美容、ダイエットに効果のある出汁(だし)の健康へのメリット


今回のテーマは、

美容、ダイエットに効果のある
出汁(だし)の健康へのメリット

について紹介します。

伝統的な日本食は健康ダイエットにとって
素晴らしい食文化なのですが、

中でも出汁には注目です。

最近では和食の見直しも進み、
おにぎり専門店も増えているようです。

さらに、2010年には

東京、有楽町に
大手調味料メーカー味の素が
「だしカフェ」なるショップをオープンさせ、

人気を集めているようです。

この「出汁カフェ」では
こんぶ、かつお節、煮干しからとった
味噌汁やお吸い物を作り、

塩おむすびと一緒に
無料で提供しているようです。

ターゲットは
美容、ダイエットに関心のある

出汁の認知度が低い
20~30代前半の女性だそうで、

午前10時から午後3時までは
女性限定の時間帯になっているそうです。

塩むすびの方は数が制限されていますが、
味噌汁やお吸い物は「おかわり自由」
だということです。

この味の素の戦略は

「若い女性の美容、健康のため」

…というよりも、

自社製品をアピールするためでしょうし、

個人的には化学調味料は
健康ダイエットのためには
反対なのですが、

出汁の良さに気づくきっかけとしては
素晴らしい事だと思います。

ぜひ美容、ダイエットに効果のある
出汁(だし)を見直しましょう。

スポンサーリンク

日本の食文化に見る和食と洋食の戦い

関東地方ではまた最近では
出汁を使ううどんの専門店が
増えてきているそうです。

もともと関東では
うどんを食べる事はあまりありません。

「うどん屋にいく」という
言葉は昔はありませんでした。

うどんを食べたい時も
「そば屋に行く」と言っていたのです。

そんな関東圏でも
うどん専門店が増えたのも

うどんのおいしさもさることながら、
出汁の魅力も多いでしょう。

若い女性も良く入っているようです。

以前ある食生活研究家は

「立ち食いそば屋はいずれなくなるだろう。
パスタ、ピザ、ハンバーガーを食べてきた子供たちが
成長し、人口半分を占めていくからだ」

と言っていましたが、

実際には今でも、
どの駅を降りても

相変わらず立ち食いそば屋は
繁盛していると言えるでしょう。

食文化はそこまで極端には
変わらないものです。

立って食べれるから忙しい人に便利

と立ち食いそば屋が
流行っているかもしれませんが

それならば、
ハンバーガーであっても

駅のホームや電車の中でも
立って食べられます。

しかし、駅の構内では
ハンバーガー屋さんよりも。

立ち食いそば屋の方が目立ちます。

これは美容ダイエットに関して言えば、
メリットのある事、

まだまだ日本は安心できる
ポイントと言えるかもしれません。

出汁(だし)の意外な効果とは?

どうしてこの差が生まれるのでしょう?

日本人は出汁の香りを嗅ぐと
ほっと安心するからかもしれません。

なかなか女性は一人で
立ち食いそば屋に入る事は
躊躇するそうですが、

やはりその香りは心地よいでしょう。

こうした香りは心と身体に
良い効果があるのです。

ポテトチップスや清涼飲料水など
しか売っていないようなコンビニでも

おでんを売っているのも、
日本ならではでしょう。

それくらい日本人は
出汁が大好きなのです。

ストレスと言うのは
美容にもダイエットにも大きな
被害をもたらします。

そこで出汁の香りを嗅ぐと
満足感のある食生活ができて
食べ過ぎる事も無くなりますし、

健康に有益な成分もたくさん入っています。

本当にメリットが大きいです。

これはファーストフード
パスタ、ピザなどでは得られない
効果と言えるでしょう。

なぜ日本人は出汁が好きなのか?

人間の「出汁好き」は
でんぷん欲求と同じように本能的なものです。

ちなみに母乳は乳糖が多く
含まれているのですが、

母乳の最大は出汁のうまみ成分と同じ
グルタミン産がものすごく多く含まれています。

私たちは産まれた時から
それを飲んでいるので、

成長して大人になっても
出汁の風味とうまみを求めるのかもしれません。

この感覚は日本人だけでなく、

イタリア、スペイン、ポルトガル
では圧倒的にトマト料理が多いのも、

トマトにグルタミン酸が
多く含まれているからです。

日本で出汁をとるのに使われているのは
昆布、鰹節、煮干しなどが主ですが、

西洋ではそれがトマトと言う事ですね。

昔の人の食生活の知恵は
本当に学ぶ事が多いです。

美容、ダイエットにとっても
それは参考にすべき事でしょう。

天然の出汁がダイエットにベストだが、、

昆布、鰹節、煮干しなど
天然の材料を使えば

美容、ダイエットに効果的なのは
当然の事です。

それらからうまみ成分だけでなく
有益な栄養素が出てくるからです。

特に日本人には最も
メリットがあるでしょう。

だからこそ、満足感を得る
食事が出来て長期的にダイエットに
役立つのです。

ただ、ここで
私自身のエピソードを紹介しますが、

海外にしばらく滞在したとき、

西洋式の食生活
フルコースなどを食べていて、

太ってしまい、脂肪が増えてきて
正直嫌気がさしていました。

そんな折、たまたま見つけた
日本のカップそば、カップうどんを
見つけ思わず買って食べました。

すると涙が出るほど美味しく感じ、

それ以降、胃腸の調子も
なぜか回復し、旅を楽しく続けられました。

あまりにも美味しそうに
食べている私の姿を見た

海外の人は

「それは日本でもよく食べるのか?」

と聞いてきたのですが、

日本ではカップ麺を食べる事はありません。

しかしこの経験から、

化学調味料であっても
だしと言うのはほっとするし、

日本人の心と身体に優しく
しみわたることとしみじみ思いました。

外食におけるそば屋やラーメン屋でも
化学調味料だけでなく、

出汁をしっかりとっているところも
多いでしょう。

そう言うものを食べているほど、
心と身体に良い効果を与え、

美容やダイエットにも役立つのです。

そう言う意味で日本の外食も
賢く選ぶと良いかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。