unnamed

老化とアンチエイジングとナチュラルなホルモンバランスの関係


今回のテーマは、

老化とアンチエイジングと
ナチュラルなホルモンバランスの関係

について紹介します。

これから

「美しく若返るホルモンバランス」

というテーマで、

ホルモンと人体の神秘的な関係
について深く解説していきます。

アンチエイジングのと
ホルモンバランスには
密接な関係があり、

老化を適切に抑えるためには
適切なホルモンバランスに
整えなければなりません。

しかも「自然にナチュラル」にです。

「若さ」と「ホルモンバランス」には
深い関わりがあるのです。

今回から老化とホルモンバランスの

メカニズムについて
詳しく解説をしていきます。

スポンサーリンク

女性にとって老化とは?

「老化」と言う言葉は嫌なものですが、

私たちは『老化』の前に、

ただ屈して、受け入れて、
耐えるしかないのでしょうか?…

確かに人間は年を取る生き物です、

だからといって年を重ねるごとに
身体の不調を受け入れて、

惨めに過ごさなくては
行けないのでしょうか。

特に女性は、

月経前症候群、不妊、更年期障害
あるいは、子宮筋腫などの
病気にかかるのでは…

とビクビク怯えながら、
生きていくのが宿命なのでしょうか?

もちろんそんなことはありません!

毎月、月経がやってくるたびに、
湯たんぽをおなかに当てたり、、

閉経後にはびっしょりの寝汗をかく

など、色々な症状が女性には出ますが、

母なる自然はわざと私たちの身体を
こんな風に作ったわけではありません。

自然はこうした体調の変化に
私たちがうまく順応できるように
してくれているはずなのです。

もちろん男性も同じです。

最近では男性の更年期障害や
ホルモンの乱れも報告されています。

いつまでも若々しく
仕事をバリバリこなす為にも、

ホルモンとの関係を無視しては行けません。

ホルモンバランスの知恵を持とう

私は、職業柄、たくさんの方に
健康相談を受けるのですが、

いつも驚く事があります。

それは、

ホルモンの問題を解決したい!

と考える人がほとんどいない事。

ホルモンバランスの重要性に気づき、
そのバランスをとるために

適切な行動をとっている人が
極端に少ない事にいつも驚かされます。

それなのに、相談者のほとんどは

月経前症候群や、更年期障害など、
ホルモンのアンバランスに関係する
悩みを打ち明けてきます。

さらに深く聞いてみると、

そういう方のほとんどが、

生理痛、乳房の張り、のぼせやほてり
(ホットフラッシュ)骨粗鬆症
などの症状に対して、

老化が故に起こるものであり、
打つ手なしと思い込んでいるのです。

アンチエイジングは一部の
お金持ちがやるもの…

と思い込んでしまっています。

自然療法のアプローチでホルモンバランスを整える

しかし、これらのホルモンバランスの
乱れからくる症状に

自然療法アプローチというのは
本当に良く効き、重症の場合でも、

根気よく続けることで
劇的に症状が改善する事もあります。

特に大切なのが
ナチュラルアプローチです。

女性のライフサイクルは、

少女期の初潮、月経、妊娠に授乳、
閉経期前、更年期、閉経後と

生殖能力の変化に応じたいくつかの段階
というものがあります。

男性よりやはり女性が顕著に
ホルモンバランスに影響されます。

これらは、すべて、太古の昔の女性も
経験した自然な過程です。

時代は進み、21世紀になり、

こうした自然現象も
医学の対象になる事が増えてきました。

社会の変化、食事の変化、
医学や薬学の進歩、さらに
環境の進歩による悪化

それらの原因で、

ホルモンバランスに乱れが起きる
ようになってしまったのです。

医学の進歩によって
病気の症状は抑えられてものの、

根本のバランスが崩れると言う
ジレンマを抱えるようになったのです。

そして体内レベルで
老化のスピードが上がってしまうのです。

不自然な介入はむしろ
ホルモンの健康を奪うのです。

根本を見つめ直そう

そのせいで、起こる症状に
対して見方も変わってきます。

ホルモンのサイクルの変化は、

女性の一生を
通じて起こるものですが、

現在では、

それを中断させたり、操作ができる
と考えられるようになっています。

更年期障害の場合、医学界では一般的に
ホルモン欠乏症の治療をするんですね。

顕微鏡で観察して、

ホルモンの一つか二つが
欠乏してるんだから、補えば良い!

という考え方です。

女性特有の病気だけでなく、
多くの病気でも

こうした考えで治療は行われます。

どこかが悪ければ、薬を使え、
切り取ってしまえ、他に取り変えろ…

治療と呼ばれる行為をして
病気を無理やりねじ伏せて、

健康を管理しようとするのです。

そのせいで実は、、

様々な症状や病気の発生率が増えて
しまっているのが現状だ

と考えているのですが、

医者ではない私に
無責任なことを言えませんが、

できるだけ自然なアプローチで
アンチエイジングをするのが
ベストだと思います。

むしろ不自然なホルモンの
アプローチは弊害があります。

この事も詳しくこのサイトで
紹介していくつもりです。

老化が進む現代社会

私たちは、原因に目を向けず、

治療する事だけに
追われてしまいがちです。

しかもその治療は功を
奏さない事が多いのです。

現代では、出産年齢にある
女性の5人に4人が
月経前症候群に苦しみ、

10人に一人が子宮内膜症にかかり、

5人に一人が卵巣のう胞を抱えて
いるとも言われています。

恐ろしいのが、こうした病気は以前よりも
確実に若い年齢で発症している事です。

かつての時代に、
子宮筋腫や卵巣のう胞などが
10代の少女に起こる事は稀でした。

しかし現代、総診断される事は稀でなく
不幸にも生涯子供が持てなくなる…

そんな例も少なくはありません。

何かがおかしい…

人間の老化のプロセスに異常が起きている…

そんな時代になっていると思うのですが、

これらの症状の起こる裏側には

ホルモンバランス

という事が考えられます。

そして、これらを解決する鍵それも

ホルモンバランス

にあります。

そんなホルモンバランスについて
これから詳しく、具体的に分かりやすく

私がこれまで蓄えてきた智恵を
すべてシェアしようと考えています。

ナチュラルにアンチエイジングできる
全ての知恵を検討したいと思います。

一緒にこれから学んでいって、
そして生活環境を変えていって

劇的に綺麗で、若々しく、いつまでも健康な
人生を歩んで行きましょう!

お互いよろしくお願いします。

それでは、次回にまたお会いしましょう

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。