知りたいオリーブの葉エキス・サプリメントの効果、効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「オリーブの葉エキス」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

主な効能は抗酸化作用で、
生活習慣病の予防が期待できます。

オリーブとオリーブの葉は、
珍しいものではなく、

何千年も食品として使われてきました。

オリーブはオリーブオイルとして
知られていますが、

オリーブオイルは実から
とられたものです。

一方でサプリメントとして
注目されているのは、

オリーブリーフ(葉)です。

地中海沿岸の諸国で
古代ローマ時代から、

オリーブリーフが動脈硬化や高血圧、
糖尿病などに用いてきたと言います。

古代の自然療法の世界では、
様々な病気の治療に使われてきた
オリーブの葉エキスは、

今また再び注目されているサプリメントです。

スポンサーリンク

オリーブの葉エキスの主な効果、効能

<オリーブの葉エキスの主な効能>

・抗酸化作用による生活習慣病の予防
・高血圧の予防や改善
・糖尿病の予防や改善
・感染症と戦い免疫力を上げる

多くの天然成分と同じく、
オリーブの葉エキスの研究が
ヨーロッパ中心に行われています。

残念ながら、研究結果が
一般に広がるには時間がかかるので、
日本ではあまりなじみがありません。

オリーブの葉は
エレノリック酸(elenoic acid)を含んでいます。

エレノリック酸は
バクテリアやウィルスの成長を抑えると同時に、

感染症と戦う重要な細胞を刺激し、
免疫機能を強化します。

つまり風邪やインフルエンザなど
ウィルスと戦うサプリメントとして

予防面でも治癒面でも
素晴らしい効能があると言う事、

カルフォルニアの医師である
プライヴァテラ博士は著書で、

慢性のウィルス性、バクテリア性感染症患者に
オリーブの葉エキスを用いた事例について記しています。

患者の多くはそれまで
抗生物質治療の効果を
得られていませんでしたが、

オリーブの葉エキスで完治したそうです。

抗生物質による副作用はなく、
腸内細菌を悪化させるリスクも低いとの事、

また、博士の発見によれば、
オリーブの葉エキスは

ヘルペスや膀胱感染症、
菌感染症など、

一般的な薬物治療に
耐性がある感染症に効果があり、

頑固な酵母感染菌である、
カンジダ膣炎には特に効果があったそうです。

またHIV患者に
オリーブの葉エキスを与えた所、

免疫機能が向上し、
病気と闘うT細胞が増加したと言う事です。

そしてオリーブの葉エキスは
心臓に優しいサプリメントです。

動物実験では、
血圧を下げ、悪玉LDLコレステロールの
酸化を防ぐことが分かっています。

抗酸化物質と同様に働きをする事から、
未知の抗酸化物質を含んでいるのではないか
と考える研究者もいます。

オリーブの葉エキスの
感染症患者、特に他の治療法に
耐性を持った感染症の患者にも
おススメのサプリメントです。

オリーブの葉エキスの作用や科学的研究

オリーブの葉には、

テルペン類やフラボノイド類など
抗酸化成分が存在し、

それら栄養素の中でも、
オリーブの葉に特有の成分として

テルペン類のオレユロペンが挙げられます。

こうした効能による
オリーブオイルの糖尿病に関する

科学的研究として知られているのが、

1992年のスペインでの研究で、

糖尿病モデルのラットに
オリーブの葉エキスを投与した所、

血糖値が低下し、糖尿病が改善しました。

そしてこの血糖降下作用は
冬、特に二月に採取したオリーブの
葉に顕著に見られるとの事です。

また1999年トルコで報告された
研究によれば、

糖尿病モデル動物において、
オリーブの葉エキスが、

糖尿病に伴う症状を
改善する事が示唆されています。

また高血圧に対する効能としては
以下の科学的研究が報告されています。

スペインのグラナダ大学による研究で、

オリーブの葉エキスが、
血管内皮細胞を弛緩させる事が示されました。

これは欠陥が弛緩し、
血圧が下がる事を意味するとの事です。

さらに2002年に
エジプトで報告されて科学研究で、

動物を用いた実験によって、
オリーブの葉エキスが高血圧の発生を
抑制したと言います。

オリーブの葉エキスの摂取法と注意点、副作用

オリーブの葉エキスのサプリメントには
決まった摂取量はありません。

有効成分である抗酸化物質の作用は
生活習慣病の予防や改善の目的、
アンチエイジングの実現のためには

短期間の服用では効果が期待できないので、
継続して利用しましょう。

また注意点としては、

オリーブの葉の成分に、
発疹などの皮膚症状や胃腸障害と言った
アレルギー症状が現れる事があります。

こういった症状が見られる場合は
使用を見合わせ、

かかりつけのお医者さんと相談をしてください。

基本的にこのサプリメントは
特に問題となる健康被害や副作用は
報告されていません。

他のサプリメントや医薬品との
相互作用も報告されていないので、

併用などの問題はないでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。