知りたい「サメの肝油」サプリメントの効果、効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「サメの肝油」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

主な効能は肝臓を保護し、
免疫力を高める効果です。

アメリカでは以前
「サメはガンにならない」
という本がベストセラーになりましたが、

今回紹介するのが

そんな深海サメの肝臓に由来する
サメの肝油サプリメントです。

この本では、サメの軟骨が
様々な種類のガンに効果がある
と紹介されていますが、

スクワレンやアルコキシグリセロール
など有効成分を含み、

スカンジナビアでは40年以上に渡り、
皮膚疾患やガンなどに利用されました、

最近では慢性肝炎に効能がある
と言う研究報告もされています。

スポンサーリンク

サメの肝油の主な効果、効能

<サメの肝油の主な効能>

・ガンによる放射能治療に伴う副作用を軽減
・慢性肝炎を改善し肝臓を保護する効果
・免疫力を高める作用

サメというのは
恐ろしい海の生き物と知られていますが、

その有効成分が多いとして
サプリメントなどに重宝されています。

例えばサメの軟骨、

サメの軟骨は
脈管形成を阻害することで
効果を発揮します。

血液が運ばれなければ、
腫瘍は成長することができないので、
がん細胞は広がりません。

そこで、がん細胞の抑制や
ガンによる放射能治療に伴う
副作用を軽減する効能が知られています。

しかし現在、研究者たちは、

サメは軟骨以外の部位、

例えば肝臓の方がガンと闘う
力が強いと主張しており、

サメの肝油サプリメントも
人気が広がっています。

深海サメの肝臓は体重の
25%を占めると言います。

サメの肝油には
ビタミンAやビタミンDの他、

50種以上の脂肪酸が含まれ、

スクワランやアルコキツグリセロール(AKG)
など生物学的活性を持つ化合物が
多く含まれており、

このような化合物についても
現在は研究が進んでいます。

スクワレンは、保湿作用など
皮膚を保護する効能があり、

人の皮膚に浸透する機能が示されています。

スクワレンはサプリメントだけでなく、
化粧品の成分にも用いられます。

また免疫系に働きかけ、
健康を促進する物質も含まれており、

サメの肝油はウィルス感染症や
カンジダ感染症を抑える
マクロファージの生成を助けます。

有効成分であるアルキルグリセロール類は、

血小板活性化因子の産出を促進し、
白血球を活性化させます。

また数々の動物実験で、
科学的に誘発したガンを阻害する
働きも分かっています。

またサメの肝油には
放射線照射による火傷を
防ぐ効果もあり、

ガン患者にとって大変有効なサプリメントです。

通常、放射線を浴びると
免疫機能が低下し、

ガンと闘う白血球やリンパ球が減少します。

しかし動物実験では
サメの肝臓の構成成分である
スクワランを餌に加え、

致死量の放射線を照射した所、
免疫システムは低下せず、

サメの肝油を与えられなかった
場合と比べて長く生存することができたそうです。

サメの肝油の作用や科学的研究

基礎研究ではサメの肝油サプリメントで、

腎臓がん、膀胱がん、などにおける、
血管新生を阻害する事が示されています。

こう言った結果から、
他の治療法と組み合わせたガン治療の
可能性について研究がおこなわれています。

ヨーロッパと日本で
行われた研究結果によると、

放射線治療中および、
治療前後のガン患者に

サメの肝油を与えた所、
免疫機能の低下が少なかったそうです。

デンマークから報告された研究では、

子宮がん患者での
放射線治療による副作用が

アルコキシグリセロールにより
軽減したと言います。

基礎研究では、がん細胞における
血管新生が阻害される事から、

肝油成分の抗がん作用が示唆されます。

しかしがん患者を対象にした臨床試験では、
明らかな有効性は示されませんでした。

また日本からの研究報告では、

B型およびC型慢性肝炎患者に
深海サメ肝油エキスを投与した所、

自覚症状や肝機能指標における
改善効果が示されたと言います。

サメの肝油の摂取法と注意点、副作用

現在、サメの肝油製品が
様々出回っていますが、

含有量をしっかり明記している
製品を選びましょう。

冷たい深海にすむサメほど、
スクワランやAKGをたくさん含んでいます。

またできるだけ未加工に
近いサプリメントを選びましょう。

手を加えれば加えるほど
有効成分が壊れてしまいます。

このサプリメントには
特に決まった摂取量はありませんが、

有効成分の持つ抗酸化作用などによって
生活習慣病の予防や改善を目的とする場合、

短期間では効能の期待が出来ないので、
継続してサプリメントを利用しましょう。

ただサメの肝油をとる際の
注意事項としては、

基本的に安全性の高い成分であり、
問題となる健康被害や副作用は
知られていません。

他のサプリメントや医薬品との
相互作用は報告されておらず、

併用は問題ないと考えられます。

ただし、ガンを始めとする
生活習慣病や肝臓疾患などで
治療中の場合は、

念のため主治医に相談の上
使用するようにしてください。

また因果関係は
明らかにになっていないのですが、

サメの肝油を使用中に
肺炎の一種を生じた症例もあるので、
念のため注意しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。