知りたいプロバイオティックス・サプリメントの効果効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「プロバイオティックス」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

主な効能は腸内の改善による
全身の免疫状態を高める効果です。

プロバイオティックスは

生きたまま腸に到達し
腸内の環境を改善するなど健康に
有用な機能を発揮する微生物を指します。

ビフィズス菌など腸内の善玉菌を
増やして便通、便性を改善する機能や

腸管免疫細胞に働きかけて
全身の免疫状態を高める一方で

アレルギーを抑制する機能などが
注目されています。

必ずしも生きたまま
腸に届かなくても、

このような微生物はプロバイオティックスと
呼んでいい解釈もあります。

さらに腸だけではなく、

胃や口腔内など他の場所で
健康に寄与する微生物も最近では広く
プロバイオティックスと呼ぶようになってきました。

例えば、胃潰瘍の原因になる
ピロリ菌を抑える乳酸菌や

虫歯や歯周病の原因菌を抑える
乳酸菌なども開発され、
実用化が進んでいます。

スポンサーリンク

プロバイオティックス・サプリメントの主な効果、効能

<プロバイオティックスの主な効能>

・便通、便性の改善
・免疫力の向上
・アレルギーの抑制
・感染症の予防、改善

プロバイオティックス・サプリメントを
用いる自然療法家が増えています。

ペニシリンの発見以来、
抗生物質は病気と闘う
大切な武器となりました。

しかし残念ながら、
抗生物質の多用によって、

抗生物質に耐性を持つ
細菌を生みだし、

致命的な感染症を
誕生させてしまいました。

また抗生物質は、

HIVウィルスや肝炎など
ウィルス性の感染症には
効果がありません。

こうした理由から、

現在、患者のためにプロバイオティックスの
サプリメントを処方することが増えているのです。

プロバイオティック(probiotic)は、

「生命のための」という意味で、
病気への抵抗力を強化する腸内細菌を表し、
善玉菌として知られています。

私たちの体内には100兆もの
腸内細菌が存在しており、

その数は私たちの全細胞数を
上回っています。

腸内細菌は消化を助け、
免疫システムと協力し、
私たちに健康を保ってくれているのです。

腸内細菌の働きの中でも
善玉菌はある種のビタミンBを生成し、

ホルモン量を正常に保ち、
コレステロール値を下げ、

汚染物質から体を保護します。

また免疫機能にも重要な役割を
果たしています。

私たちは年をとると善玉菌が減少して、
病気にかかりやすくなるため、

プロバイオティックス・サプリメントで
善玉菌を若いころのレベルに戻すと
大きな役割がえられるでしょう。

善玉菌のうち、
とりわけ重要なのは
ビフィズス菌、アシドフィルス菌、
乳酸菌などです。

またその働きの中でも
とくに重要なのは、

有害物質や発がん物質を
発生させる真菌類や酵母菌類の
増殖や感染を予防することです。

このような菌類は
そのままにしておくと
血流と共に運ばれ

他の病気を引き起こします。

プロバイオティックス・サプリメントの摂取法と注意点、副作用

善玉菌はどうすれば増えるのでしょうか?

まずは食生活を改善することで、
食物繊維を多く含む食べ物を食べる事、

腸内細菌は繊維を食べて代謝をし、
悪玉菌の成長を抑える
有機酸繊維を作りだします。

生きた菌の入った
発酵食品を食べるのも

善玉菌を豊富に含むため、
免疫力を高めてくれます。

善玉菌を確実に得る一番の方法は、

プロバイオティックス・サプリメントを
毎日取ることです。

健康食品店で売っており、
カプセルや液体、粉末状のものがあります。

このサプリメントは人気が高く、
専用のコーナーを設けている
ショップもあります。

サプリメントの摂取法の注意点としては

赤ちゃんや子供などを含め
一般的に安全ですが、

人によっては、軽い副作用として
腸内ガスなど軽い症状はあるかもしれません。

HIV(エイズウイルス)感染症や
臓器移植などで免疫力が
衰えている場合、

乳酸菌サプリメントによって
乳酸菌が増えすぎて、

別の病気を併発させる事があります。

副作用と呼べるかは
分かりませんが、

安全のため、免疫低下が見られた場合、
乳酸菌サプリメントを避けた方が良いでしょう。

一般に販売されている
サプリメント製品の品質には
ばらつきがあり、

表示通りの菌が含有されていないものや、

病気を発症させるような
最近が混入していた製品もあり、
注意が必要です。

また牛乳由来成分が
含まれている場合があるので、

乳製品にアレルギーのある方は
注意が必要です。

また医薬品の併用として

抗生物質を共に摂取すると
菌の効能が弱まる事が知られています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。