unnamed

現代人が見直すべき貝原益軒の養生訓、病気と健康、養生の意味


今回のテーマは

現代人が見直すべき貝原益軒の
養生訓、病気と健康、養生の意味

について紹介していきます。

「養生(ようじょう)」
と言う言葉を古くさいと
思う人もいるかもしれません。

あるいは、そんな言葉は
知らないと言う人もいるかもしれません。

確かに、日常会話では
あまり使わない言葉ですが、

漢方医学ではとても
重要な概念である事は
前回紹介しました。

本来養生は「生命を養う」
と言う意味ですが、

辞書には

「生活に留意して
健康の増進を図る事。摂生」

「病気の回復に努める事、保養」

と言う言葉がならんでいます。

毎日の積み重ねを重視する姿勢が
その意味に含まれているのです。

病気が発症してから
切ったり貼ったりをする

現代医学の考えに凝り固まったひとほど、

漢方医学で伝統的に
伝えられてきた養生と言う概念を

今一度見つめ直す
必要があるのではないでしょうか。

貝原益軒の『養生訓』に学ぶ健康

江戸時代の儒者、
貝原益軒が書いた『養生訓』には、

健康とは一朝一夕に
得られるものではなく、

日々の心がけが大切だと
繰り返し出てきます。

300年前の古い書物から
健康や病気に関する知恵を学ぶのは
古くさいと思う人もいるかもしれません。

しかしかなり重要な事が
書かれているのです。

例えば、

「病気にならずに、
長生きしたかったら
養生するのが大切である」

「養生は若い時から
しなければいけない」と説き、

そのために

「何事でも過度を避けて、
わがままな気ままに暮らさない事。
慎む心が大切だ」

と述べています。

今は健康だからといって

つい食べ過ぎたり不摂生
したりしていると、

やがて病気になってしまいます。

病気になってからの治療より、
予防に重きを置くべきだと力説し、

食生活、日常の生活習慣、
住環境、性生活から医者の選び方まで、

具体的な摂生法が書かれています。

病気を治すために性生活の
アドバイスをする医者は今は
いないでしょうが、

やはり関係するのです。

300年ほど昔の本なので、

現代の医学や栄養学の
知識からすると理解しがたい点も
あるけれども、

健康についての考え方は
今でも立派に通用します。

こうした考え方の意味を知るのは
現代人にとっても重要です。

現代人が見直すべき養生

健康を考える時は
20年先、30年先を
視野に入れておく事が大切なのです。

若い事は「今」に注目してしまい

将来の健康など
なかなか頭に浮かびません。

「今を楽しめば良いのだ」

と暴飲暴食を繰り返したり、
無理して仕事や遊びをしたり、

確かに無理が効くのも
若い頃の特徴ですが、

しかし、不摂生を繰り返し

30代、40代と
年を重ねてきても「今」が全てでは、

やがて困るのは自分自身なのです。

現代人の発想では、

どちらかといえば

「今と言う瞬間」「短期的な利益」

にとらわれている面が目立ちます。

故障すれば治せば良い、

部品を交換して悪いところを
修理すれば元通りになる

という

西洋的な要素還元論と
プラグマティズム(実用主義)
がそれを後押しします。

「自分らしくある事が大切で
それを妨げるような抑圧は
あってはならにこと」

と言う考えがまかり通って、

「甘いものを食べても
むくまない薬が欲しい」

と言う要望も出てきます。

こうした人たちの価値観では
「我慢」は「良くない事」

にカテゴライズされているのです。

しかしそれで果たして良いのでしょうか。

病気と健康は予防と自己管理が重要

貝原益軒の養生訓から学ぶ
病気と健康の本質は

健康を他人任せにせず、
自分で管理する

考えてみれば当たり前の事です。

少し運動をすれば解決するとか、

少し食べるのを控えれば
解消する問題であるにも関わらず、

それを怠って
医者や薬に頼るのは

やはりおかしいのではないでしょうか。

漢方医学と言うのも

本質は漢方薬や生薬と言った
薬とは違い、

養生や予防と言った
自己健康管理術なのです。

多くの病気は、健康な時に
予防しておけばリスクを下げられます。

病気になって医者にかかっても
簡単に治る病気ばかりではありません。

早めに、自分で対処できることは
たくさんあるのです。

しかし、、

医療が進歩し高度化した現代、

貝原益軒が呼びかけた
「予防医学の重視」は忘れられ、

健康の維持まで分業化して
医療者に任せられたかのようです。

その結果、

専門知識に偏った医者、
他人任せの患者

と言う図式が出来上がっているのです。

養生の本来の意味を
もう一度思い出さねばならない
のではないでしょうか。

現代人が見直すべき養生訓

特に現代日本人は、
病気と健康について

予防と言う意識が薄れているのではないでしょうか。

その一例が

日本における乳がん検診
(マンモグラフィー)
の受診率の低さです。

先進国の受診率は
アメリカでは7割以上、
ヨーロッパでは8割を超す

のに対して、
日本は25%に満ちません。

マンモグラフィーの予防が
乳がん予防の最善策とは
個人的には思いませんが、

それでも欧米の人たちは
予防意識が高いと言えます。

アメリカの場合、

プライマリケア(初期診療)を
担当する家庭医がいて、

検査時期になると通知を出し、
応じない人には

繰り返し連絡するなどして
予防に力を注ぐ仕組みがあります。

一方で、その種の仕組みが無い日本では、

予防の意識が薄れてしまう
きらいがあります。

となると

「国が責任を持って、
検診を受けさせるようにしろ」

と言う意見も出てくる訳ですが、

医療費は際限なく上がってしまいます。

やはり自分の健康は自分で守る
と言う意識は必要でしょう。

病気と健康について考える場合、

貝原益軒の養生訓は
現代人が見直すべき思想なのです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。