知りたい「ラウリン酸」サプリメントの効果、効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「ラウリン酸」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

母乳で育った子供は、
粉ミルクで育った子供よりも
押し並べて健康で体力があります。

母乳には感染症と戦う働きがあり、

免疫機能を強化する
特別な化合物が含まれているためです。

例えば母乳に含まれる
脂肪酸の一種でラウリン酸には

強力な抗ウイルス効果があります。

モノラウリンサンという名前で、
ラウリン酸・サプリメントが売られています。

スポンサーリンク

ウィルスは抗生物質に耐性があるので
非常に厄介です。

自ら繁殖するバクテリアと異なり、
ウィルスは私たちの体の細胞に取り付き、

細胞機能を破壊してはじめて
繁殖が可能となります。

ウィルスを抑制するには
繁殖を阻止しなければならないのですが、

ウィルス退治のために
健康な細胞まで犠牲にしたくありません。

ラウリン酸は数多くの
試験管テストが行われ、

そのうちいくつかは健康な細胞を
犠牲にすることなく、

ウィルスの繁殖を阻止する事に
成功したそうです。

代替療法の分野では
10年以上前から

慢性疲労症候群やインフルエンザの治療に
ラウリン酸とビタミンCを併用しています。

現在、ラウリン酸は健康食品店や
ネットショップ通販などで入手できます。

毎日摂取するサプリメントではありませんが、

風邪やインフルエンザの症状が
出た場合に備え、

手元に置いておくと良いでしょう。

効果を最大にするには
筋肉やのどの痛み、頭痛、
リンパ腺の腫れなど、

ウィルスによる症状の初期段階に
摂取するのがおススメです。

ラウリン酸は最先端の
抗ウィルスサプリメントですが、

ウィルス性疾患の治療には
以前から脂肪酸が使われています。

乳酸には毒素がなく、アメリカでは
GRAS(食品医薬品局が安全を確認したもの)
の一つに認定されています。

またヘルペスによる感性症には通常
ラウリン酸とリジンを併用します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。