知りたいセレン(セレニウム)サプリメントの効果効能、副作用

知りたいセレン(セレニウム)サプリメントの効果効能、副作用
今回のテーマは、

知りたい「セレン(セレニウム)」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

主な効能は抗酸化作用で
細胞の酸化を防ぐ事、

ミネラルの一種で、魚介類や
栄養価の高い土壌で育った植物などに
多く含まれます。

土壌に多く含まれる
セレン(セレニウム)は

ほとんどすべての細胞に含まれている
主要な抗酸化物質である

グルタチオンの生成に欠かせません。

グルタチオンは生体内で合成されるアミノ酸で
体内の機能のバランス正常に保つ働きがあります。

中毒やストレスに有効な成分なので
忙しい現代人には必須の成分と言えます。

スポンサーリンク

セレン(セレニウム)の主な効果、効能

<セレンの主な効能>

・体内の高酸化酵素の働きに必要なミネラル
・前立腺がんに対する抑制効果
・抗酸化力のため、癌のリスクを下げる
・生活習慣病の予防効果

セレンは体内に10mgほどしか存在しない
微量ミネラルなのですが、

ビタミンEやCと共に癌を抑制する
作用が注目されています。

必須微量元素のひとつで、
抗酸化作用を持つ酵素の活性に関係するため、

アンチエイジング効果が期待されています。

アメリカ国立がん研究所の
後援で行われた研究によって、

セレンサプリメントが
癌の危険性を激減させるのではないか
と考えられています。

このデータによってチェルノブイリでは、
原発事故の被害を減らすため甲状腺の異常予防
のためにセレンがつかわれ効果を発揮したとされています。

この研究では、

皮膚がんにかかったことのある
1312名に毎日200㎍のセレン
もしくは偽薬を与え、8年観察しました。

この研究の本来の目的はセレンによって
がんの再発を防ぐ事を確認することでした。

しかし当初は皮膚がん予防効果が
見られずに研究者はがっかりしたのですが、

実の所、セレンを摂取していた
グループは偽薬グループに比べ

死亡率が半分以下だったのです。

つまり、セレンはがんを予防すると言うよりも

ひとたび体内にがんが発生した場合
その進行を食い止めることができるのではないか
と考えられています。

また、水俣病の原因物質として有名な
有害金属である水銀の毒性を軽減する効果もあり、
様々な研究がなされています。

セレン(セレニウム)が含まれている食材

セレンは、1817年に発見された元素で、
ギリシア語の月= selene にちなんで名付けられました。

かつては毒性の強い元素として注意されていたのですが、
最近になって人体人にとって必須の微量元素
であることが分かりました。

魚介類やニンニクやタマネギ、
ブロッコリー、小麦ふすま、赤ぶどう

などはセレンを多く含んでいますが、

現代人は食物から
セレンを十分に摂取出来ていません。

それはなぜかと言うと
先ほども言った通り、

土壌中のセレンの割合は
土地ごとに異なるのですが、

その土のクオリティの差がその
土地で収穫される食物に影響を与えます。

残念ながら現代の環境では

セレンを豊富に含む食材でも
現代の栽培法では

せっかくの貴重なミネラルが
破壊してしまったいます。

なので小麦などは生成過程で
大量のセレンが奪われています。

非常にもったいないことです。

従ってセレンを多く含む商品に加え
セレン(セレニウム)サプリメントを取る事は
非常に有益な事です。

セレン(セレニウム)の摂取法と注意点、副作用

平均的な日本人の食生活では
セレンが欠乏する事は少ないです。

魚介類や穀物などさまざまな
食材から摂取しながら、

バランスの取れた食生活をし、

その上でサプリメントも
利用を検討しましょう。

他のサプリメントと併用する場合、

抗酸化作用を高めるために、

ビタミンE、ビタミンC、亜鉛などと合わせて摂取すると、
アンチエイジングを達成しやすい体質に変わるでしょう。

複合的な抗酸化作用のある
栄養ををとる事で、

活性酸素の抑制と分解が同時に行われ、
より高い抗酸化が期待できます。

サプリメントでとる際は、
過剰にならないように注意が必要ですが、

通常の食材に由来する成分であり、
特に問題となる健康被害や副作用の
報告はありません。

過剰摂取すると、
胃腸障害などの症状を引き起こす事もあります。

一部の医薬品との相互作用を
示唆するデータもあるので、

何らかの医薬品と併用する場合、
主治医に相談の上利用してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。