unnamed

知りたいプロアントシアニジン・サプリメントの効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「プロアントシアニジン」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

PCOs(プロアントシアニジン)サプリメントは、

ある種の植物の樹皮や茎、
葉、皮に含まれる抗酸化物質で、

1947年にフランスの科学者である
マスクウェリアー博士が、

ピーナッツの赤色の皮から
分離することに成功しました。

現在では、
ブドウの種子や松の樹皮抽出物からも
プロアントシアニジンを得ることができます。

プロアントシアニジンは、
果物や野菜に含まれる天然物質で、

身体にとても有益ですが、
残念なことに、

食物をごく普通に扱い、
調理するだけで失われてしまいます。

この抗酸化物質は、
血管保護力が高く、

体内の血液循環システムを支えています。

動脈の内壁にコレステロールが
沈着するのを防いで
血液の循環をよくします。

自然療法の進んでいる
フランスでは、

コレステロール値を下げ、
心臓病を予防するのに

プロアントシアニジンが
広く用いられています。

また、神経障害や血栓の
原因となる静脈不全症の
治療にも使われています。

プロアントシアニジンにはまた、

肌と他の組織を結合する、
細胞粘着剤であるコラーゲンを
保護する働きもあります。

結合細胞に含まれる
たんぱく質のコラーゲンは

フリーラジカルの影響を
非常に受けやすいのですが、

プロアントシアニジンは
有毒な酵素の活性を阻害します。

実際に老化によっておこる
様々な体内の変化は、

フリーラジカルによる
原因となっています。

例えば動脈壁に含まれる
コラーゲンがダメージを受けると、

動脈が硬くなって
血小板の生成が進み、

血栓が形成されます。

こうして心臓に血液を運ぶ
動脈内に血栓ができると、
心臓発作を起こしてしまいます。

また、脳に血液を運ぶ
動脈に血栓が生じると

脳卒中を起こします。

このほかにも、コラーゲンは
骨や軟骨、歯茎や目の健康にも
欠かすことができません。

コラーゲンを保護する上で
プロアントシアニジンは不可欠ですが、
美しい肌を保つためにも重要です。

肌のたるみやしわの原因となる
フリーラジカルのダメージから
コラーゲンを保護し、

肌の老化を防いでくれるのです。

プロアントシアニジンは
キレート剤の作用もします。

ちまり、酸化を促す
不安定な鉱物性から体を守り、

フリーラジカルによるダメージを防ぐのです。

プロアントシアニジンサプリメントは
単体のものと、

心臓血管の強化を目的とした
複合サプリメントがあります。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。