インフルエンザの予防も改善もタミフルより漢方にメリットが


今回のテーマは、

インフルエンザの予防も改善も
タミフルより漢方にメリットが

について紹介します。

毎年のように冬の時期に流行り
困っている人も多いでしょう。

対策として様々な
方法が講じられますが、

インフルエンザの予防も改善も
タミフルより漢方が

個人的にはオススメです。

インフルエンザの急性期に
処方される漢方薬は主に、

葛根湯や、麻黄湯、
麻黄附子細辛湯、大青龍湯

などが用いられます。

こう言ったものは

タミフルなどの抗インフルエンザ薬と
同等に効果がありますが、

何より素晴らしいメリットは
おかしな副作用の心配が無いと言う事、

急性の感染性、インフルエンザなどは
漢方やハーブなどは早く効かない…

と言うイメージを持つ人もいますが、

一日分の服用で
すっかり症状が改善する事も多いです。

スポンサーリンク

熱を上げるのがインフルエンザ対策となる

ちなみにインフルエンザにかかると
高熱が出る事がありますが、

これを一般には解熱剤で
下げてしまおうとします。

しかし熱が出ると言う事は
免疫システムがウィルスを殺しやすい
環境を作るために、

体内の温度を上げるためであり、

そこで無理矢理熱を下げてしまうと
弊害が出てしまうのですが、

漢方薬の役割と言うのは
早い熱産生を促すのです。

ウイルスが熱に弱いと言う性質を利用し、

自己治癒力が最も働きやすいように
サポートする役割があります。

インフルエンザ対処、西洋と東洋の違い

インフルエンザの改善に対する処置も

このように西洋医学と
漢方医学では反対のアプローチですが、

重要なのは、
症状や体質(漢方で言う「証」)や
病気の進行度による使い分けです。

西洋医学の発想なら

インフルエンザ=タミフル

…のように、

漢方薬を処方する際も

「インフルエンザなら麻黄湯」

のように、考えてしまいますが、

実はそうではなく
どんな場合でも麻黄湯を出せば良い
と言う訳ではないのです。

漢方の世界では麻黄湯を
処方する場合は、

ぞくぞくと寒気がして
発熱、節々に痛みがあり、
汗が出ていない時であり、

汗が出ている時には
使わないのが一般的です。

インフルエンザの予防と漢方

さらには、インフルエンザの改善だけでなく
予防に効果のある漢方薬もあります。

インフルエンザワクチンで
予防を使用と言う人も多いですが、

ワクチンの弊害や危険性など

恐ろしいニュースも耳にしますが、

高齢者などリスクが高い人でも、

インフルエンザの流行が予測される時は、

補中益気湯、十全大補湯など
を飲んでおくと副作用の心配など無く
ウィルス予防をする事が出来ます。

これらの漢方薬は

免疫系を調整する物質
「インターフェロン」を作る
準備を整えて、

免疫力を高める効果があります。

通常ならウイルスが侵入して
インターフェロンが作られるまで数日かかり、

その間にウイルスが
増殖してしまうために

症状が悪化するのですが、

漢方を飲んでおく事で
途中まで準備ができるようになり

いち早くウィルスの増殖を抑えられ
インフルエンザの予防になるのです。

タミフルVS漢方薬

漢方薬は生体の持つ防御機能
免疫システムを最大に活用するので

耐性ウイルスを作らない
というのも大きなメリットです。

抗生物質と耐性ウイルスの戦いは
現代医療における大きな問題ですが、

インフルエンザウイルスと言うのは
特に変異が激しく、

新しい抗ウイルス薬を
開発したとしても

ほどなく耐性ウイルスが出現します。

そこでさらに新しい抗インフルエンザ薬を
開発すると言う悪循環、いたちごっこ
のような状況に陥ります。

こうした薬剤は莫大な時間と費用をかけて
開発するのでコストも高く、

結局は負担は私たち市民にのしかかります。

一方で、世界の製薬会社の
右肩上がりの会社の成長は
気になるところですが…

とにかく医療費から見て、

タミフルなど抗インフルエンザ薬は
漢方薬に比べると高価です。

一回の処方辺り日本で最も良く使われる
タミフル、リレンザを例にとると

約3000円(1日2回で5日分)

麻黄湯の標準的な処方であれば
(1日3回を3日分)で約200円です。

極端な話しをすれば、

庭で漢方薬となる生薬を育てれば
ゼロ円で治癒、改善、予防も
可能と言えば可能です。

財政面でメリットがある漢方医学

日本ではインフルエンザの
治療薬として、予防としても

タミフル、リレンザなど
抗インフルエンザ薬を使うのが
常識になっています。

ある興味深い統計があるのですが、

1シーズン当たりのインフルエンザ
患者数と言うのは1100万人くらいですが、

慶応大学の学生たちが
試算したとこと、

このうち約600万人に
抗インフルエンザ薬が使われており

もしその半分の300万人でも
漢方で処置できたならば、

日本全体で90億円の
医薬費を節約できるらしいのです。

医薬費を減らして効果も減る…

というのであれば、
この政策は取れないでしょうが、

医薬費を落として効果も出せるなら、

漢方による治療予防は
こうした医療政策上のメリットも
大きいのです。

特にタミフルは世界市場の
約75%が日本で消費されている
と言うデータもあります。

安易な選択で使われすぎている
という感は否めません。

更なる少子高齢化社会に
入る日本社会にとって、

これは医療費の面だけでなく
耐性ウイルスなどの面からも
望ましい事ではないでしょう。

統合医療とインフルエンザ対策

誤解の無いように言っておきたいのですが、

漢方がタミフルなど抗インフルエンザ薬
に比べて絶対的に優位だとか、

タミフル不要説をここで
紹介しているのではないのです。

タミフルは非常に切れ味が鋭く
即効性もあり、

忙しい現代人にとって
必要とする人が多数いる事も
十分承知しています。

どちらにもメリット、
デメリットがありますが、

ここで言いたいのが、

漢方も活用するほど
予防面からも改善面からも

効率の良いインフルエンザ対策が
立てられるのではないかと言う事です。

漢方薬を賢く利用する事で
もっと効率的なインフルエンザ対策が
出来るはずなのです。

新型インフルエンザのパンデミック
行動計画の作成の際でも、

日本の持つ古代からの知恵を
もっと活用すれば

さらに望ましい統合医療の道も
開かれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。