ダイエット、筋トレは合間の隙間時間に短期集中する方が良い


今回のテーマは、

ダイエット、筋トレは合間の
隙間時間に短期集中する方が良い

について紹介します。

筋トレと言うのと多くの人が
イメージするのが、

重いものを必死に持ち上げて、
息も切れ切れになり、

身体がよじれるようなハードな
トレーニングを毎日1、2時間
しなければ行けない

そう思っている人も大勢いるようですが、

それは勘違いです。

確かに日々積み重ねる継続の習慣
と言うのは大切ですが、

ダイエットのために
きつい運動を毎日する必要はありません。

長い時間する必要もありません。

短期集中してばしっと
終わらせれば良いのです。

その時間は1日5分で構いません。

仕事や勉強の合間に
さくっと済ませれば良いのです。

スポンサーリンク

あまり理想にとらわれすぎないでください

ダイエットでも様々な手法があり、
理想を言えばキリがありません。

完璧を目指すがあまり、
理想的な事ができないと

行動を起こさない人がいますが、

それは非常にもったいない考えです。

現実的にできる範囲で
行動し続ける方が結果は早く出ます。

例えば、一般的にはあまり
知られていないですが、

本来筋トレに限らずあらゆる運動は、

太陽の光を感じる日中の間が、

最適に時間とされています。

午前中、できれば起きて
すぐにやった方が良いのですが、

この時間帯は交感神経が
活発になっている時間帯で、

身体の代謝も活発になっているので、

より運動の効果が得られやすいのです。

だから筋トレで言えば、

朝にやる方がより効率的に筋肉に
刺激を与える事ができます。

ただ、、、

普通の生活をしている
ビジネスパーソンや

朝の支度で忙しい主婦の方が

この時間帯に運動をするのは
難しいでしょう。

だからといって
理想通りになければやらない
と言うのおかしな論理です。

ダイエットも筋トレも隙間時間を活用しよう

アスリートなど身体を鍛える事が
仕事の人であれば

朝からやる方が言いでしょう。

しかし忙しい現代人が
ダイエット、筋トレに励む

そこでお勧めしたいのが
隙間時間の活用です。

テレビを見ている間も、
夕食後でも、
お風呂に入る前でも構いません。

一日の生活の中の
どこか少し空いた時間で

1日5分程度の筋トレをします。

合間の5分で構わないのです。

まずは5分で十分です。

この5分の時間の活用が
あなたのダイエットライフを
サポートしてくれるものなのです。

むしろこの5分と言う時間こそが
短期集中ダイエットの成功の秘訣でもあります。

ハードルをあげすぎる事のデメリット

毎日のスケジュールの中に
1時間の筋トレタイムを設定しても、

継続へのハードルが上がってしまいます。

モチベーションが高い
初期の頃であればなんとか
こなせたとしても、

3日坊主で終わってしまう事は
間違いないのです。

何度も繰り返し述べてきましたが、

ダイエットでもトレーニングでも
何より大切なのは継続です。

ならば、続けられない1時間より、

続ける事ができる5分間の方が、

長い目で見たらよほど効果があるのです。

小さな事の積み重ね
プロセスがダイエット、肉体改造では
重要なのです。

プロセスを大切にすれば
ダイエットでもその他でも

大きな目標を達成できる
大切な考えです。

短期集中のメリット

そして短期間の筋トレの
効果を上げるためにもうひとつ
大切な事があります。

トレーニングをさぼらずに
合間の5分でも良いから続けるのは、

継続と言うメリットだけでなく

短期間でも良いから
中身のある質の高い運動をする事です。

例えばトップアスリートの仕事は
トップレベルのトレーニングをする事が
大きなものですが、

彼らは質の高いトレーニングを

集中して真剣に行うからこそ、
最大限にその効果が発揮されます。

もちろん私たちは
彼らと同じ事はできませんが、

意識次第でそれを取り入れる事は
可能です。

運動と言うのも
意識と行動が合わさったときに
最大の効果を発揮します。

ダラダラと集中を欠いた状態で
トレーニングをしてもたいした意味がありません。

時間や労力の無駄使いです。

だからダラダラと1時間以上やるよりも
5分間と決めてスパッと
集中した方が良いのです。

誰でも5分くらいは集中できます。

この短期集中こそが効果を生むのです。

集中して筋トレに取り組もう

アスリートであれば
5分と言う時間は少ないですが、

私たち一般人が
理想の身体を作るなら、

これくらいの時間で十分に
適切な運動ができます。

短期集中した方がよほど健康的です。

ウォーキングをしたり
ヨガやストレッチをするときも、

同じくダラダラやるよりも
短期集中の方が効果を生みます。

そして筋トレをするときは

一回一回の動作に集中して、
どの筋肉を自分は今使っているのか、

どの筋肉に刺激を与えて
鍛えようとしているのかを

しっかりと意識します。

その意識と効果的な
メニューが合致すれば、

確実に「効いている」と
筋肉に刺激を感じる事ができるのです。

筋トレを同じ時間にやる事のメリット

そしてできる事ならこの5分間を毎日、

もしくは1日おきでも構わないので

同じ時間に設定します。

夜の11時から5分間なら

いつもその時間帯を
筋トレタイムに設定します。

もちろんあまり寝る前に
筋トレをしすぎると睡眠の質が悪くなるので

なるべく早い時間の方が良いのですが、

毎回同じ時間帯に筋トレすると、

そのリズムに合わせて交感神経が
活発になってきます。

こうした自分のリズムを作っていくと

人間本来のリズムから
あなたのリズムに身体が追いついてきます。

その結果、自分が筋トレしている時間帯が

あなたにとっての最適の時間へと
次第に変化してくるでしょう。

まずは隙間時間の
1日5分の時間を確保し

短期集中で筋トレに励み、
ダイエットに成功させましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。