知りたい「メラトニン」サプリメントの効果、効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「メラトニン」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

主な効能は入眠障害や、不眠症の改善など
睡眠と覚醒のリズムを改善します。

メラトニンは天然ホルモンのひとつで、
脳の奥にある豆粒大の松果体で
生成されます。

生成量は、夜、睡眠中に
ピークを迎え、日中は低下します。

メラトニン生成量が
毎日満ち引きすることで

眠りと目覚めのサイクルが
司られているのです。

そのサイクルを改善するために
利用されるサプリメントですが、

アメリカではサプリメントとして
入手できますが、

日本ではまだ認可はされていません。

スポンサーリンク

メラトニンの主な効果、効能

<メラトニンの主な効能>

・入眠、不眠症、時差ぼけの改善
・抗酸化作用、抗がん作用、放射能防御作用
・胃粘膜保護作用、抗ストレス作用
・アルツハイマー型痴呆における
睡眠、覚醒リズムの改善

不眠症の一時的な治療薬として、
また時差ボケの解消薬として

メラトニン・サプリメントがあります。

加齢によってメラトニンの量が
低下することから

メラトニンは老化防止剤として
広まっています。

動物実験で、高齢の動物の飲み水に、
メラトニンを加えた所、

寿命が大幅に伸びたばかりか、

老化を示す、多くの症状が
改善されたのです。

こういった研究を元に、
人間の場合もメラトニン量を
若いころのレベルに戻すことで

老化による心身の衰えを防ぎ、
遅らせることができると考えられています。

体内の針を逆戻りをさせたいと願う

ベビーブーム世代は、
メラトニンを摂取していることがあります。

このホルモンと老化に関係については
いずれ解明されるでしょうが、

メラトニンには素晴らしい働きがあります。

例えば、

抗酸化作用、フリーラジカルの解毒作用があり、
酸化によるダメージから細胞を守ります。

酸化によるダメージは、
アルツハイマーなど、多くの病気の原因となります。

最近「神経科学ジャーナル」誌に
発表された所によると、

試験管テストにおいて、
メラトニンには脳のアミロイド形成の
原因となる酸化ダメージを抑制し、

アルツハイマー病を予防する
働きがあることが分かったそうです。

メラトニンは悪性腫瘍の拡大を
未然に防いでがんと闘う細胞を活性化し、

免疫機能を強化することでも
知られています。

「松果体研究ジャーナル」誌
に発表された興味深い研究によると、

悪性の皮膚がんである
メラノーマ(悪性黒種)により
結節にがんが再発し、

外科的治療を受けている
患者の延命にメラトニンが効果を
示しました。

この研究では30名の患者を2グループに分け、
1グループには毎日20mgのメラトニンを投与し、

もう一方には治療を行いませんでした。

31カ月後、メラトニン摂取グループの
生存率は他グループよりも
遥かに高い結果となったのです。

メラトニンの作用や科学的研究

不眠症に対する効能を検証した
臨床試験が報告されていて、

メラトニンが睡眠の質、睡眠導入、
睡眠時間のいずれも改善する作用を持つ事が
示唆されています。

例えば国立精神、神経センターからの
症例報告では、

睡眠相後退症候群の患者に
メラトニン1mgの投与で改善が示されました。

また、時差ぼけに対する
効能を調べた臨床試験でも、

改善効果が示されています。

さらに2003年に日本医科大学から
報告された研究では、

メラトニン3mgの投与によって
アルツハイマー型痴呆における

睡眠、覚醒リズムの改善が認められました.

抗がん作用に関しては、
転移性がん患者250人を対象に、

化学療法単独と、
メラトニン20mg併用療法とを
比較した臨床試験では、

後者の方が優れた効能を持つ事が
示されています。

その他にも、メラトニンの
抗がん作用を示唆する臨床試験が
複数報告されています。

メラトニンの摂取法と注意点、副作用

メラトニン・サプリメントは、入眠障害や
時差ぼけに対しては、

1回あたり1~3mgを就寝前に
短期的に利用します。

睡眠障害のうち、睡眠相後退症候群では

通常の睡眠時間開始時刻の
数時間前にメラトニンを服用します。

非24時間睡眠覚醒症候群
(24時間より長い周期の睡眠ー覚醒の
リズムを呈する状態)には、

睡眠相が望ましい時刻に来た時期から
入眠前の一定時刻にメラトニンを服用します。

メラトニンサプリメントを服用する際の
注意事項としてあげられているのが、

通常の用量(1~3mg)で用いる限り、
昼間に眠気を生じる事もなく、

特に問題となる健康被害や
副作用は知られていません。

臨床試験では、頻脈、抑うつ傾向、
頭痛などが報告されていますが、

いずれの場合も非常に稀なケースです。

数百mgのメラトニンを投与しても
副作用は認められていないので、

安全性は比較的高いと
考えられているサプリメントです。

ただし個人差はあるので、

機械の操作時や車の運転中などは
服用は酒、

先ず自分にとってどれくらいの
効能が見つめられるかを確認しましょう。

妊娠中の使用について、
安全性は確立されていません。

短期投与例では、
サプリメントとしてのメラトニン服用による
内在性メラトニンに対する

分泌抑制は認められていません。

しかし臨床データが十分ではないので、
長期の連用は避けた方が良いでしょう。

一部に、医薬品との相互作用を示唆する
データもあるので、

医薬品を併用する場合、
主治医に相談の上使用しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。