホルモンバランスにおいて
役に立つ食材、役に立たない食材

…と言うものはありますが、

その前にこうした加工品

科学的な添加物などの
弊害を気にする必要があります。

化学物質がホルモンバランスを乱す

ショッキングな事ですが、

これら化学物質のかなりのものが
ホルモンバランスを変えてしまいます。

月経の仕組みを変えてしまうのです。

最近では、このような
危険性も論じられるように
なってきましたが、

まだまだ常識ではありません。

他にも、避妊や更年期障害の
治療にもホルモン剤が使われる
ようになってきた事も

ホルモンの健康に影響を与えています。

これらの薬、ピルやパッチ剤などは、
副作用は少なく、簡単に安心で治療できる
と宣伝されてきましたが、

大きな間違えだと思います。

今の不都合をごまかして、
麻痺させるだけで、

とりあえず先延ばし…
つけは後で払えば良い。。

こんな考えが恐ろしい
結果を生んでしまうのです。

あなたにはこんな考えを
今日から見直して欲しいのです。

食事と言うのは健康の根幹です。

食事の質と栄養、加工食品が
ホルモンバランス、月経に与える
影響をまずは理解した上で、

しっかり根本からホルモンの
健康を探って行きましょう。

それでは、また次回。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。