unnamed

ダイエット、ジム通いのモチベーションが続かないのはなぜ?


今回のテーマは、

ダイエット、ジム通いのモチベーション
が続かないのはなぜ?

について紹介します。

恐らくこのサイトを
見てくれている人の中には

かつてジム通いをした事がある人も
いると思います。

「なぜジム通いのモチベーションが続かないか?」

これはトレーニング業界の最大の謎…

といっても過言ではありません。

そして逆に言えば、
この続かないと言う壁さえ乗り越えれば

ダイエットでも、肉体改造でも
達成は可能になると言う事、

ある二つのステップを
ジム通いをする前にやっておけば、

無駄な時間もお金も使う故tなく
理想の体型を手に入れる事ができます。

多くのジムやトレーナーは
運動の方法は教えてくれても、

続けるモチベーションの維持の仕方は
教えてはくれません。

しかし続けなければ成果は
絶対に出ないのです。

ダイエット、肉体改造の成功の
秘訣はこの部分にあります。

心理学の観点から、

このモチベーションについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

ジム通いとモチベーションの関係

ジムに通うと言う行動は、

相当のモチベーション量を必要とします。

お金もかかりますし、
ジムに通う時間も必要です。
人との関わりもありますし、

何しろ、運動をしにいく訳です。

そもそも社会人の大多数は
運動をしていないと言う世の中で、

ジムに入会する…

と言う事実だけで、
かなりのモチベーションの持ち主である事は
証明されていると言えます。

…しかし、

それなのに、ほとんどの人が
続きません。

ビジネスマンの間でも
行動力を付けたいと

「モチベーションセミナー」

というのは大盛況のようですが、

結果を出すには、

ノウハウだけでなく、
それを実行するモチベーションも
必要なのです。

車の両輪のようにこの二つがあって
始めてダイエットも成功ができます。

自分なりのがんばり方を探る2ステップ

なぜジム通いが続かないのか?

それは目標と現状の間にある

「プロセス」作りに問題があるからと言えます。

痩せたい、引き締めたい、健康になりたい

と言うポジティブな決意を
目標に向けた意味のあるアクションへ
移行するために必要なのは、

ずばり2つの思考プロセスが必要です。

ステップ1.

自分自身がどうなりたいのか?

ステップ2.

それをどうやって実現させるのか?

つまり、自分なりの目標、目的作りと
プロセス作りを行う事、

すなわち「自分に合ったがんばり方」
を知ると言う事でもあります。

スタートして決意するモチベーションと、
行動を継続するモチベーションは

似ているようで異なるのです。

一度スタートを決めたならば、
次は続けるモチベーションを工夫する必要があります。

モチベーションを維持させる方法

自分自身を知ると言うステップを
しっかり行い、

「自分に合ったがんばり方」を知っておくと、

ひとつひとつのやるべき事が明確になり、

極自然に最適なルートで
しかも確実にゴールに向かっていく事ができます。

自分が分かれば無駄な努力もなくなりますし、

初心者でも安心して
自分が持っている潜在能力を出し切れます。

もしかしたら自分を知れば
ジムに通う必要はないかもしれません。

家でマイペースでやれる人なら
自宅でトレーニングをすれば良いですし、

誰かと関わらないとやれない人なら
ジムに行き、トレーナーのサポートを
付けたりするのは有効でしょう。

闇雲にジムに行けば良い訳ではありません。

「自分なりのがんばり方」を続ければ、
筋トレやトレーニングをするたびに

効果と成長を実感でき、
モチベーションの維持にもつながります。

だからこそこの自分を知る作業を
最初にしっかりやっておかなければ、

「何から手を付けて良いのか分からない…」

とやる気だけが空回りしてしまいます。

これでせっかくの高いモチベーションがあっても
思うような成果も出ませんし、

努力も続かないのです。

「ジム通い」と言うのは、
実はこの典型的な行動なのです。

入会費、月会費を無駄にするだけで
終わってしまうのです。

これでは自己嫌悪になり
トラウマになりかねません。

「よしやるぞ!」

と勢い込んで入会したは良いが
何をどうすれば理想の体型になれるのか?

そのプロセスが分からないため、
いつまで経っても、

結果と成長実感を手に入れる事ができないのです。

ジム通いも筋トレも三日坊主で終わる理由…

自分の目標と自分なりのやり方

これを知っておかないと、
次第にモチベーションは下降してきて、

最初は1日おきくらいに通っていたのが、

2日おき、3日おき、、

気づいたら1週間もジムに通っていない

と言う自体になってしまいます。

「ハードな筋トレは続かない」

のと同じ理屈です。

高すぎるモチベーションや目標は、
適切なやり方で調整しないと、

逆に作用してしまい、

結局は無駄に終わったり、
害の方が多くなってしまいます。

最初に高い目標を掲げて
「なりたい自分」になる事を望むより、

本当に大切なのは、

今の自分の状態をしっかり把握し
「なれる自分」になる事です。

トレーニングもダイエットも
他人との競争ではないのです。

自分のペースでやるのが大切です。

「あの人は腕立てを100回やっているらしい
じゃあ自分もそれくらいやらなきゃ…」

というのは成功できない考え方です。

「昨日5回できたのだから、
今日は6回を目指そう」

これでいいのです。

そして「なれる自分」のレベルを
少しずつあげていく。

これが最終的には「なりたい自分」
になれる一番正しくて近道のやり方なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。