unnamed

知りたいSAMe(サムイー)サプリメントの効果、効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「SAMe(サムイー)」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

主な効能は抗うつ作用で、パーキンソン病に
伴ううつ病の改善作用が挙げられます。

SAMe(サムイー)と言うのは、
「S−アデノシル−メチオニン」という
アミノ酸の一種であり1952年に発見されました。

1970年代以降、抗うつ作用に関する
臨床試験が行われ、

その間に、関節炎が改善したと言う
被験者が多く報告され、

関節炎に対する効能も検証されました。

最近の研究は、
老化に伴う体の退行性変化に
注目が集まっていますが、

SAMe(Sアデノシルメチオニン)は
その中でも重要な役割を担っています。

SAMe(サムイー)の主な効果、効能

<SAMe(サムイー)の主な効能>

・抗うつ作用
・パーキンソン病の伴う鬱病の改善作用
・関節炎改善作用
・関節リウマチに伴う症状の改善作用
・アルコール及び薬剤性肝障害の改善作用
・線維筋痛症の改善作用

老化とともに体内のホルモン量は減少しますが、

SAMe(サムイー)も生体内に広く分布する成分で、
体内で100以上の生体化学反応に関与していますが、
カレイとともに減少します。

他にも例えば、
エストロゲンやDHEA、テストステロン量の
減少が最近注目されていますが、

フリーラジカルと戦う
抗酸化物質の体内生成量も、
年齢とともに減少します。

減少した分を補い、
ホルモンや抗酸化物質の量を
若いころのレベルに戻すために

多くの人がサプリメントを摂取していますが、

さらに年をとると補充しなければいけない、
と研究者が主張する化合物があり、

それがメチル基です。

メチル基というのは
メチル化を促すのですが、

有害なアミノ酸のホモシステインが
有益な化合物であるメチオニンに
変化するのはメチル化の一例です。

ホモシステインが増加すると、
年齢に関係なく心臓病やがん、
うつ病、関節炎や奇形児出産などの

リスクが高まります。

ビタミンBである、
葉酸、ビタミンB12、トリメチルグリシンなど
メチル化を促進する化合物は
数が限られています。

メチル化によってSAMeが増加します。

(年齢とともに減少するメチオニンの
代謝によってできる物質)

SAMeは眠りと目覚めの
サイクルを司るメラトニンの
合成にも不可欠です。

また癌の原因ともなる
DNAの突然変異を防ぎ、

末梢神経を酸素欠乏による
ダメージから守り、

有害なホモシステインを
非活性化する効果もあります。

また抗うつ作用があることも知られており、

処方薬と同様の効果がある上に、
不快で危険な副作用はありません。

「アメリカ精神医学ジャーナル」誌
に発表された研究では、

一般的なうつ病の患者15名に
SAMeを3週間投与し、

精神鑑定を行った所、
精神状態が50%も改善されました。

SAMe(サムイー)の作用や科学的研究

関節炎や関節リウマチへの効能は、

SAMe(サムイー)による抗炎症作用、
軟骨修復促進作用などが知られています。

肝障害では、メチオニンからSAMeへの
合成機能が低下しており、

そこにSAMeを投与する事での
改善が認められています。

SAMe(サムイー)は軽度から
中程度の鬱病に対して用いられます。

1970年代以降、
数多くの臨床試験によって

SAMeの抗うつ作用が示されてきましたが、

1994年にまとめられたデータによると、
合計1170人を対象にした臨床試験の結果、

医薬品と同等かそれ以上の
効果が認められました。

またパーキンソン病に合併する
鬱病に対しても、

SAMe投与による効果が
臨床試験によって示されています。

関節症、関節炎に関しては、
1979~97年の間、

合計2万2000人以上の
被験者を対象にして行われた

20以上の臨床試験において
SAMeの効能が示されています。

その他、多くの臨床試験によって
アルコール性、或は薬剤性肝障害、

線維筋痛症などの対する
SAMeの効果も報告されています。

SAMe(サムイー)の摂取法と注意点、副作用

うつ病に対してはSAMeサプリメントを
1日あたり400~1600mgが投与されます。

臨床試験では1600mgの投与が多いです。

関節炎、関節リウマチでは
600mgを3回に分けて摂取します。

アルコール性肝障害、肝硬変には
1200~1600mgを摂取します。

線維筋痛症には800mgが利用されます。

SAMeサプリメントを摂取する際の
注意点としては、

基礎研究及び人を対象にした
臨床試験では、

特に問題となる健康被害や副作用は
知られておりません。

2万2000人以上を対象とした
臨床試験では、

数日から2年の間SAMeが投与され、
安全性についての問題は認められませんでした。

ただ、多めの容量を摂取した場合は、

頭痛や消化器症状などが
出る事もあるので注意が必要です。

他のサプリメントや医薬品との
相互作用は報告されていません。

なので併用は問題ないでしょう。

ただ、作用メカニズムの類似した
医薬品やサプリメントの併用は

念のために注意しておく方が良いでしょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。