知りたい赤ワインポリフェノール・サプリメントの効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「赤ワインポリフェノール」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

主な効能は抗酸化作用による
活性酸素の害を防ぐ事です。

お酒は健康に悪いと言う
医学界の主張が主流だった時代に、

心臓病を防ぐと言う効果のため、
赤ワインはブームになった経緯があります。

赤ワインに含まれる抗酸化作用、
ポリフェノールが、

動脈硬化を抑制し、
心臓病を防ぐと言う説です。

赤ワインポリフェノールは
「フレンチパラドックス」と言われますが、

フランス人はチーズやフォアグラ、
クリームソースたっぷりの食事を好み、

気の向くまま高脂肪の料理を食べ
煙草を吸いまくるのですが、

フランスは世界でも最も
心臓病が少ない国の一つなのです。

スポンサーリンク

ある研究者は、
フランス人が健康であるのは
食べ物をグラス1,2杯のワインで
洗い流すからではないかと考えています。

このフレンチパラドックスについては
後ほど解説しますが、

アンチエイジングのために
活性酸素の害を減らす事は重要です。

赤ワインポリフェノールの
効能を見ていきましょう。

赤ワインポリフェノールの主な効果、効能

<赤ワインポリフェノールの主な効能>

・抗酸化作用による活性酸素の害を防ぐ、
・悪玉コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化を予防する
・心臓病(心筋梗塞や狭心症など)の予防

ワイン、特に赤ワインには
ポリフェノールが豊富に含まれています。

ブドウに由来するファイトケミカル、
特にアントシアニン類が豊富で、

カテキンやリスベラトロールなども
含まれています。

ポリフェノールは抗酸化物質で、
悪玉コレステロールであるLDLの
酸化を阻害して心臓病を予防します。

LDLが酸化すると動脈壁の
血小板の生成を促し、

血液と酸素の流れを阻害します。

数々の研究から、
赤ワインポリフェノールが
血栓の生成を遅らせることが分かっており、

血栓が心臓発作や
心臓マヒの主な原因であることを考えると
この事実は重要です。

赤ワインポリフェノールに
関する健康のメリットはまだあり、

最近、カルフォルニア大学デイビス校の
研究者が動物実験で、

赤ワインポリフェノールによって
人間にも発生するガン腫瘍の
形成速度を遅らせることができた

と報告されています。

このように、赤ワインポリフェノールには
素晴らしい薬効がありますが、

ただ、ワインを毎日飲む事には欠点もあります。

第一に、

ワインは太りやすい飲み物です。

約8gのグラス1杯分のワインは100カロリー
毎日ワインを二杯飲むとすると、

一週間で1400カロリーも
余分なカロリーを取る事になり

毎年余分な体重が3kgも増えてしまいます。

第二に、

赤ワインを飲むと頭痛がする人がいて
特に偏頭痛になりやすい人は
頭痛を起こしやすくなります。

第三に、

アルコールを摂りすぎると
肝臓に大きなダメージを与えてしまいます。

よって健康維持のためには
赤ワインは適量に抑え、

ポリフェノールの恩恵を受けたい場合は
適量のサプリメントを摂取するのが良いでしょう。

赤ワインポリフェノールの作用や科学的研究

先ほども紹介したように、

ワインを大量に消費するフランスでは

「フレンチパラドックス」
と言う事実が知られています。

フランス人は、欧米型の食事に加えて
喫煙率も比較的高く、

医学的常識から言えば、
心臓病のリスクは高いはずですが、

実際には、心臓病の死亡率は
欧米の中でフランスは非常に低いです。

こういった矛盾を指した言葉ですが、

ただフレンチパラドックスは
赤ワインの効能だけではなく、

オリーブオイルや野菜の豊富な
地中海式料理にもあると考えられています。

2003年のドイツの研究報告では

フランスの赤ワインが「NO」という
血管を拡張させる分子を、

血管内皮細胞から放出させる事が
示されました。

これも赤ワインが血管を
詰まりにくくするメカニズムのひとつ
と考えられています。

抗酸化作用をもるポリフェノールである
アントシアニン類は、

ブドウの皮や種子に含まれる
青紫色の色素成分なので、

白ワインよりも赤ワインの方が
強い抗酸化力を示し、

動脈硬化を抑制すると言われています。

赤ワインポリフェノールの摂取法と注意点、副作用

赤ワインポリフェノールは
非常に効能のある成分ですが、

世の中にはアルコール中毒症の人も多く、
そういう人がワインを口にするのは厳禁です。

しかし今回紹介したような
問題があるからと言って、

ワインの効果を諦めろとは言えません。

赤ワインに含まれるポリフェールと
同じ物質が現在、

カプセル状のサプリメントとして売られています。

赤ワインエキスにブドウ種子の抽出物を
加えて主成分とする製品や

赤ワイン以外のポリフェノールを
合わせた成分を製品化したものなどがあります。

ワインを飲みたくない人や、
たまにしか飲まない人にとっては

このサプリメントは余分な
カロリーを摂取したり、

二日酔いになることなくポリフェノールが
取れる素晴らしい方法なのです。

赤ポリフェノールサプリメントの
摂取に関する注意点としては

通常の食材に由来する成分なので、
問題となる健康被害や副作用は知られていません。

他のサプリメントや医薬品との
相互作用も報告はないので、

併用も問題ないでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。